シリーズ作品の読む順番

米澤穂信「図書委員」シリーズの最新刊と読む順番、あらすじまとめ

米澤穂信さんの「図書委員」シリーズは、図書委員の男子高校生・堀川と松倉のもとに持ち込まれる謎を彼らが解いていく人気シリーズ。

そんな米澤穂信さんの「図書委員」シリーズの読む順番を紹介いたします!

米澤穂信「図書委員」シリーズの読む順番

現在2作が集英社から刊行されています。

おすすめの読む順番としても刊行順が一番良いので、順番に紹介していきます。

一覧は以下になります。

それでは、あらすじも含めて順番に見ていきましょう。

1.『本と鍵の季節』(2018年)

<あらすじ>
堀川次郎は高校二年の図書委員。利用者のほとんどいない放課後の図書室で、同じく図書委員の松倉詩門(しもん)と当番を務めている。

背が高く顔もいい松倉は目立つ存在で、快活でよく笑う一方、ほどよく皮肉屋ないいやつだ。そんなある日、図書委員を引退した先輩女子が訪ねてきた。亡くなった祖父が遺した開かずの金庫、その鍵の番号を探り当ててほしいというのだが……。

放課後の図書室に持ち込まれる謎に、男子高校生ふたりが挑む全六編。爽やかでほんのりビターな米澤穂信の図書室ミステリ、開幕!

米澤穂信さんの真骨頂とも言える設定のもと、爽やかかつほろ苦いストーリーが展開されていきます。

2.『栞と噓の季節』(2022年)

<あらすじ>
猛毒の栞をめぐる、幾重もの噓。

高校で図書委員を務める堀川次郎と松倉詩門。ある放課後、図書室の返却本の中に押し花の栞が挟まっているのに気づく。

小さくかわいらしいその花は――猛毒のトリカブトだった。持ち主を捜す中で、ふたりは校舎裏でトリカブトが栽培されているのを発見する。そして、ついに男性教師が中毒で救急搬送されてしまった。

誰が教師を殺そうとしたのか。次は誰が狙われるのか……。「その栞は自分のものだ」と噓をついて近づいてきた同学年の女子・瀬野とともに、ふたりは真相を追う。

直木賞受賞第一作は、著者の原点とも言える青春ミステリ長編!

こちらが最新作になります。

全作の短編から打って変わって長編に。その面白さは変わりません。

 



まとめ

それではおさらいします。

米澤穂信「図書委員」シリーズの読む順番は以上のようになります。

現在2作ですのでぜひ読んでみてくださいね。

それでは、良い読書体験を!

関連記事

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

Kindle Unlimitedは月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。