小説

【2022年最新版】畠中恵の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

畠中恵の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

時代小説の名手で「しゃばけシリーズ」等、数々の人気作品を生み出している畠中恵(はたけなか・めぐみ)さん。

そんな畠中恵さんの単行本と文庫の新刊情報をまとめました!

それぞれ最新刊から3冊を紹介しています。

※新刊予定については新刊情報が入り次第、単行本と文庫の「1.」に記載します

畠中恵の単行本新刊情報

1.『御坊日々』(2021/11/5発売)

最新刊、短編集

朝日新聞出版

<あらすじ>
明治20年。僧冬伯のもとへは困り事の相談に日々客人が訪れる。

本日は店の経営不振に悩む料理屋の女将で……。僧侶兼相場師の型破りな僧侶と弟子の名コンビが、檀家たちの悩みを解決しながら、師僧の死の真相を追う。

連作短編エンターテイメント!

単行本はこちらが最新刊になります。

2.『もういちど』(2021/7/19発売)

新潮社

<あらすじ>
龍神たちが舟をひっくり返して、若だんなが水に落ちたぁ!?

しかもその御身に大事件が……

「しゃばけ」シリーズ祝20周年最新刊!

「しゃばけシリーズ」最新刊。

3.『いわいごと』(2021/2/25発売)

文藝春秋

<あらすじ>
江戸町名主の跡取り息子・高橋麻之助のもとに縁談が三つも!だが、どの縁談も妙なところがあるようで……。

果たして縁談の行方は!?

単行本は以上です。続いて文庫の新刊を見ていきましょう!



畠中恵の文庫本新刊情報

1.『かわたれどき』(2022/2/8発売)

文庫最新刊

文藝春秋

<あらすじ>
町名主のお気楽跡取り・麻之助にそろそろ後妻の話…。

そんな彼が口にしたおなごの名前とは?

江戸の謎と揉め事を悪友三人組が解決!

2019年刊行作品の文庫版です。

2.『またあおう』(2021/11/27発売)

短編集

新潮社

<あらすじ>
お江戸は日本橋。長崎屋の跡取り息子、若だんなこと一太郎の周りには、愉快な妖たちが沢山。

そんな仲間を紹介しようとして楽しい騒動が起きる「長崎屋あれこれ」や、屏風のぞきや金次らが『桃太郎』の世界に迷い込む「またあおう」、若だんなが長崎屋を継いだ後のお話で、妖退治の高僧・寛朝の形見をめぐる波乱を描く「かたみわけ」など豪華5編を収録した、文庫でしか読めない待望のシリーズ外伝。

「しゃばけシリーズ」外伝です。

3.『しゃばけごはん』(2021/11/27発売)

レシピ集

新潮社

<あらすじ>
しゃばけシリーズには、おいしい料理場面がいっぱい。

若だんなも妖も大好きな卵焼き、仁吉や佐助が給仕してくれる小豆粥。豪華な花見弁当、宴会の葱鮪鍋、やなり稲荷。宿場町の奈良茶飯、天狗と食べた夜鷹蕎麦。

三春屋の茶饅頭に、栄吉の辛あられ……しゃばけに登場する美味なる江戸料理、全33品をお手軽なレシピで再現。

若だんなが食べたあの味を、あなたもおうちで楽しんでみませんか?



まとめ

それぞれおさらいします。

単行本新刊

  1. 『御坊日々』(2021/11/5発売)
  2. 『もういちど』(2021/7/19発売)
  3. 『いわいごと』(2021/2/24発売)

文庫本新刊

  1. 『かわたれどき』(2022/2/8発売)
  2. 『またあおう』(2021/11/27発売)
  3. 『しゃばけごはん』(2021/11/27発売)

しゃばけシリーズも順調に発表されています。

それでは、良い読書体験を!

関連記事

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

「Kindle Unlimited」は、月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ふだんそのくらいの量の本を読んでいる方や、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です