小説

【2021年最新版】姫野カオルコの単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

姫野カオルコの単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

1990年に長編小説『ひと呼んでミツコ』で小説家デビューした姫野カオルコさん。2014年に『昭和の犬』で第150回直木賞を受賞しました。

そんな姫野カオルコさんの単行本と文庫の新刊情報をまとめました!

それぞれ最新刊から3冊を紹介しています。

※新刊予定については新刊情報が入り次第、単行本と文庫の「1.」に記載します

それでは、簡単なあらすじを含めてそれぞれ見ていきましょう。

姫野カオルコの単行本新刊情報

1.『青春とは、』(2020/11/19発売)

最新刊

文藝春秋

<あらすじ>
コロナ禍のさなか、家でひきこもっていた女性が見つけた名簿と一冊の本。地方の高校に通っていた記憶が、映画を見ているかのように浮かびあがる。

『ラブアタック!』、『パンチDEデート』、「クミコ、君をのせるのだから。」、ミッシェル・ポルナレフ、スタイリスティックス、『ミュージック・ライフ』、『FMレコパル』、旺文社のラジオ講座…そして、夜の公衆電話からかけた電話。

「今からすれば」。見る目を広めた彼女の胸に、突如湧き上がる思いとは。

単行本はこちらが最新刊になります。

2.『忍びの滋賀 いつも京都の日陰で』(2019/11/28発売)

エッセイ

小学館

<あらすじ>
実は多くの人が琵琶湖が何県にあるのか知らない、すぐに「千葉」や「佐賀」と間違えられる、比叡山延暦寺は京都にあると思われている、鮒鮨の正しい食し方とは…。

直木賞作家が日本一スルーされる地味な出身県についてユーモラスに語ったエッセイ。

3.『何が「いただく」ぢゃ!』(2019/7/28発売)

エッセイ

プレジデント社

<あらすじ>
「人生の9/10は食べ物のことを考えている」という姫野カオルコが、食のあれこれを斬る!

アジの刺身をもっとおいしく食べる提案から、懐かしのテレビ番組「ロンパールーム」の
牛乳の謎、「いただく」という言葉のおかしな使われ方まで、「そうそう、あるある!」とつい膝を打つ、痛快な食エッセイ。

続いて文庫の新刊を見ていきましょう!



姫野カオルコの文庫本新刊情報

1.『彼女は頭が悪いから』(2021/4/6発売)

文庫最新刊

文藝春秋

<あらすじ>
横浜市青葉区で三人きょうだいの長女として育ち、県立高校を経て中堅の女子大学に入った美咲と、渋谷区広尾の国家公 務員宿舎で育ち東大に入ったつばさ。

偶然に出会って恋に落ちた境遇の違う二人だったが、別の女の子へと気持ち が移ってしまったつばさは、大学の友人らが立ち上げたサークル「星座研究会」(いわゆるヤリサー)の飲み会に美咲を呼ぶ。そして酒を飲ませ、仲間と一緒に辱めるのだ…。

美咲が部屋から逃げ110番通報したことで事件が明るみに出る。 頭脳優秀でプライドが高い彼らにあったのは『東大ではない人間を馬鹿にしたい欲』だけだったのだ。

さらに、事件のニュースを知った人たちが、SNSで美咲を「東大生狙いの勘違い女」扱いするのだ。

読み手の無意識下にあるブランド意識、優越感や劣等感、学歴による序列や格差の実態をあぶり出し、自分は加害者と何が違うのだと問いかけ、気づきを促す社会派小説の傑作!

2018年の単行本の文庫版です。

2.『謎の毒親』(2018/10/27発売)

新潮社

<あらすじ>
命の危険はなかった。けれどいちばん恐ろしい場所は〈我が家〉でした──。

母の一周忌があった週末、光世は数十年ぶりに文容堂書店を訪れた。大学時代に通ったその書店には、当時と同じ店番の男性が。

帰宅後、光世は店にいつも貼られていた「城北新報」宛に手紙を書く。幼い頃から繰り返された、両親の理解不能な罵倒、無視、接触について──。

親という難題を抱える全ての人へ贈る相談小説。

2015年の単行本の文庫版です。

3.『近所の犬』(2017/12/6発売)

幻冬舎

<あらすじ>
カフェのテラス席で見かけるローズイヤーの中型洋犬マッカラン。

人心蕩かす「たらし」のシベリアン・ハスキー、ロボ。

いつもお風呂に入りたてのような匂いがする黒ラブラドール・レトリバーのラニ。

ただ道で会い、ふれるだけ、そのたびにじーんとする。自称「犬が好きだが、犬からは好かれない作家」が描く、犬を巡る滋味あふるる私小説。

2014年の単行本の文庫版です。



まとめ

それぞれおさらいします。

文庫本新刊

  1. 『彼女は頭が悪いから』(2021/4/6発売)
  2. 『謎の毒親』(2018/10/27発売)
  3. 『近所の犬』(2017/12/6発売)

マイペースに作品を発表している姫野カオルコさん。次作が楽しみですね。

それでは、良い読書体験を!

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

「Kindle Unlimited」は、月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ふだんそのくらいの量の本を読んでいる方や、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です