小説

【2020年最新版】畠中恵の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

畠中恵の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

時代小説の名手で「しゃばけシリーズ」等、数々の人気作品を生み出している畠中恵(はたけなか・めぐみ)さん。

そんな畠中恵さんの単行本と文庫の新刊情報をまとめました!

それぞれ最新刊から3冊を紹介しています。

※新刊予定については新刊情報が入り次第、単行本と文庫の「1.」に記載します

畠中恵の単行本新刊情報

1.『いちねんかん』(2020/7/17発売)

最新刊

新潮社

<あらすじ>
両親不在の間、長崎屋を任され張り切る若だんなだけど、盗人に狙われ、江戸には疫病が大流行してしまう。

試練三昧のシリーズ最新刊!

単行本はこちらが最新刊になります。

「しゃばけシリーズ」最新刊にもなります。

2.『あしたの華姫』(2020/6/10発売)

短編集

KADOKAWA

<あらすじ>
江戸は両国の見世物小屋で評判の、姫様人形・お華と、その遣い手の月草。

月草が声色を変えてしゃべっているはずなのだが、「お華には特別な力がある」「真実を語る」ともっぱら噂だ。両国一帯を仕切る地回りの親分・山越も、娘のお夏を助けてくれるお華には一目置いている様子。

ますます栄える盛り場だったが、山越が縁を切ったはずの息子たちが姿を現したせいで、にわかに跡取り問題が持ち上がる。江戸一の盛り場である両国を、次に取り仕切るのは誰なのか?

急に現れた息子たちを不審がる両国の人々は、両国の将来がかかっていると、娘・お夏の婿取りに注目し――。

陰謀渦巻く両国で、月草はお夏を守りきれるのか? 一人二役、二人で一人、月草とお華の謎ときが始まる!

3.『猫君(2020/1/24発売)

短編集

集英社

<あらすじ>
茶虎で金目銀目の猫、みかんは江戸・吉原で髪結いをするお香のもとで可愛がられて育ち、まもなく二十年が経とうとしていた。

病の床についたお香は、尻尾が二叉に分かれ、言葉を操り始めたみかんが、やがて人に化ける猫の妖怪「猫又」になる特別な存在だと告げて、この世を去る。

飼い主を取り殺したと疑われ、追われるみかんを助けたのは、先輩猫又の加久楽(かぐら)だった。妓楼の一室に匿われたみかんは、同じ新米猫又の白花(しろか)らと出会い、猫又のあれこれを教えられる。

花のお江戸に隠された六つの陣地に分かれて、陣取り合戦を繰り広げていること。代々の徳川将軍のはからいで、江戸城の中には新米たちが修業する学び舎「猫宿」があること。猫又史にその名を刻む英雄「猫君」の再来が噂されていること……。

加久楽に連れられ猫宿へやってきたみかんは、「猫宿の長」と呼ばれる謎の人物をはじめ、様々な師匠のもと、仲間とともに数々の試練に挑んでいく――

『しゃばけ』の著者が贈る、お江戸ファンタジー開幕!

単行本は以上です。続いて文庫の新刊を見ていきましょう!



畠中恵の文庫本新刊情報

1.『むすびつき』(2020/11/30発売)

文庫最新刊、短編集

新潮社

<あらすじ>
若だんなは、前世でどんな人だった? 若に会いたい、とつぶやく玉の付喪神。見覚えがあるという貧乏神の金次は、合戦の時代に出会った“若長”のことを語り始める。

鈴彦姫は、縁のある神社の宮司が、一太郎に生まれ変わったのでは、と推理する。さらに、三百年前に前世の若だんなに惚れていたという麗しい鬼女まで現れ――。

輪廻転生をめぐる5話を収録、人と妖との絆が胸に沁みる第17弾。

2020年刊行作品の文庫版です。

「しゃばけシリーズ」17作目です。

2.『つくもがみ笑います』(2020/9/24発売)

短編集

KADOKAWA

<あらすじ>
お江戸をひっくり返せ―! お八つにおしゃべりの平和な日々が一転、 小刀の阿真刀、茶碗の文字茶、木彫りの青馬ら、新たな仲間の出現で、 つくもがみたちが世直し一揆!?

お江戸妖ファンタジー第三弾!

2019年刊行作品の文庫版です。

「つくもがみシリーズ」3作目です。

3.『ひとめぼれ』(2020/6/9発売)

短編集

文藝春秋

<あらすじ>
同心の養子となった吉五郎、最近様子がおかしい。幼い許嫁の一葉が、甘い顔だちの青年にひとめぼれしたようで―。

一方、良き伴侶をえた色男の清十郎は親になろうとしており、妻を亡くした町名主の跡取り・麻之助には、新たな出会い?

いつの世も、人の生死と色事は思い通りにならぬもの。シリーズ第六弾!

2017年刊行作品の文庫版です。

「まんまことシリーズ」6作目です。



まとめ

それぞれおさらいします。

単行本新刊

  1. 『いちねんかん』(2020/7/17発売)
  2. 『あしたの華姫』(2020/6/10発売)
  3. 『猫君』(2020/1/24発売)

文庫本新刊

  1. 『むすびつき』(2020/11/30発売)
  2. 『つくもがみ笑います』(2020/9/24発売)
  3. 『ひとめぼれ』(2020/6/9発売)

しゃばけシリーズも順調に発表されています。

それでは、良い読書体験を!

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

「Kindle Unlimited」は、月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ふだんそのくらいの量の本を読んでいる方や、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です