小説の新刊、新作情報(作家別) PR

【2024年最新版】誉田哲也の単行本・文庫の新刊・新作最新情報【新刊予定も】

誉田哲也の単行本・文庫の新刊・新作最新情報【新刊予定も】


■Amazonではゴールデンウィーク スマイルセールを4月19日(金)9時~4月22日(月)23時59分で開催。以下エントリーをお忘れなく。

スマイルSALE 最大8%還元 ポイントアップキャンペーン

2019年には直木賞の候補となり、『ジウ』『姫川玲子シリーズ』『武士道シックスティーン』等で知られる誉田哲也(ほんだ・てつや)さん。

そんな誉田哲也さんの単行本と文庫の新刊情報をまとめました!

それぞれ最新刊から最大5冊を紹介しています。

※新刊予定については新刊情報が入り次第、単行本と文庫の「1.」に記載します

誉田哲也の単行本新刊情報

1.『ジウX』(2023/6/21発売)

最新刊

中央公論新社

<あらすじ>
生きながらにして臓器を摘出された死体が発見された。東弘樹警部補らは懸命に捜査にあたるが、二ヶ月が経っても被害者の身元さえ割れずにいた。

一方、陣内陽一の店「エポ」に奇妙な客が集団で訪れた。緊張感漂う店内で、歌舞伎町封鎖事件を起こした「新世界秩序」について一人の女が話し始める。「いろいろな誤解が、あったと思うんです」――。

各所で続出する不気味な事件。そして「歌舞伎町セブン」に、かつてない危機が迫る……。

単行本はこちらが最新刊です。

2.『妖の絆』(2022/12/13発売)

文藝春秋

<あらすじ>
人の血を啜り、闇から闇へと生きる絶世の美女・紅鈴が、江戸の世で出会ったひとりの少年、欣治。吉原に母を奪われ、信じていた大人たちにも裏切られた。そんな絶望の中でなお、懸命に生きる欣治との出会いが、孤独な闇を生きてきた紅鈴に思いがけない感情を芽生えさせる。

「こんな腐った世の中に、こんなにも清い魂があるものか。この汚れなき魂を、あたしは守りたい」

欣治を“鬼”にする――。その、後戻りできない決断の先に待ち受ける運命とは⁉

美しく、凶暴なまでに一途なダークヒロイン、ふたたび

 

3.『アクトレス』(2022/1/18発売)

光文社

<あらすじ>
人気女優が発表した小説をなぞるように「事件」が起こる。

偶然とは思えないが、誰が何のために模倣したのかは見当もつかない。真相に近づこうとしたとき、ふたたび逃れられない悲劇が彼女たちに忍び寄る……。

ドラマ化も話題となった『ボーダレス』に続く最新書下ろし長編!

 

4.『フェイクフィクション』(2021/11/5発売)

集英社

<あらすじ>
東京・五日市署管内の路上で、男性の首なし死体が発見された。

刑事の鵜飼は現場へ急行し、地取り捜査を開始する。死体を司法解剖した結果、死因は頸椎断裂。「斬首」によって殺害されていたことが判明した。

一方、プロのキックボクサーだった河野潤平は引退後、都内にある製餡所で従業員として働いていた。

ある日、同じ職場に入ってきた有川美祈に一目惚れするが、美祈が新興宗教「サダイの家」に関係していることを知ってしまい……。

 


単行本は以上です。続いて文庫の新刊を見ていきましょう!



誉田哲也の文庫本新刊情報

1.『新装版 国境事変-〈ジウ〉サーガ4』(2024/3/19発売)

文庫最新刊

中央公論新社

<あらすじ>
新宿で在日朝鮮人会社社長が殺害された。被害者を内偵中だった公安外事二課は、密かに捜査を開始。

だが、事件背後の不審な人脈を手繰っていた捜査一課の東警部補が、彼らの前に現れる――。

CIAも血眼で行方を追う「アイアン」とは何か。激しく対立する刑事と公安の男たち。国境の島・対馬で彼らを待っていた恐るべき真実とは。

2007年刊行の単行本の文庫新装版です。

2.『もう、聞こえない』(2023/10/5発売)

幻冬舎

<あらすじ>
傷害致死容疑で逮捕された週刊誌の編集者・中西雪実。

罪を認め聴取に応じるも、動機や被害者との関係については多くを語らない。さらに、突然「声が、聞こえるんです」と言い始め……。

これは要精神鑑定案件か。一向にわからぬ被害者男性の身元。そこに浮上した十四年前の未解決殺人事件。ふたつの事件を繫げたのは、〝他界した一人の女性〟だった。

2020年刊行の単行本の文庫版です。

3.『オムニバス』(2023/7/12発売)

短編集

光文社

<あらすじ>
葛飾区青戸の女子大生殺害事件。浮上した被疑者は、すでに別件で本所署に留置されていた。勝俣に呼び出された姫川玲子は、本所の案件には触るなと強要される――。(「それが嫌なら無人島」)

住人の男が自殺した家の床下から、女性の腐乱死体が発見された! 二人の関係は? そして男の不可解な行動の意味とは?(「六法全書」)

ほか、姫川玲子が新たな魅力を見せる全七編。

2012年刊行の単行本の文庫新装版です。

4.『幸せの条件-新装版』(2023/5/25発売)

中央公論新社

<あらすじ>
理化学実験用ガラス器機メーカーの「役立たず社員」瀬野梢恵・二四歳に、まさかの社命が下された!

それは、単身長野に赴き、新燃料と注目されるバイオエタノール用米栽培の協力農家の獲得だった。行く先々で断られ続け、なりゆきで農業見習いを始める梢恵。

だが多くの出会いが、恋も仕事も中途半端だった彼女を変えてゆく――。

2012年刊行の単行本の文庫新装版です。

5.『春を嫌いになった理由 新装版』(2023/3/14発売)

光文社

<あらすじ>
フリーターの秋川瑞希は、テレビプロデューサーの叔母に超能力者エステラの通訳兼世話役を押しつけられる。嫌々同行したロケ現場で、エステラの透視通りミイラ化した死体が発見された――。

一方、妹と中国から日本に密入国した林守敬は、過酷な運命に追いつめられていた。様々な因縁が交錯する先に立ち現れる驚愕の事件とは?

著者初期の傑作サスペンス長編!

2005年刊行の単行本の文庫新装版です。


文庫本の新刊情報は以上になります。



まとめ

それぞれおさらいします。

単行本新刊

  1. 『ジウX』(2023/6/21発売)
  2. 『妖の絆』(2022/12/13発売)
  3. 『アクトレス』(2022/1/18発売)
  4. 『フェイクフィクション』(2021/11/5発売)

文庫本新刊

  1. 『新装版 国境事変-〈ジウ〉サーガ4』(2024/3/19発売)
  2. 『もう、聞こえない』(2023/10/5発売)
  3. 『オムニバス』(2023/7/12発売)
  4. 『幸せの条件-新装版』(2023/5/25発売)
  5. 『春を嫌いになった理由 新装版』(2023/3/14発売)

精力的に作品を発表し続けている誉田哲也さん。今後も期待ですね!

なお、誉田哲也さんの人気シリーズ「ジウ」について、中央公論新社による「ジウサーガシリーズ特設サイト」が公開されています。

※誉田哲也さんの売れ筋作品は誉田哲也の売れ筋ランキング(Amazon)でチェック!

関連記事

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

「Kindle Unlimited」は、月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ふだんそのくらいの量の本を読んでいる方や、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

ABOUT ME
ノルン
現役小説家。エンタメ作品を中心に著作多数。他の作家さんの新刊情報をメインにお届けします。
こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。