小説

【2022年最新版】内藤了の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

内藤了の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

2014年、「ON(おん)」で第21回日本ホラー小説大賞読者賞を受賞し、同作を改題した『ON 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子』でデビューした内藤了(ないとう・りょう)さん。

そんな内藤了さんの新刊情報をまとめました!

内藤さんは文庫が主戦場なので、文庫作品を最新刊から3冊を紹介しています。

※新刊予定については新刊情報が入り次第、単行本と文庫の「1.」に記載します

内藤了の文庫新刊情報

1.『ハニー・ハンター 憑依作家 雨宮縁』(2022/6/10発売)

最新刊

祥伝社

<あらすじ>
カラオケバーの美人ママが変死体で見つかった。自慢の装飾品を着けた瞼を切り取られていた。

憑依作家・雨宮縁は、これを連続殺人と突き止める。そして、背後で殺人犯を操る存在を嗅ぎ取る。

数々の洗脳実験で殺人犯を世に放った帝王アカデミーの月岡玲奈との関連はあるのか? 縁は自分が囮になり、彼らの正体と狙いを暴こうとするが――

クライム・ミステリーの白眉!

2.『TRACE 東京駅おもてうら交番・堀北恵平』(2022/3/23発売)

KADOKAWA

<あらすじ>
うら交番に行った警察官は1年以内に命を落とす――新人女性警察官・恵平と青年刑事・平野に残された時間はあと2ヶ月。そんな中、柏村が残した昭和時代の爪と毛髪のDNAが未解決の外国人失踪事件関係者のDNAと一致する。

徐々に明らかになり出す、昭和と令和を跨ぐ事件の捜査……そして再び浮かび上がる、死体売買組織「ターンボックス」の影。時代を超えて非道の限りを尽くす組織の正体とは。

大人気警察小説シリーズ、ついにクライマックスへ!

3.『桜底 警視庁異能処理班ミカヅチ』(2022/1/14発売)

講談社

<あらすじ>
警視庁の奥の奥。魔潜むそこに巣食うは、警視庁異能処理班ミカヅチ。

彼らは異能を調査せず、異能を救済せず、ただ処理する。



まとめ

それぞれおさらいします。

精力的に作品を発表している内藤了さん。新作が楽しみですね。

それでは、良い読書体験を!

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

「Kindle Unlimited」は、月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ふだんそのくらいの量の本を読んでいる方や、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です