小説

【2021年最新版】宇佐見りんの単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

宇佐見りんの単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

2021年「推し、燃ゆ」で第164回芥川龍之介賞を受賞した宇佐見りんさん。

そんな宇佐見りんさんの新刊情報をまとめました!

基本的に最新刊から3冊を紹介していますが、まだデビューして間もないため、新刊情報をキャッチし次第、追加していきます。

※新刊予定については新刊情報が入り次第、「1.」に記載します

それでは、簡単なあらすじを含めてそれぞれ見ていきましょう。

宇佐見りんの単行本新刊情報

1.『推し、燃ゆ』(2020/9/10発売)

最新刊

河出書房新社

<あらすじ>
推しが炎上した。

ままならない人生を引きずり、祈るように推しを推す。

そんなある日、推しがファンを殴った。

こちらが単行本の最新刊になります。第164回芥川賞受賞作です。

2.『かか』(2019/11/14発売)

河出書房新社

<あらすじ>
うーちゃん、19歳。母(かか)も自分も、もう抱えきれん。

痛みと切なさを描く20歳の才器、第56回文藝賞受賞のデビュー作。

19歳の浪人生うーちゃんは、大好きな母親=かかのことで切実に悩んでいる。かかは離婚を機に徐々に心を病み、酒を飲んでは暴れることを繰り返すようになった。鍵をかけたちいさなSNSの空間だけが、うーちゃんの心をなぐさめる。

脆い母、身勝手な父、女性に生まれたこと、血縁で繋がる家族という単位……自分を縛るすべてが恨めしく、縛られる自分が何より歯がゆいうーちゃん。彼女はある無謀な祈りを抱え、熊野へと旅立つ――。

未開の感性が生み出す、勢いと魅力溢れる語り。痛切な愛と自立を描き切った、20歳のデビュー小説。

単行本は以上です。続いて文庫の新刊を見ていきましょう!



宇佐見りんの文庫本新刊情報

文庫はまだ刊行されていませんので、予定が入り次第記載していきます。

 



まとめ

それぞれおさらいします。

単行本新刊

  1. 『推し、燃ゆ』(2020/9/10発売)
  2. 『かか』(2019/11/14発売)

文庫本新刊

  1. 未刊行

まだまだデビュー間もない宇佐見りんさん。次作が楽しみですね。

それでは、良い読書体験を!

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

「Kindle Unlimited」は、月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ふだんそのくらいの量の本を読んでいる方や、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です