小説の新刊、新作情報(作家別) PR

【2024年最新版】深町秋生の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

深町秋生の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】


■Amazonではゴールデンウィーク スマイルセールを4月19日(金)9時~4月22日(月)23時59分で開催。以下エントリーをお忘れなく。

スマイルSALE 最大8%還元 ポイントアップキャンペーン

2005年に『果てしなき渇き』で「第3回このミステリーがすごい!大賞」を受賞した深町秋生さん。ハードボイルドな作風で人気です。

そんな深町秋生さんの単行本と文庫の新刊情報をまとめました!

それぞれ最新刊から最大5冊を紹介しています。

※新刊予定については新刊情報が入り次第、単行本と文庫の「1.」に記載します

深町秋生の単行本新刊情報

1.『探偵は田園をゆく』(2023/2/22発売)

最新刊

光文社

<あらすじ>
椎名留美は元警官。山形市に娘と二人で暮らし、探偵業を営んでいる。便利屋のような依頼も断らない。

ある日、風俗の送迎ドライバーの仕事を通じて知り合った女から、息子の捜索を依頼される。遺留品を調べた留美は一人の女に辿り着く。

地域に密着した慈善活動で知名度を上げたその女は、市議会への進出も噂されている。彼女が人捜しの手がかりを握っているのか。タフなシングルマザー探偵の活躍、再び!

単行本はこちらが最新刊になります。

2.『ファズイーター』(2022/3/24発売)

幻冬舎

<あらすじ>
警視庁上野署の若手署員がナイフを持った男に襲われ、品川では元警官が銃弾に倒れた。いずれも犯人は捕まっていない。

一方、指定暴力団の印旛会も幹部の事故死や失踪が続き、混乱を極めていた。組織犯罪対策課の八神瑛子は傘下の千波組の関与を疑う。数ヶ月前から、ご法度の薬物密売に突然手を出し、荒稼ぎしているからだ。

裏社会からも情報を得て、カネで飼い慣らした元刑事も使いながら、真相に近づいていく八神。だがそのとき、彼女自身が何者かに急襲され……。

手段を選ばない捜査で数々の犯人を逮捕してきた八神も、ここで終わりなのか?

八神瑛子シリーズ最新作です。

関連記事>深町秋生「八神瑛子シリーズ」の最新刊と読む順番、あらすじまとめ

3.『鬼哭の銃弾』(2021/1/21発売)

双葉社

<あらすじ>
警視庁捜査一課の刑事・日向は多摩川河川敷で起きた発砲事件の捜査を命じられる。

使用された拳銃の線条痕が、22年前の「スーパーいちまつ強盗殺人事件」で使用された拳銃と一致。

家庭を崩壊させた鬼刑事の父親が捜査を担当した〝因縁の事件〟に対峙することに――。カネと暴力と欲望が渦巻く緊迫のエンターテインメント警察小説!

 

4.『煉獄の獅子たち』(2020/9/30発売)

KADOKAWA

<あらすじ>
関東最大の暴力団・東鞘会は大きなターニング・ポイントを迎えていた。会長の氏家必勝が逮捕された上、死期が迫っていたのだ。

跡目を継ぐのは誰か? 改革路線で頭角を現した副会長の神津太一か、あるいは実子の氏家勝一か。

勝一の子分で、その栄達を信じて疑わない織内鉄は、必勝が下した決断に衝撃を受ける。跡目に選ばれたのはなんと神津だった……。

一方警察は、必勝の逮捕を端緒に、組織の壊滅を目論んでいた。ヤクザ者を心底憎む組対四課の我妻邦彦は、違法すれすれの荒業で東鞘会構成員を逮捕、更なる大物を狙っていた。

しかし、捜査中に出会ったある女性が我妻の心を狂わせはじめる。

大注目を浴びた『地獄の犬たち』の続篇にして前日譚――。

文庫版が発売です(下記参照)。


単行本は以上です。続いて文庫の新刊を見ていきましょう!



深町秋生の文庫本新刊情報

1.『新装版 ジャックナイフ・ガール』(2023/10/5発売)

文庫最新刊、短編集

宝島社

<あらすじ>
20XX年、震災によって荒廃した東北をひとりの少女が爆走する。

稀代の不良・桐崎マヤ――ナイフを常に持ち歩き、目的のためなら手荒い行為もいとわない、通称“切り裂き”マヤ。時に大麻を収穫すべく舎弟を連れて隣県まで乗り込み、時に強盗放火殺人の容疑をかけられながら真犯人を追いかけ……。

無慈悲な世界を舞台にした連作短編集が、深町秋生デビュー20周年を記念して装いを新たに再臨!

2014年刊行作品の文庫新装版です。

2.『天国の修羅たち』(2022/8/24発売)

KADOKAWA

<あらすじ>
ヤクザにも物怖じしない、恐れ知らずの老ジャーナリストが殺害された。

犯人を追う警視庁捜査一課の神野真里亜は、元同僚の鑑識官から、信じられない人物が捜査線に上がったことを知らされる。真実を明らかにするべく独自に捜査を進める真里亜は、気がつけば警視庁を揺るがす陰謀に巻き込まれていた……。

読む者すべてを圧倒する、映画原作「ヘルドッグス」慟哭の完結編!

 

3.『煉獄の獅子たち』(2022/6/10発売)

KADOKAWA

<あらすじ>
関東最大の暴力団・東鞘会の跡目争いは熾烈を極めていた。現会長の実子・氏家勝一は、子分の織内に台頭著しい会長代理の暗殺を命じる。

一方、ヤクザを憎む警視庁の我妻は東鞘会壊滅に乗り出していた……。

2020年刊行作品の文庫版です。

4.『ブラッディ・ファミリー』(2022/4/26発売)

新潮社

<あらすじ>
熱意に満ち、将来を嘱望されていた女性刑事・波木愛純が命を絶った。彼女を死にまで追いつめたのは、伊豆倉陽一巡査部長。警視庁入庁以来、問題ばかりを起こしてきた不良警官だ。

そして、陽一の父、伊豆倉知憲は次期警察庁長官の座を約束されたエリート中のエリートだった。父知憲の威光に逆らう者はおらず、陽一は放埒きわまる半生を歩んできたのだ。

愚直なまでに正義を貫く相馬美貴警視と、非合法な手段を辞さぬ〝ドッグ・メーカー〟黒滝誠治警部補。ふたりは監察として、日本警察最大の禁忌に足を踏み入れてゆく。

父と息子の血塗られた絆を描く、圧巻の警察長篇。

 


文庫本の新刊情報は以上になります。



まとめ

それぞれおさらいします。

単行本新刊

  1. 『探偵は田園をゆく』(2023/2/22発売)
  2. 『ファズイーター』(2022/3/24発売)
  3. 『鬼哭の銃弾』(2021/1/21発売)
  4. 『煉獄の獅子たち』(2020/9/30発売)

比較的マイペースで作品を発表している深町秋生さん。新作が楽しみですね。

それでは、良い読書体験を!

関連記事

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

「Kindle Unlimited」は、月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ふだんそのくらいの量の本を読んでいる方や、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

ABOUT ME
ノルン
現役小説家。エンタメ作品を中心に著作多数。他の作家さんの新刊情報をメインにお届けします。
こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。