小説

【2021年最新版】周木律の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

周木律の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

2013年、『眼球堂の殺人〜The Book〜』で第47回メフィスト賞を受賞してデビューした周木律さん。

そんな周木律さんの新刊情報をまとめました!

それぞれ最新刊から3冊を紹介しています。

※新刊予定については新刊情報が入り次第、「1.」に記載します

それでは、簡単なあらすじを含めてそれぞれ見ていきましょう。

周木律の単行本新刊情報

1.『楽園のアダム』(2021/9/3発売)

最新刊

講談社

<あらすじ>
大厄災により人類は1%未満まで減少、地球上のほとんどが浮上の土地となってしまった。

生き残った人々は、わずかに残った土地で人工知能カーネにより生活を制御され、平和に暮らしていた。

”殺人”などとは無縁の世界、のはずだったーー。

こちらが単行本の最新刊になります。

2.『あしたの官僚』(2021/3/17発売)

新潮社

<あらすじ>
厚生労働省キャリア技官の松瀬尊、30歳。『官僚たちの夏』に憧れ、念願の官僚となるも、その実態は、深夜残業は当たり前、ブラック企業顔負けの現場だった……。

さらに、「ゆとり世代直撃」なノンキャリの後輩、激烈パワハラ上司、フリーライダー同然の先輩職員の尻拭いに追われ、国会議員からの突き上げ、関係省庁と板挟み。さらには「国民」からの苦情電話に苦悶する日々を送っていた。

そこに突如、新潟県で謎の公害病が発生。孤立無援のまま原因究明に追われる松瀬だが、ある謀略により「忖度官僚」として国民の非難の的となり……。

組織とは、政策とは、そして国家とは。痛快かつ切実な、新たな官僚小説の決定版!

3.『死者の雨: モヘンジョダロの墓標』(2018/9/21発売)

新潮社

<あらすじ>
「死者の丘」と呼ばれるモヘンジョダロを擁する都・パキスタンで人工知能学者のヒュウガ博士が謎の死を遂げる。

調査を進めるうちに、同時期に世界各地で四人の博士の怪死体が発見された事実が判明。ヒュウガ博士の死と不可解な連続死の関係、そして、博士が遺した「アトラスの謎」の真相とは?

京都・シンガポール・イタリア・インドを舞台に、完全記憶を持つ天才数学者、一石豊が人類最大の秘密を暴く!

単行本は以上です。続いて文庫の新刊を見ていきましょう!



周木律の文庫本新刊情報

1.『ネメシス3』(2021/4/15発売)

文庫最新刊

講談社

<あらすじ>
『屍人荘の殺人』の今村昌弘を筆頭に、ミステリ界気鋭の作家たちが脚本協力した本格ミステリドラマシリーズ第三弾!

探偵事務所ネメシスが手がける次なる依頼は、お嬢様女子高で発生した教師の自殺事件。探偵風真は現場に赴き、助手のアンナは女子高生として学園の潜入捜査に挑む。

他殺の疑いは残る中、容疑者はなんと学園152人全員。しかも、誰も犯行を目撃していない衆人環視の密室状態。ネメシスはAI研究者・姫川の力も借り捜査に当たるが。

小説オリジナル「名探偵初めての敗北」も収録!

テレビドラマ「ネメシス」の原作です。

2.『小説 Fukushima 50』(2020/1/23発売)

KADOKAWA

<あらすじ>
あなたは、あの時、どこで、誰を想っていましたか?

2011.3.11 東日本を襲った未曾有の大地震。押し寄せた大津波の影響で、福島第一原子力発電所は、全電源を喪失した。

そんな中、刻一刻と迫る炉心溶融を食い止めるため、死地に残り、命を懸けて原子炉建屋に突入した、名もなき作業員たちがいた。心の中に、大切な誰かを想いながら――。

一方、避難所では、作業員の家族たちが、余震におびえながら、奇跡を信じて待ち続けていた。海外メディアは、福島第一原発に残った人たちを「Fukushima 50(フクシマフィフティ)」と呼び、連日報道した。

フィフティたちの死闘を克明に描くのみならず、彼らを待ち続けた家族・恋人たちの視点も織り交ぜて綴られた、渾身の小説版。

それぞれの「あの日」がここにある。わたしたちは、あの日を、忘れてはならない。

映画「Fukushima50」の小説版です。

3.『土葬症(ザ・グレイブ)』(2019/6/6発売)

実業之日本社

<あらすじ>
大学の探検部の七人は夏合宿を行うために山間のキャンプ場へ。

近くの有名な心霊スポットに向かうが道に迷い、偶然辿り着いた廃病院で肝試しすることに。

中庭に出ると墓のように土が盛られ、その中に立つ卒塔婆には、今は亡き部員の名前と不気味な言葉が書かれていた。

それを見てパニックとなったメンバーに、次々と恐怖が襲いかかる!

描き下ろしホラーミステリー



まとめ

それぞれおさらいします。

単行本新刊

  1. 『楽園のアダム』(2021/9/3発売)
  2. 『あしたの官僚』(2021/3/17発売)
  3. 『死者の雨: モヘンジョダロの墓標』(2018/9/21発売)

文庫本新刊

  1. 『ネメシス3』(2021/4/15発売)
  2. 『小説 Fukushima 50』(2020/1/23発売)
  3. 『土葬症(ザ・グレイブ)』(2019/6/6発売)

文庫を中心にコンスタントに作品を発表している周木律さん。次作が楽しみですね。

それでは、良い読書体験を!

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

「Kindle Unlimited」は、月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ふだんそのくらいの量の本を読んでいる方や、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です