小説

【2022年最新版】佐藤賢一の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

佐藤賢一の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

1999年、『王妃の離婚』で第121回直木賞を受賞した佐藤賢一さん。ヨーロッパを舞台にした歴史小説を中心に発表しています。

そんな佐藤賢一さんの新刊情報をまとめました!

それぞれ最新刊から3冊を紹介しています。

※新刊予定については新刊情報が入り次第、「1.」に記載します

それでは、簡単なあらすじを含めてそれぞれ見ていきましょう。

佐藤賢一の単行本新刊情報

1.『よくわかる一神教 ユダヤ教、キリスト教、イスラム教から世界』(2021/6/25発売)

最新刊

集英社

<あらすじ>
イスラエルとパレスチナの衝突。世界各地で勃発するテロ。その背景の根深い宗教問題――。

同じエルサレムを聖地とするユダヤ教、キリスト教、イスラム教をめぐる約三千年を追いながら、日本人がわかりにくいと思われるポイントを整理し質問形式で世界史を読み解く。

直木賞、毎日出版文化賞、司馬遼太郎賞受賞の西洋歴史小説第一人者による世界史講義。

こちらが単行本の最新刊になります。

2.『最終飛行』(2021/5/27発売)

文藝春秋

<あらすじ>
純粋で、かつ行動的なサン=テグジュペリは、ナチスドイツ占領下でドゥ・ゴール派とヴィシー派の政治抗争に巻き込まれる。苦渋の選択の末に渡ったアメリカで書き上げたのが、自身唯一の子ども向け作品『星の王子さま』だった。

そして、念願の戦線復帰が叶い、ナチスドイツとの戦闘に復帰。危険な偵察飛行を繰り返し――。

破天荒な愛に、かけがいのない友情。困難な時代に理想を求めて葛藤する姿。第二次世界大戦期を通して、サン=テグジュペリを精彩豊かに描く長編小説。

 

3.『日蓮』(2021/2/16発売)

新潮社

<あらすじ>
【日蓮生誕800年】天変地異、疫病の流行……災難が続くいま、救いの道を示せるのはこの男しかいない。

鎌倉中期。人々は天変地異や疫病、飢饉に苦しめられていた。僧侶・日蓮は、為政者が悪法に染まり、仏たちがこの国を去ったが故に災難が続くと結論づける。

鋭い舌鋒で他宗に法論を挑むが、それは浄土宗や禅宗を重用する幕府の執権・北条氏を敵に回すことでもあった―。

苦しむ民を救うため、権力者たちと戦い続けた半生を描く感動作。

 


単行本は以上です。続いて文庫の新刊を見ていきましょう!



佐藤賢一の文庫本新刊情報

1.『ナポレオン 3 転落篇』(2022/8/19発売)

文庫最新刊

集英社

<あらすじ>
諸国との戦争に破竹の勢いで勝利し続け、ヨーロッパをほぼ手中に収めたナポレオン。オーストリア皇女と再婚して跡継ぎにも恵まれ、絶頂期を迎えるが、酷寒の地・ロシアへの遠征に失敗し、対フランス同盟軍に追い詰められてゆく。

1814年、ついに退位を余儀なくされ、地中海に浮かぶエルバ島への追放が決まるが――。

「まだ私は終わりではない」。再起を懸け、男は最後の戦いに挑む!

2020年の単行本の文庫版です。

2.『ナポレオン 2 野望篇』(2022/7/20発売)

集英社

<あらすじ>
イタリア遠征でオーストリア軍との戦いに歴史的な勝利を収めたナポレオン。次に向かったのは、古代文明の地・エジプト。イギリスと、その植民地インドとの連絡を断つために、大軍を差し向けた。

灼熱の砂漠を行軍し、華々しい勝利と手痛い敗北を繰り返す中で、彼は知る。イギリスやロシアをはじめとする諸外国が対フランス大同盟を結成し、フランス本国が危機に瀕していることを。

――フランスを救えるのは、俺しかいない。

急遽帰国したナポレオンはクー・デタで国を動かす権力を手に入れ、ついに1804年、34歳で初代フランス皇帝の地位に就く。そして、ヨーロッパ諸国との全面戦争に突入してゆくのだった。

2019年の単行本の文庫版です。

3.『ナポレオン 1 台頭篇』(2022/6/17発売)

集英社

<あらすじ>
1769年8月15日、コルシカ島の小貴族・ボナパルト家の次男として生まれたナポレオン。地元のガキ大将だった彼は、パリの陸軍士官学校を出て、コルシカの英雄・パオリの親衛隊となる。

時はフランス革命真っただ中、コルシカにも革命をと勇み立つナポレオンだったが、過ぎた才知と熱意ゆえ、島を追われる羽目に。

故郷を追われたナポレオンは、フランス共和国軍の砲兵指揮官として頭角を現し、革命の実力者・ロベスピエール兄弟や派遣委員バラスと知り合う。トゥーロンの戦闘でイギリス軍、スペイン軍に大勝利を収め名をあげるが、情勢は急転。クー・デタでロベスピエール兄弟が処刑され、ナポレオン自身も投獄の憂き目に……。

だが、男はそこで終わらなかった。パリが、革命が、彼を求め、ふたたび表舞台へ――。

2019年の単行本の文庫版です。



まとめ

それぞれおさらいします。

文庫本新刊

  1. 『ナポレオン 3 転落篇』(2022/8/19発売)
  2. 『ナポレオン 2 野望篇』(2022/7/20発売)
  3. 『ナポレオン 1 台頭篇』(2022/6/17発売)

コンスタントに作品を発表している佐藤賢一さん。次作が楽しみですね。

それでは、良い読書体験を!

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

「Kindle Unlimited」は、月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ふだんそのくらいの量の本を読んでいる方や、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。