小説

【2021年最新版】飴村行の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

飴村行の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

2010年、『粘膜蜥蜴』で第63回日本推理作家協会賞を受賞した飴村行さん。

そんな飴村行さんの新刊情報をまとめました!

それぞれ最新刊から3冊を紹介しています。

※新刊予定については新刊情報が入り次第、「1.」に記載します

それでは、簡単なあらすじを含めてそれぞれ見ていきましょう。

飴村行の単行本新刊情報

1.『チアノーゼ・ドッグス』(2021/6/30発売)

最新刊

KADOKAWA

<あらすじ>
中年ヤクザとエセインテリ青年。

奇妙な二人組がある男の暗殺を命じられ、わずかな手がかりから男の住む町にたどり着くと底なしの暴力と不条理が渦巻いていた――。

ハイパー・ロード・ミステリの誕生!

こちらが単行本の最新刊になります。

2.『ジムグリ』(2015/6/26発売)

集英社

<あらすじ>
X県山間の町。そこには虻狗隧道(あぶくずいどう)と呼ばれる謎の洞窟があり、〈モグラ〉と称される住民が住んでいた。

故郷と訣別して町に引っ越してきた男は、紹介されたツチヘビの食品加工場で働き、美しい女性と知り合って結婚した。だが、ある日、妻は「トンネルにまいります」との書き置きを残して失踪する。男は妻を探そうと動き出すのだが……。

読み出したら止まらない、読書の醍醐味に満ちた、至高の怪奇幻想小説。

すでに文庫版が発売されています(下記参照)。

3.『路地裏のヒミコ』(2014/2/20発売)

文藝春秋

<あらすじ>
二十五年前に三人の死を予言し姿を消した、百発百中の予言者「ヒミコのオッサン」。

漫画家志望の大輝と、ミュージシャン志望の茂夫は、軽い気持ちで彼の行方と正体を探りはじめる。

当時をよく知る人々の取材をするうちに、二人が辿りついたのは、想像を絶する恐怖の真相だった……。

単行本は以上です。続いて文庫の新刊を見ていきましょう!



飴村行の文庫本新刊情報

1.『粘膜探偵』(2018/5/25発売)

文庫最新刊

KADOKAWA

<あらすじ>
戦時下の帝都。14歳の鉄児は憧れの特別少年警邏隊に入隊した矢先、先輩のとばっちりを受け謹慎処分となってしまう。

汚名返上に燃える彼は、巷で噂の保険金殺人事件を解決するため独自調査に乗り出すが……。軍部の思惑、昏々と眠る老女、温室で栽培される謎の植物、行方不明の少女――。

すべてが交錯する時、忌まわしい企みが浮かび上がる。暴力と狂気が渦巻き、読む者の理性を抉り取る最凶の粘膜ワールド!

2.『ジムグリ』(2018/1/19発売)

集英社

<あらすじ>
闇を抱える美人妻が失踪した! 妻が向かった先は凶暴な種族〈モグラ〉が住む地下帝国。男は妻を連れ戻すことを決意するが……。

エログロ小説の鬼才が描く、ダーク・ファンタジー長編。

2015年の単行本の文庫版です。

3.『粘膜黙示録』(2016/2/10発売)

エッセイ

文藝春秋

<あらすじ>
漫画家を目指し大学を中退するも、あっと言う間に挫折。

過酷すぎる派遣工時代を経てホラー作家になるまでの十年間を、逆恨みマインド全開でつづった爆笑エッセイ。



まとめ

それぞれおさらいします。

単行本新刊

  1. 『チアノーゼ・ドッグス』(2021/6/30発売)
  2. 『ジムグリ』(2015/6/26発売)
  3. 『路地裏のヒミコ』(2014/2/20発売)

文庫本新刊

  1. 『粘膜探偵』(2018/5/25発売)
  2. 『ジムグリ』(2018/1/19発売)
  3. 『粘膜黙示録』(2016/2/10発売)

マイペースに作品を発表している飴村行さん。次作が楽しみですね。

それでは、良い読書体験を!

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

「Kindle Unlimited」は、月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ふだんそのくらいの量の本を読んでいる方や、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です