小説

誉田哲也「魚住久江シリーズ」の最新刊と読む順番、あらすじまとめ

誉田哲也「魚住久江シリーズ」の最新刊と読む順番、あらすじまとめ

誉田哲也さんの「魚住久江シリーズ」は、警視庁練馬署強行犯係の42歳の女性刑事・魚住久江が活躍する人気シリーズ

そんな誉田哲也さんの「魚住久江シリーズ」の読む順番を紹介いたします!

誉田哲也「魚住久江シリーズ」の読む順番

現在2作が光文社から刊行されています。

おすすめの読む順番としても刊行順が一番良いので、順番に紹介していきます。

一覧は以下になります。

それでは、あらすじも含めて順番に見ていきましょう。

1.『ドルチェ』(2011年)

<あらすじ>
誰かの死の謎を解き明かすより、生きている誰かのために捜査をしたい――。

練馬署の女性刑事・魚住久江が、古巣の警視庁捜査一課からの誘いを断り続けている理由だ。女子大生が暴漢に襲われ、捜査線上には彼女と関係のあった複数の男性の存在が浮上する。

久江が一枚のハンカチから突き止める意外な真相とは?(表題作)

未収録短編を加えた決定版!

こちらが第1作目。

短編集になります。元は新潮社刊行でしたが、現在は光文社の新装版が最も新しいものになります。

どの作品もキレのある短編で一気に読み進められます。

<収録作品>
・袋の金魚
・ドルチェ
・バスストップ
・誰かのために
・ブルードパラサイト
・愛したのが百年目
・弱さゆえ(光文社文庫版のみ)

2.『ドンナ ビアンカ』(2013年)

<あらすじ>
孤独でうつろな人生を送る男が見つけた、ささやかだけど本気の恋。それが男を地獄へと招く――。

中野署管内で外食チェーン専務と店長が誘拐された。練馬署の魚住久江も捜査に招集されるが、身代金受け渡しは失敗に終わってしまう。

やがて捜査線上に浮かぶ一人の中国人女性。久江は事件背後にある悲しい真相に迫ってゆく。切なさと温かさが心に残る長編警察小説。

2作目は長編。

さすがの展開で先が気になって仕方ありません。



まとめ

それではおさらいします。

誉田哲也「魚住久江シリーズ」の読む順番は以上のようになります。

現在2作ですのでぜひ読んでみてくださいね。

それでは、良い読書体験を!

関連記事

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

Kindle Unlimitedは月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です