小説

【2021年最新版】乙川優三郎の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

1996年、『藪燕』で第76回オール讀物新人賞を受賞してデビューした乙川優三郎(おとかわ・ゆうざぶろう)ん。2002年に『生きる』で第127回直木賞を受賞しました。

そんな乙川優三郎さんの新刊情報をまとめました!

それぞれ最新刊から3冊を紹介しています。

※新刊予定については新刊情報が入り次第、「1.」に記載します

それでは、簡単なあらすじを含めてそれぞれ見ていきましょう。

乙川優三郎の単行本新刊情報

1.『あの春がゆき この夏がきて』(2021/10/15発売)

最新刊

徳間書店

<あらすじ>
「死んだ伯父さんが言ってた。汚いものばかり見ていると目も汚れる。そんなときこそ、美しいものを探せって」神木が画家に出会ったときのその言葉が、彼の運命を変えた。

神木は忘れなかった。女性を愛し、芸術を愛しながら、浮浪児の孤独だけは忘れずにいたので、ときおり、自家中毒を起こした。

神木(こうのぎ)は、戦後、浮浪児から、画家だった養父に拾われ、「養子となった。芸大在学中、養父が死去。

全くの一人になった男が辿った道筋とは。出版社の装幀部に勤めていたが、その後、川崎にバーを経営。魅力的な女性と出会い、別れる。名手が書き下ろす一人の男の人生。

「変に優しいのよね。けっこう優しく裏切る」

彼は優しい男のまま別れようとしていた。人の人生までねじ曲げるような乱暴は好まなくなっていた。女は気を失うような刺激に飢えていたのだと思った。今の女には安堵の色が見えていた。

「私が男の人に真実を期待しすぎるのかしら、それとも男の人が私に真実を期待しないのかしら」ニューカレドニア生まれのマリエは神木の経営するバーに咲いた花だったが、とことん男を見る目がなかった。男に裏切られてきた女が見出したのは。

こちらが単行本の最新刊になります。

2.『ナインストーリーズ』(2021/6/23発売)

短編集

文藝春秋

<あらすじ>
満足? 後悔? 愉悦? 絶望?

人生の黄昏を迎えるとき、人は自らの来し方をどう捉えるでしょうか。長く別居して年一回の対面を重ねる夫婦、定年間近の独身男の婚活、還暦過ぎの女友達二人、かつて交際していたアイドル歌手同士の再会……。

乙川さんの新作は、誰の身にも起こり得る人生模様を端正な文章で紡ぎます。

時代小説から現代に小説の舞台を移してからも大佛次郎賞、芸術選奨文部科学大臣賞、島清恋愛文学賞など数々の評価を得ている筆者による9つの物語。

3.『地先』(2019/8/8発売)

短編集

徳間書店

<あらすじ>
心は、色褪せてはいない。人生の後半にさしかかった女と男。

艶めいた思い出と、思いがけない出来事で揺れる。

八篇の物語がかきたてる勇気と感動。

単行本は以上です。続いて文庫の新刊を見ていきましょう!



乙川優三郎の文庫本新刊情報

1.『R.S.ヴィラセニョール』(2019/10/27発売)

文庫最新刊

新潮社

<あらすじ>
房総半島に工房を構える若手女性染色家、レイ・市東・ヴィラセニョール。

父から継いだフィリピンの血と母からの日本。鮮烈な色が評価され始めた矢先、父は病身をおして祖国へ帰ると言いだす。何が彼を駆り立てるのか。

染色の可能性を探求し、型にはまった「日本らしさ」に挑むレイが、苛酷な家族の歴史を知ったとき選択した道とは。

美しく深みのある筆致で女性の闘いを描き出す傑作長編。

2017年の単行本の文庫化作品です。

2.『ロゴスの市』(2018/10/5発売)

徳間書店

<あらすじ>
昭和55年、弘之と悠子は、大学のキャンバスで出会う。

その後、翻訳家と同時通訳として、二人は闘い、愛し合い、そしてすれ違う。数十年の歳月をかけて、切なく通い合う男と女。

運命は苛酷で、哀しくやさしい。異なる言語を翻訳するせめぎ合い、そして、男と女の意表をつく”ある愛のかたち”とは?

2015年の単行本の文庫化作品です。

3.『太陽は気を失う』(2018/9/4発売)

短編集

文藝春秋

<あらすじ>
あの日、私はあと十五分も土手でぼんやりしていたら、津波に吞まれていたかもしれない。奇跡のような十五分に恵まれた自分と、そうでない人とを比べて思う――。

福島県の実家で震災に遭遇した女性の実人生に基づく表題作をはじめ、ままならない人生を直視する市井の人々を描いた大人のための名品14篇。

第66回芸術選奨文部科学大臣賞受賞作

2015年の単行本の文庫化作品です。



まとめ

それぞれおさらいします。

単行本新刊

  1. 『あの春がゆき この夏がきて』(2021/10/15発売)
  2. 『ナインストーリーズ』(2021/6/23発売)
  3. 『地先』(2019/8/8発売)

文庫本新刊

  1. 『R.S.ヴィラセニョール』(2019/10/27発売)
  2. 『ロゴスの市』(2018/10/5発売)
  3. 『太陽は気を失う』(2018/9/4発売)

定期的に作品を発表している乙川優三郎さん。次作が楽しみですね。

それでは、良い読書体験を!

関連リンク

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

「Kindle Unlimited」は、月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ふだんそのくらいの量の本を読んでいる方や、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です