小説

横関大「ルパンの娘シリーズ」の最新刊と読む順番、あらすじまとめ

横関大「ルパンの娘シリーズ」の読む順番、あらすじまとめ

横関大さんの「ルパンの娘シリーズ」は、警察一家の息子と怪盗一家の娘のラブストーリーを軸に展開するミステリー。ドラマ化もされて話題になりました。

そんな横関大さんの「ルパンの娘シリーズ」の読む順番を紹介いたします!

「ルパンの娘シリーズ」読む順番

4作が講談社から刊行。

おすすめの読む順番としても刊行順が一番良いので、順番に紹介していきます。

1.『ルパンの娘』(2015年)

<あらすじ>
三雲華は恋人の桜庭和馬の家に挨拶に行くこととなった。

ついに桜庭家に到着した華は、玄関の家族写真を見て唖然とする。全員が警察の制服らしき服装に身を包み、それぞれ敬礼のポーズをしている。

華が育った三雲家は、代々泥棒を生業としており、一家全員が盗人だ。

その数日後、荒川の河川敷で男の焼死体が見つかり、和馬は現場に急行すると……。

こちらが第一作です。

警察一家の息子×怪盗一家の娘のカップルがどのように歩んでいくのか。そこに殺人事件も絡み……。設定を生かした展開の魅力は、一作目からいかんなく発揮されています。

2.『ルパンの帰還』(2019年)

<あらすじ>
和馬が新人の女性新人刑事の教育係に指名された。

北条美雲、23歳。京都の老舗探偵事務所に生まれ、祖父は「昭和のホームズ」、父は「平成のホームズ」と称された探偵一家のひとり娘である。泥棒一家、警察一家、探偵一家の運命が交差する。

連続ドラマ化で話題沸騰のシリーズ第二弾!

二作目は探偵一家の刑事も加わり、さらに混沌とした関係に。

3.『ホームズの娘』(2019年)

<あらすじ>
運命的な出会いののち、急速に恋心が育つ若き女性刑事・北条美雲。

それは「禁断の恋」だった? 一方で、和馬と華に不気味な挑戦状を贈る、もう一人の「Lの一族」。

三雲家を恨んで敵に回す、その理由とは―連続テレビドラマ化で話題沸騰の「ルパンの娘」シリーズ、超ハイスピードの第3作!

三作目は女性刑事の恋とともに、スピード感のある展開で読ませます。

4.『ルパンの星』(2020/9/15発売)

最新刊

<あらすじ>
深田恭子主演の連続ドラマ「ルパンの娘」、この秋に続編決定で話題沸騰!

愛すべき泥棒たちが帰ってきた。シリーズ累計26万部、待望の新作。

シリーズ最新刊です。



ドラマ版「ルパンの娘」

深田恭子、瀬戸康史主演で、フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されています。

FODで配信しています
※FODは初回2週間無料で視聴できます

まとめ

それではおさらいします。

横関大「ルパンの娘シリーズ」の読む順番は以上のようになります。個性的なキャラクターが躍動する本シリーズ。さらなる続編も期待します。

なお、講談社による「ルパンの娘公式サイト」も公開されています。

それでは、良い読書体験を!

関連記事

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

Kindle Unlimitedは月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

Kindle Unlimitedを見てみる

1~2冊読めば元が取れますので、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを見てみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です