小説

【2021年最新版】高田崇史の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

高田崇史の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

1998年に『QED 百人一首の呪』で第9回メフィスト賞を受賞してデビューした高田崇史(たかだ・たかふみ)さんは、QEDシリーズや歴史小説作品を発表する人気作家。

そんな高田崇史さんの単行本と文庫の新刊情報をまとめました!

それぞれ最新刊から3冊を紹介しています。

※新刊予定については新刊情報が入り次第、単行本と文庫の「1.」に記載します

それでは、簡単なあらすじを含めてそれぞれ見ていきましょう。

高田崇史の単行本新刊情報

1.『QED 源氏の神霊』(2021/3/19発売)

最新刊

講談社

<あらすじ>
宮中を悩ませた妖怪・鵺を退治、獅子王と呼ばれる刀を拝領したほどの武勇を誇り、和歌にも秀でていた源頼政。

従三位を賜り、満たされていたはずの晩年、なぜ彼は挙兵したのか。その墓である頼政塚は、どうして祟りをなすと伝承されるのか。

京都・亀岡の頼政塚に放置された惨殺死体、壇ノ浦で碇のオブジェに繋がれた遺体の連続殺人を軸に、桑原崇が源平合戦の真実を解き明かす。QEDシリーズ長編!

単行本はこちらが最新刊になります。

新書版です。

2.『古事記異聞 鬼統べる国、大和出雲 』(2020/11/6発売)

講談社

<あらすじ>
橘樹雅(たちばなみやび)は研究テーマ「出雲」を調査するうちに、国を追われて京都に連行されていた出雲族の存在を知る。

在野の研究者・金澤千鶴子(かなざわちづこ)に、大神(おおみわ)神社の主祭神・大物主(おおものぬし)神が素戔嗚(すさのお)尊同様「出雲」の神だと聞いた雅は、奈良に出雲族の痕跡を探し求める。

二人を監視する何者かの不穏な動き。大和に存在した出雲村と野見宿禰(のみのすくね)伝説が、雅を真相へ導く。

神話に秘匿された出雲王朝の真の姿が蘇る。出雲編完結!

新書版です。

3.『古事記異聞 京の怨霊、元出雲』(2020/7/8発売)

講談社

<あらすじ>
橘樹雅は民俗学研究のテーマ「出雲」を追い、京都を訪れていた。

かつて出雲族の集落があったという下鴨神社の西側には「怨霊の寺」が。遥か出雲国から都へやってきた人々がなぜ怨霊になったのか?

糺(ただす)の森で起きた殺人事件を機に、雅は「言霊(ことだま)」の真の力に気づき、出雲族等、まつろわぬ民にかけられた朝廷の「呪い」の正体を明らかにする。

新書版です。

単行本は以上です。続いて文庫の新刊を見ていきましょう!



高田崇史の文庫本新刊情報

1.『オロチの郷、奥出雲 古事記異聞』(2021/5/14発売)

文庫最新刊

講談社

<あらすじ>
大学院で民俗学を学ぶ橘樹雅は、出雲での調査を終えようとしていた。

ところが「出雲の本質は奥出雲にある」という担当教官のひと言で、日程を延長して奥出雲へ向かうことに。素戔嗚尊とは何者なのか?

「櫛御気野命」「櫛名田比売」など神の名前に頻出する「櫛」の意味とは? 同日、亀嵩近くで起きていた殺人事件。その本質を雅が見極めるとき、「櫛」の謎も明らかに。

敗者の歴史が蘇る!

2018年刊行作品の文庫版です。

2.『古事記異聞 鬼棲む国、出雲』(2021/1/15発売)

講談社

<あらすじ>
日枝山王大学の民俗学研究室に所属する橘樹雅は、研究テーマ「出雲」について担当教官・御子神伶二に

「『出雲国風土記』の最大の謎は押さえているか」と問われ、答えに窮する。フィールドワークに早速現地に旅立った雅は、出雲四大神とは何なのか、伊弉冉尊を偲ぶ「神在祭」とは? 名前に「櫛」の字が入っている神々が多いのはなぜか……疑問が次々に湧いてくる。

雅が向かう黄泉比良坂では、髪を切られ、左眼に簪を突き立てられた巫女の遺体が発見される。闇の葬られた「敗者の歴史」が蘇る。知られざる歴史の真実を描く新シリーズ!

2018年刊行作品の文庫版です。

3.『QED 〜ortus〜白山の頻闇』(2020/9/15発売)

講談社

<あらすじ>
棚旗奈々は妹・沙織の新居を訪れるべく、桑原崇と金沢へ向かっていた。

白山神社の総本宮白山ひめ神社を参拝した二人は、殺人事件に巻き込まれる。手取川で見つかった首なし死体、上流で昏倒していた男、現場から走り去った女。

すべてがひとつに繋がるとき、白山の謎も明らかに!

大学一年生の奈々が吉原を訪れ、崇の博覧強記ぶりを目の当たりにする「江戸の弥生闇」も収録。



まとめ

それぞれおさらいします。

精力的に作品を発表している高田崇史さん。次作が楽しみですね。

それでは、良い読書体験を!

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

「Kindle Unlimited」は、月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ふだんそのくらいの量の本を読んでいる方や、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です