小説

【2021年最新版】長浦京の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

2021年、『アンダードッグス』が第164回直木三十五賞候補になった長浦京(ながうら・きょう)さん。

そんな長浦京さんの新刊情報をまとめました!

それぞれ最新刊から3冊を紹介しています。

※新刊予定については新刊情報が入り次第、「1.」に記載します

それでは、簡単なあらすじを含めてそれぞれ見ていきましょう。

長浦京の単行本新刊情報

1.『アンダードッグス』(2020/8/19発売)

最新刊

KADOKAWA

<あらすじ>
裏金作りに巻き込まれ全てを失った元官僚の古葉慶太は、イタリア人大富豪に世界を揺るがす計画を託される。

それは、国籍もバラバラな“負け犬”仲間たちとチームを組み、香港の銀行地下に隠された国家機密を奪取するというものだった―。

敵は大国、狙うは国家機密! 1997年、返還前夜の香港で、負け犬たちの逆襲が始まる。超弩級ミステリー巨編!

こちらが単行本の最新刊になります。

第164回直木三十五賞候補作です。

2.『マーダーズ』(2019/1/24発売)

講談社

<あらすじ>
この街には複数の殺人者がいる。

彼らが出会うとき、法では裁き得ない者たちへの断罪が始まる―

現代社会の「裏」を見抜く圧倒的犯罪小説!

3.『リボルバー・リリー』(2016/4/20発売)

講談社

<あらすじ>
VS帝国陸軍1000人――たった二人の六日間戦争。

硝煙をまとい、絶望と踊る女――小曽根百合。かつて「最も排除すべき日本人」と呼ばれた美しき諜報員。

消えた陸軍資金の鍵を握る少年・細見慎太との出会いが、彼女を再び戦場へと還らせる。二人を追うのは帝国陸軍の精鋭たち。

関東大震災後の東京を生き抜く先に、終息の地はあるのか!?ノンストップ・アクション巨編!

すでに文庫版が発売されています(下記参照)。

単行本は以上です。続いて文庫の新刊を見ていきましょう!



長浦京の文庫本新刊情報

1.『リボルバー・リリー』(2019/3/15発売)

文庫最新刊

講談社

<あらすじ>
小曾根百合―幣原機関で訓練を受け、東アジアなどで三年間に五十人超の殺害に関与した冷徹非情な美しき謀報員。

「リボルバー・リリー」と呼ばれた彼女は、消えた陸軍資金の鍵を握る少年・細見慎太と出会い、陸軍の精鋭から追われる。

大震災後の東京を生き抜く逃避行の行方は? 息をもつかせぬ大藪春彦賞受賞作。

2016年の単行本の文庫版です。

2.『赤刃』(2015/11/13発売)

講談社

<あらすじ>
江戸初期、徳川家光の治世。百を超える<辻斬り>の災禍に、江戸の町は震撼していた。

殺戮集団の主犯は、戦国の英雄、元津藩士の赤迫雅峰とその一党。幕府が送る刺客は次々と返り討ちにあい、老中・松平伊豆守は切り札となる<掃討使>に旗本・小留間逸次郎を任命する。

赤迫対逸次郎、血塗られた闘いは連鎖し、やがて市中は戦場と化す–。

無惨にして無常。これぞ、新時代の剣戟活劇!

2012年の単行本の文庫版です。

現在文庫は2作ですので、今後追加していきます。



まとめ

それぞれおさらいします。

単行本新刊

  1. 『アンダードッグス』(2020/8/19発売)
  2. 『マーダーズ』(2019/1/24発売)
  3. 『リボルバー・リリー』(2016/4/20発売)

文庫本新刊

  1. 『リボルバー・リリー』(2019/3/15発売)
  2. 『赤刃』(2015/11/13発売)

スローペースですが一作あたりの密度が濃い長浦京さん。次作が楽しみですね。

それでは、良い読書体験を!

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

「Kindle Unlimited」は、月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ふだんそのくらいの量の本を読んでいる方や、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です