小説

【2022年最新版】須賀しのぶの単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

須賀しのぶの単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

2016年、『革命前夜』で第18回大藪春彦賞を受賞した須賀しのぶさん。

そんな須賀しのぶさんの新刊情報をまとめました!

それぞれ最新刊から3冊を紹介しています。

※新刊予定については新刊情報が入り次第、「1.」に記載します

それでは、簡単なあらすじを含めてそれぞれ見ていきましょう。

須賀しのぶの単行本新刊情報

1.『荒城に白百合ありて』(2019/11/21発売)

最新刊

KADOKAWA

<あらすじ>
薩摩藩士の岡元伊織は昌平坂学問所で学ぶ俊才であったが、攘夷に沸く学友のように新たな世への期待を抱ききれずにいた。

そんな中、伊織は安政の大地震の際に、燃え盛る江戸の町をひとりさまよい歩く、美しい少女を見つけた。あやかしのような彼女は訊いた。「このくには、終わるの?」と。伊織は悟った。「彼女は自分と同じこの世に馴染めぬいきものである」と。

それが、伊織の運命を揺るがす青垣鏡子という女との出会いであった。魂から惹かれあう二人だが、幕末という「世界の終わり」は着実に近づいていて―。

激動の時代に出会いし二人の、悲劇の幕が、いま開く。

こちらが単行本の最新刊になります。

文庫版が発売です(下記参照)。

2.『夏空白花』(2018/7/25発売)

ポプラ社

<あらすじ>
1945年夏、敗戦翌日。誰もが呆然とする中、朝日新聞社に乗り込んできた男がいた。

全てが無くなった今こそ、未来を担う若者の心のために、戦争で失われていた「高校野球大会」を復活させなければいけない、と言う。ボールもない、球場もない。

それでも、もう一度甲子園で野球がしたい。己のために、戦争で亡くなった仲間のために、これからの日本に希望を見せるために。

「会社と自分の生き残りのため」という不純な動機で動いていた記者の神住は、人々の想いと祈りに触れ、全国を奔走するが、そこに立ちふさがったのは、「高校野球」に理解を示さぬGHQの強固な拒絶だった…。

すでに文庫版が発売されています(下記参照)。

3.『また、桜の国で』(2016/10/12発売)

祥伝社

<あらすじ>
ショパンの名曲『革命のエチュード』が、日本とポーランドを繋ぐ!

それは、遠き国の友との約束。第二次世界大戦勃発。

ナチス・ドイツに蹂躙される欧州で、“真実”を見た日本人外務書記生はいかなる“道”を選ぶのか?

すでに文庫版が発売されています(下記参照)。


単行本は以上です。続いて文庫の新刊を見ていきましょう!



須賀しのぶの文庫本新刊情報

1.『荒城に白百合ありて』(2022/11/22発売)

文庫最新刊

KADOKAWA

<あらすじ>
この世界で、ともに生きられない。だから、あなたとここで死にたい。

森名幸子から見て、母の鏡子は完璧な会津婦人だった。江戸で生まれ育った母は教養高く、武芸にも秀でており、幸子の誇りで憧れだった。薩長軍が城下に迫り、白装束を差し出して幸子に自害を迫った時も、母の仮面が崩れる事はなかった。

しかし、自害の直前に老僕が差し出した一通の手紙が、母の、そして幸子の運命を大きく変えた。手紙から視線を外し、再び幸子を見た母は、いつもの母とは違うものに変わってしまっていた。その視線を見て、幸子は悟った。

――母は、この美しい人は、いまこの瞬間、はじめて私を「見た」のだ、と。

薩摩藩士の青年・岡元伊織は昌平坂学問所で学ぶ俊才であったが、攘夷に沸く学友のように新たな世への期待を抱ききれずにいた。

そんな中、伊織は安政の大地震の際に燃え盛る江戸の町でひとりさ迷い歩く、美しい少女と出会う。あやかしのような彼女は聞いた。

「このくには、終わるの?」と。伊織は悟った。「彼女は自分と同じこの世に馴染めぬいきものである」と。

それが、伊織の運命を揺るがす青垣鏡子という女との出会いであった。魂から惹かれあう二人だが、幕末という「世界の終わり」は着実に近づいていて――。

この世界で、ともに生きられない。だから、あなたとここで死にたい。稀代のストーリーテラーが放つ、幕末悲劇、いま開幕。

2019年の単行本の文庫版です。

2.『夏空白花』(2020/7/7発売)

ポプラ社

<あらすじ>
1945年夏、敗戦翌日。

昨日までの正義が否定され、誰もが呆然とする中、朝日新聞社に乗り込んできた男がいた。全てを失った今だからこそ、未来を担う若者の心のために、戦争で失われていた「高校野球大会」を復活させなければいけない、と言う。

ボールもない、球場もない、指導者もいない。それでも、もう一度甲子園で野球がしたい。己のために、戦争で亡くなった仲間のために、これからの日本に希望を見せるために。

「会社と自分の生き残り」という不純な動機で動いていた記者の神住は、人々の熱い想いと祈りに触れ、全国を奔走するが、そこに立ちふさがったのは、思惑を抱えた文部省の横やり、そして高校野球に理解を示さぬGHQの強固な拒絶だった……。

2018年の単行本の文庫版です。

3.『また、桜の国で』(2019/12/12発売)

祥伝社

<あらすじ>
一九三八年十月―。外務書記生・棚倉慎はポーランドの日本大使館に着任。

ナチス・ドイツが周辺国へ侵攻の姿勢を見せ、緊張が高まる中、慎はかつて日本を経由し祖国へ帰ったポーランド孤児たちが作った極東青年会と協力、戦争回避に向け奔走する。

だが、戦争は勃発、幼き日のポーランド人との思い出を胸に抱く慎は、とある決意を固め…。著者渾身の大作、待望の文庫化!

2016年の単行本の文庫版です。



まとめ

それぞれおさらいします。

単行本新刊

  1. 『荒城に白百合ありて』(2019/11/21発売)
  2. 『夏空白花』(2018/7/25発売)
  3. 『また、桜の国で』(2016/10/12発売)

文庫本新刊

  1. 『荒城に白百合ありて』(2022/11/22発売)
  2. 『夏空白花』(2020/7/7発売)
  3. 『また、桜の国で』(2019/12/12発売)

ややマイペースに作品を発表している須賀しのぶさん。次作が楽しみですね。

それでは、良い読書体験を!

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

「Kindle Unlimited」は、月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ふだんそのくらいの量の本を読んでいる方や、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。