小説

【2021年最新版】蒼月海里の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

蒼月海里の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

2014年、『幽落町おばけ駄菓子屋』でデビューした蒼月海里(あおつき・かいり)ん。同作は人気シリーズとなっています。

そんな蒼月海里さんの新刊情報をまとめました!

それぞれ最新刊から3冊を紹介しています。

※新刊予定については新刊情報が入り次第、「1.」に記載します

それでは、簡単なあらすじを含めてそれぞれ見ていきましょう。

蒼月海里の単行本新刊情報

1.『ルーカス魔法塾池袋校』(2021/5/14発売)

最新刊

ポプラ社

<あらすじ>
こんな塾なら絶対行きたい!

学習塾に入ったつもりだったのに、そこは魔法使いが教える魔法塾だった──

藍田颯太はゲームが何より好きだが、中学に入ったとたん、塾に通わされることになった。ある日、池袋の裏道で妙な生き物を助けたあと、格安個人塾のチラシを拾う。ちょうどいいので見学に訪れてみると、現れたのは片眼鏡をかけ黒いローブに身を包んだ洋風の顔立ちの先生。そこは、一般人は入れないはずの「魔法」を教える塾だったのだ。

入塾テスト代わりに塾生に挑まれた勝負に、なぜか勝ってしまった颯太。スライムが使えるテイラーの才能があると判明し、入塾してルーカス先生の教えを受けることとなる。

個性の強い先生や塾生たちとの絆、化学に通ずる魔法術のためになる説明、リアルな池袋感、日常と地続きで魔法塾の存在を味わえる楽しさが満載の、注目シリーズ第1巻!

こちらが単行本の最新刊になります。

2.『水上博物館アケローンの夜』(2018/4/19発売)

幻冬舎

<あらすじ>
大学生の出流は、閉館間際の東京国立博物館に立ち寄る。

展示物を眺めながら、悲しい思い出を忘れようとしていると、どこからか湧き上がった大量の水に飲み込まれてしまう。

気を失いかけた出流を助けてくれたのは、美青年の渡し守・朧だった。朧によると、出流は自分の悲しみが作り出す「嘆きの川」で溺れる寸前だったという―。

切なく優しい博物館ミステリ。

文庫版が発売されています。

単行本は以上です。続いて文庫の新刊を見ていきましょう!



蒼月海里の文庫本新刊情報

1.『怪談喫茶ニライカナイ2』(2021/7/12発売)

文庫最新刊

PHP研究所

<あらすじ>
喫茶ニライカナイの店主に助けられた雨宮は、その店主の境遇を知り、逆に彼を救おうとする。

しかし、それは街の禁忌に触れることだった!?

2.『咎人の刻印 デッドマン・リターンズ』(2021/4/6発売)

小学館

<あらすじ>
「どんな姿であろうと、どんな異能を持とうと、人間であることには変わりがない」
許されぬ罪を背負い、常人にはない特別な能力を発現させる者たち――それが《咎人(トガビト)》だ。

彼らはその犯した罪を清算するまでは、決して死ぬことができない……といわれている。それぞれの咎人は、自らの罪に向き合いながら、いつ果てるともしれない戦いに身を投じる。それが魔都・東京の闇に沈む真実だった。

愛とは何かを探し続ける殺人鬼の神無と、彼と生活を共にするようになった吸血鬼の御影。彼らは池袋の一角にある謎めいた洋館で暮らしている。神無の相棒ともいえる御影には、かつて双子の弟・刹那がいた。しかし、弟を亡くした悲しみから、御影は弟を自らの身の内に取り込んでしまった。彼がいつもしている眼帯の下には、弟の右目が隠されているのだった。

神無と御影はある日、狭霧と名乗る謎めいた人物に墓地で出会う。狭霧の発動させた魔方陣によって、御影はそのまま昏睡状態に。次に目覚めたときには――彼の意識は、弟の刹那のものに取って変わられていた。

死の淵から甦った魂の片割れは、何を求めるのか……急転直下のシリーズ第3弾!!

3.『稲荷書店きつね堂 アヤカシたちの奮闘記』(2021/3/15発売)

角川春樹事務所

<あらすじ>
『稲荷書店きつね堂』のPR動画を撮影し、SNSにアップして、お店を宣伝するというアイディアを思いついた白狐像の化身ヨモギは、新たにきつね堂の仲間に加わった電霊のテラと、犬神の千牧とともに撮影のため神田明神へ向かう。

電子空間を移動出来るテラはスマホの中に入り、ヨモギたちに動画作成の方法を教えていたが、そのスマホが川に落ちてしまった。

千牧はテラを助けるべく川へ飛び込んだ──。

果たして二人の行方は!? 大人気シリーズ第四弾! !



まとめ

それぞれおさらいします。

単行本新刊

  1. 『ルーカス魔法塾池袋校』(2021/5/14発売)
  2. 『水上博物館アケローンの夜』(2018/4/19発売)

コンスタントに作品を発表している蒼月海里さん。次作が楽しみですね。

それでは、良い読書体験を!

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

「Kindle Unlimited」は、月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ふだんそのくらいの量の本を読んでいる方や、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です