小説

【2021年最新版】朝比奈あすかの単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

2006年、「憂鬱なハスビーン」で第49回群像新人文学賞を受賞して小説家デビューした朝比奈あすか(あさひな・あすか)ん。

そんな朝比奈あすかさんの新刊情報をまとめました!

それぞれ最新刊から3冊を紹介しています。

※新刊予定については新刊情報が入り次第、「1.」に記載します

それでは、簡単なあらすじを含めてそれぞれ見ていきましょう。

朝比奈あすかの単行本新刊情報

1.『翼の翼』(2021/9/22発売)

最新刊

光文社

<あらすじ>
なぜ我が子のことになると、こんなにも苦しいの? ひとり息子の中学受験挑戦。

塾に、ライバルに、保護者達に振り回され、世間の噂に、家族に、自分自身のプライドに絡め取られていく。

過熱する親の心情を余すところなく描いた、凄まじき家族小説。

こちらが単行本の最新刊になります。

2.『君たちは今が世界』(2019/6/28発売)

短編集

KADOKAWA

<あらすじ>
六年三組の調理実習中に起きた、洗剤混入事件。犯人が誰も名乗りでない中、担任の幾田先生はクラス全員にある言葉を言い放ち、去っていった。

先生の残酷な言葉は、誰かが守ってくれる子どもの世界に終わりを連れてくる。いじられ役、優等生、『問題児』、クラスの女王の親友。

教室での立ち位置がまったく違う4人は、苦悩と希望を抱えながら自分の居場所を必死に探し求めていて……。

文庫版が発売されています(下記参照)。

3.『人生のピース』(2018/11/21発売)

双葉社

<あらすじ>
中高女子校で共に過ごした潤子、みさ緒、礼香。ただいま34歳。彼氏いない歴=年齢だった礼香が突如結婚することになった。

潤子はにわかに焦り、結婚相談所に入会、みさ緒も腐れ縁のダメ男と手を切る。それぞれの道を進む彼女たち、その先にあるものとは――。

「婚活小説」の枠を越えて、アラサー女子のリアルな胸の裡が痛いほどの共感度で伝わる物語。

文庫版が発売されています(下記参照)。

単行本は以上です。続いて文庫の新刊を見ていきましょう!



朝比奈あすかの文庫本新刊情報

1.『君たちは今が世界』(2021/7/16発売)

文庫最新刊、短編集

KADOKAWA

<あらすじ>
「文ちん、やれるよな?」人気者とつるむようになってから、文也は自分がクラスの中心にいるような気分がする。担任の幾田先生は地味で怖くないし、友達と認定してくれるみんなと一緒にいるのが一番大切だ。ある日、クラスを崩壊させる大事件に関わってしまうまでは――。(「みんなといたいみんな」)

今の自分は仮の姿だ。六年生の杏美は、おとなしい友人の間で息をひそめて学級崩壊したクラスをやりすごし、私立中学に進学する日を心待ちにしている。宿題を写したいときだけ都合よく話しかけてくる”女王”香奈枝のことも諦めているが、彼女と親友同士だった幼い記憶がよみがえり……。(「こんなものは、全部通り過ぎる」)

学校も家庭も、子どもは生きる世界を選べない。胸が苦しくなるような葛藤と、その先にある光とは。

2020年、難関中学校の入試問題に数多く取り上げられた話題作に、文庫でしか読めない特別篇「仄かな一歩」を加えた決定版!

2019年刊行の単行本の文庫化作品です。

2.『人生のピース』(2021/5/13発売)

双葉社

<あらすじ>
中高女子校で共に過ごした潤子、みさ緒、礼香。ただいま34歳。

「彼氏いない歴=年齢」だった礼香が、見合い結婚することになった。潤子はにわかに焦り、結婚相談所に入会。

みさ緒もダメ男と手を切ってマンションを買おうとする。ありがちな選択をした彼女たちが紡ぐ、決してありがちではない自分だけの婚活ストーリー。

2018年刊行の単行本の文庫化作品です。

3.『人間タワー』(2020/11/10発売)

文藝春秋

<あらすじ>
運動会の花形「人間タワー」の是非をめぐるノンストップ群像劇。

教師、生徒、親、無数の思惑を巻き込んで想像を超えた結末が訪れる!

2017年刊行の単行本の文庫化作品です。



まとめ

それぞれおさらいします。

単行本新刊

  1. 『翼の翼』(2021/9/22発売)
  2. 『君たちは今が世界』(2019/6/28発売)
  3. 『人生のピース』(2018/11/21発売)

文庫本新刊

  1. 『君たちは今が世界』(2021/7/16発売)
  2. 『人生のピース』(2021/5/13発売)
  3. 『人間タワー』(2020/11/10発売)

コンスタントに作品を発表している朝比奈あすかさん。次作が楽しみですね。

それでは、良い読書体験を!

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

「Kindle Unlimited」は、月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ふだんそのくらいの量の本を読んでいる方や、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です