小説

【2022年最新版】内藤了の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

内藤了の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

2014年、「ON(おん)」で第21回日本ホラー小説大賞読者賞を受賞し、同作を改題した『ON 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子』でデビューした内藤了(ないとう・りょう)さん。

そんな内藤了さんの新刊情報をまとめました!

内藤さんは文庫が主戦場なので、文庫作品を最新刊から3冊を紹介しています。

※新刊予定については新刊情報が入り次第、単行本と文庫の「1.」に記載します

内藤了の文庫新刊情報

1.『桜底 警視庁異能処理班ミカヅチ』(2022/1/14発売)

最新刊

講談社

<あらすじ>
警視庁の奥の奥。魔潜むそこに巣食うは、警視庁異能処理班ミカヅチ。

彼らは異能を調査せず、異能を救済せず、ただ処理する。

2.『夢探偵フロイト ナイトメアの殺人実験』(2022/1/7発売)

小学館

<あらすじ>
やっとのことで就職が内定したあかねだが、ヲタ森からブラック企業の可能性を指摘されて不安になる。元”夢売り”の姫香はすっかりメンバーに馴染み、スポンサー企業の令嬢である翠も加わって、夢科学研究所はかつてなく賑やかだ。

そんな折、介護福祉施設で謎の感染が起き、心臓麻痺で複数人が死亡する事件が発生。悪夢による不眠を訴えていた彼らは、「次はおまえだ――」と呪いの言葉を吐きながら、人に襲いかかっていた。

そして、施設へ調査に赴いたフロイトは、あかねを庇って悪夢に感染する。フロイト自身が被験者となった実験で、脳波から浮かび上がってきたのは、世にもおぞましい”顔”だった。

フロイトは、両親を殺し、祖父が生涯をかけて探し求めていた悪夢の正体を突き止めることができるのか。

夢の中で、かつてないバトルが繰り広げられるシリーズ完結編!!

3.『隠温羅 よろず建物因縁帳』(2021/12/15発売)

講談社

<あらすじ>
大人気ホラーミステリ、完結!

仙龍の命を削る瘴気の鎖は切断できるのか――因縁帳、堂々終幕!



まとめ

それぞれおさらいします。

精力的に作品を発表している内藤了さん。新作が楽しみですね。

それでは、良い読書体験を!

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

「Kindle Unlimited」は、月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ふだんそのくらいの量の本を読んでいる方や、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です