小説

【2022年最新版】綿矢りさの単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

綿矢りさの単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

2001年『インストール』で17歳にして第38回文藝賞を受賞し、2004年に『蹴りたい背中』で第130回芥川賞を受賞した綿矢りささん。

そんな綿矢りささんの単行本と文庫の新刊情報をまとめました!

それぞれ最新刊から3冊を紹介しています。

※新刊予定については新刊情報が入り次第、単行本と文庫の「1.」に記載します

それでは、簡単なあらすじを含めてそれぞれ見ていきましょう。

綿矢りさの単行本新刊情報

1.『嫌いなら呼ぶなよ』(2022/7/27発売)

最新刊、短編集

河出書房新社

<あらすじ>
妻の親友のホームパーティーに招かれた僕。

だがそれは僕を被告とする「ミニ裁判」になって・・・・・

綿矢りさの新境地を示す作品集!

単行本はこちらが最新刊になります。

2.『あのころなにしてた?』(2021/9/28発売)

日記

新潮社

<あらすじ>
失ったことだけでなく、得たものにも目を向けてみよう――。

コロナに揺れる世界、自らの小説と心のうちを見つめた2020年の日記。

小説ではありません。

3.『オーラの発表会』(2021/8/26発売)

集英社

<あらすじ>
「人を好きになる気持ちが分からないんです」

海松子(みるこ)、大学一年生。他人に興味を抱いたり、気持ちを推しはかったりするのが苦手。趣味は凧揚げ。特技はまわりの人に脳内で(ちょっと失礼な)あだ名をつけること。友達は「まね師」の萌音(もね)、ひとりだけ。なのに、幼馴染の同い年男子と、男前の社会人から、 気づけばアプローチを受けていて……。

「あんまり群れないから一匹狼系なんだと思ってた」「片井さんておもしろいね」「もし良かったらまた会ってください」「しばらくは彼氏作らないでいて」「順調にやらかしてるね」

――「で、あんたはさ、高校卒業と大学入学の間に、いったい何があったの?」

綿矢りさデビュー20周年!

他人の気持ちを読めない女子の、不器用で愛おしい恋愛未満小説。

単行本は以上です。続いて文庫の新刊を見ていきましょう!



綿矢りさの文庫本新刊情報

1.『生のみ生のままで』(2022/6/17発売)

文庫最新刊

集英社

<あらすじ>
「私たちは、友達じゃない」

25歳、夏。恋人と出かけたリゾートで、逢衣(あい)は彼の幼なじみと、その彼女・彩夏(さいか)に出逢う。芸能活動をしているという彩夏は、美しい顔に不遜な態度で、不躾な視線を寄越すばかりだったが、四人で行動するうちに打ち解けてゆく。

東京へ帰った後、逢衣は彩夏と急速に親しくなった。やがて恋人との間に結婚の話が出始めるが、ある日とつぜん彩夏から唇を奪われ、「最初からずっと好きだった」と告白される。

彼女の肌が、吐息が、唇が、舌が、強烈な引力をもって私を誘う――。

綿矢りさ堂々の新境地! 女性同士の鮮烈なる恋愛小説。

2019年刊行作品の文庫版です。

2.『意識のリボン』(2020/2/20発売)

短編集

集英社

<あらすじ>
「私は絶対長生きするからね」母を亡くした20代半ばの真彩は、父にそう誓ってすぐ交通事故に遭ってしまう。激痛の中、目を開けると自分の身体を見下ろしていて!?

「意識のリボン」結婚を控えた27歳の妹の引っ越しを手伝っていると、全裸の妹が女同士で寝そべっている写真が出てきた。驚く私に妹は!?

「履歴の無い妹」娘、妻、母―。様々な女性の人生に寄り添うように心の動きを描き切る短編集。

2017年刊行作品の文庫版です。

3.『私をくいとめて』(2020/2/7発売)

朝日新聞出版

<あらすじ>
黒田みつ子、もうすぐ33歳。悩みは頭の中の分身が解決してくれるし、一人で生き続けてゆくことになんの抵抗もない、と思っていた。

でも、私やっぱりあの人のことが好きなのかな?

同世代の繊細な気持ちの揺らぎを、たしかな筆致で描いた著者の真骨頂。

2017年刊行作品の文庫版です。



まとめ

それぞれおさらいします。

単行本新刊

  1. 『嫌いなら呼ぶなよ』(2022/7/27発売)
  2. 『あのころなにしてた?』(2021/9/28発売)
  3. 『オーラの発表会』(2021/8/26発売)

文庫本新刊

  1. 『生のみ生のままで』(2022/6/17発売)
  2. 『意識のリボン』(2020/2/20発売)
  3. 『私をくいとめて』(2020/2/7発売)

比較的マイペースに作品を発表している綿矢りささん。新作が楽しみです。

それでは、良い読書体験を!

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

「Kindle Unlimited」は、月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ふだんそのくらいの量の本を読んでいる方や、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。