シリーズ作品の読む順番

三浦しをん「まほろ駅前シリーズ」の読む順番、あらすじまとめ

三浦しをん「まほろ駅前シリーズ」の読む順番、あらすじまとめ

『まほろ駅前多田便利軒』で第135回直木賞(2006年)を受賞した三浦しをんさんの「まほろ駅前シリーズ」。

東京の外れにある「まほろ市」を舞台にした物語で、主人公は便利屋を営む多田啓介。そこへ高校の同級生の行天春彦が転がり込んできて、破天荒な生活が始まるという、コミカルな作品です。

そんな三浦しをんさんの「まほろ駅前シリーズ」の読む順番を紹介いたします!

三浦しをん「まほろ駅前シリーズ」読む順番

3作が文藝春秋から刊行されています。

おすすめの読む順番としても刊行順が一番良いので、順番に紹介していきます。

1.『まほろ駅前多田便利軒』(2006年)

短編集

<あらすじ>
まほろ市は東京のはずれに位置する都南西部最大の町。

駅前で便利屋を営む多田啓介のもとに高校時代の同級生・行天春彦が転がり込み、二人は様々な依頼に精を出す。ペット預かりに塾の送迎、納屋の整理……ありふれた依頼のはずが、このコンビにかかると何故かきな臭い状況に。

予言する曽根田のばあちゃん、駅裏で夜の仕事をするルルとハイシー、小学生の由良、バスを監視する岡老人……個性的な依頼人たちが登場し、抱腹絶倒かつ心温まるストーリーを展開。

そんな中、多田と行天の過去が次第に明らかになり、二人の抱えるものと生き方が、読者の心に突き刺さる!

こちらが第一作目です。

収録作は以下。

  • 「〇 曽根田のばあちゃん、予言する」
  • 「一 多田便利軒、繁盛中」
  • 「二 行天には、謎がある」
  • 「三 働く車は、満身創痍」
  • 「四 走れ、便利屋」
  • 「四・五 曽根田のばあちゃん、再び予言する」
  • 「五 事実は、ひとつ」
  • 「六 あのバス停で、また会おう」

コミカルでありながらも人物描写が丁寧で、登場人物の内面の動きや行動に共感できます。短編集として総合的に非常に楽しめる作品です。

2.『まほろ駅前番外地』(2009年)

短編集

<あらすじ>
相変わらず、汚部屋清掃、老人の見舞い、庭掃除に遺品整理、子守も料理も引き受ける多田便利軒。

ルルとハイシー、星良一、岡老人、田村由良ら、お馴染みの愉快な奴らも健在。

多田・行天の物語とともに、曾根田のばあちゃんの若き日のロマンス「思い出の銀幕」や岡老人の細君の視点で描く「岡夫人は観察する」など、脇役たちが主人公となるスピンアウトストーリーを収録。

こちらが2作目。

収録作は以下。

  • 「光る石」
  • 「星良一の優雅な日常」
  • 「思い出の銀幕」
  • 「岡夫人は観察する」
  • 「由良公は運が悪い」
  • 「逃げる男」
  • 「なごりの月」

番外編的な作品集。主人公は脇役たちで、彼らのエピソードがぐっと心に沁みてきます。

3.『まほろ駅前狂騒曲』(2013年)

<あらすじ>
まほろシリーズ 大騒ぎの大・団・円!

なんと! 多田と行天が、四歳の女の子を預かることに!?

まほろ市は東京都南西部最大の町。駅前で便利屋「多田便利軒」を営む多田啓介と、
居候になって丸二年がたつ行天春彦。

二人のもとに、かつてない依頼が……それは、夏の間、四歳の女の子「はる」を預かること。慣れないことに悪戦苦闘する二人に、忍び寄る「魔の手」!

まほろ市内で無農薬野菜を生産販売する「家庭と健康食品協会」の幹部・沢村。まほろの裏社会を仕切る、若きボス・星。地元のバス会社・横浜中央交通(横中)に目を光らす岡老人。

彼らのおかげで、二人は前代未聞の大騒動に巻き込まれる!

3作目で、現在こちらが最終巻ということになっています。

シリーズ初の長編ですが、主人公コンビらキャラクターたちが躍動します。

文庫版には短篇「サンタとトナカイはいい相棒」も収録されています。



「まほろ駅前シリーズ」映像化情報

映画版:「まほろ駅前多田便利軒」(2011年)

瑛太、松田龍平主演の映画化作品。

Amazon prime videoでレンタル配信されています

テレビドラマ版:「まほろ駅前番外地」(2013年)

テレビ東京系「ドラマ24」にて放送されました。

主演は引き続き瑛太、松田龍平のコンビ。

Amazon prime videoでレンタル配信されています

オフィシャルガイドブックもあります。

映画版:「まほろ駅前狂騒曲」(2014年)

主演は同じく瑛太、松田龍平。その他メインキャストも映画1作目、連続ドラマから変わっていません。

Amazon prime videoでレンタル配信されています

刊行順に観るとしたら、映画1作目→連続ドラマ→映画2作目の順になります。

漫画版「まほろ駅前シリーズ」

漫画版は山田ユギさんの絵で「まほろ駅前多田便利軒」のタイトルで、全4巻が刊行されています。

まとめ

それではおさらいします。

三浦しをん「まほろ駅前シリーズ」の読む順番は以上のようになります。

3作目で本当に終了となるのでしょうか。できれば続編を発表してもらい、またあの二人に会いたいものです。

それでは、良い読書体験を!

関連記事

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

Kindle Unlimitedは月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

Kindle Unlimitedを見てみる

1~2冊読めば元が取れますので、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です