小説の新刊、新作情報(作家別) PR

【2024年最新版】青木祐子の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

青木祐子の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】


■Amazonではゴールデンウィーク スマイルセールを4月19日(金)9時~4月22日(月)23時59分で開催。以下エントリーをお忘れなく。

スマイルSALE 最大8%還元 ポイントアップキャンペーン

『これは経費で落ちません!』シリーズが人気の青木祐子ん。

そんな青木祐子さんの新刊情報をまとめました!

それぞれ最新刊から最大5冊を紹介しています。

※新刊予定については新刊情報が入り次第、「1.」に記載します

それでは、簡単なあらすじを含めてそれぞれ見ていきましょう。

青木祐子の単行本新刊情報

1.『レンタルフレンド』(2021/5/26発売)

最新刊、短編集

集英社

<あらすじ>
「これは経費で落ちません!」の青木祐子、最新作!

世の中には、お金を払っても「友達(フレンド)」をレンタルしたい人がいる。

Case1:人付き合いが苦手そうな大学4年生・香住。デザートブッフェへの同行を依頼してきた理由は……?(第一話「バニラクッキーは砕けない」)

Case2:ヘアメイクアーティストMISA、38歳。女優志望の若手という設定で、観劇につきあってほしいというが……?(第二話「赤い花に幻の水」)

Case3:常連の翻訳家・野枝、46歳独身。検査入院するため、飼い猫の面倒を見て欲しいと言われたことから本人の過去にかかわることになり……?(第三話「臆病な猫を抱く」)

Case4:いかにもお嬢様然とした女性、26歳の綾音。婚約者の元カノも参加するというパーティに友人として同行してほしいというが……?(第四話「仁義なき女子の歌」)

こちらが単行本の最新刊になります。


単行本は以上です。続いて文庫の新刊を見ていきましょう!



青木祐子の文庫本新刊情報

1.『これは経費で落ちません! 11 ~経理部の森若さん~』(2023/11/16発売)

文庫最新刊

集英社

<あらすじ>
結婚に向けて、本格的に動き始めた沙名子と太陽。

いまは東京と大阪で別々に暮らしているが、太陽の転勤任期は期限付きで二年か三年。結婚したら一緒に暮らすことになる。しかし一緒に生活をするとなると、決めなければならないことがあまりに多い。交際は順調な沙名子と太陽だったが、食い違うことも多く沙名子の不安は積み重なっていく。年始の休みを利用して、お互いの実家へと両親に挨拶に行くことになったのだが……?

仕事は続けるのか、家事はどう分担するか、婚約指輪や結婚指輪買うのか、結婚式は挙げるのか、どちらが名字を変えるのか、などなど。沙名子は結婚へと向けてタスク表をつくってひとつずつ処理していこうとするのだが……結婚準備は大変すぎる⁉

 

2.『派遣社員あすみの家計簿 other girls』(2023/8/4発売)

小学館

<あらすじ>
仁子はフリーの旅行プランナーだ。タイで働く安岡くんとは付かず離れずの関係を続けている。親友のあすみが結婚することになったが、実業家だという相手の野崎理空也に不信感を抱き、素性を調べることに。

菜々花は公務員の順也と結婚し、マンションを購入した。定年まで勤め上げてもらうため、夫の健康管理に余念がない。ゲストルームで念願の結婚披露パーティを開くが、早くも新婚生活には暗雲が!?

優奈は、大手企業に勤めながらパパ活をしている。美貌という武器をお金に換えないのはもったいない。しかし、仕事相手の広告代理店の男から「アプリで見かけた」と言われて……

美織は、料理人として雇われた飲食店で理空也と働き始める。なりゆきで美織の家に理空也が住むことになるが、「浪費家だった」という元彼女のあすみの存在が許せない。

ミルキーこと留希は、彼氏に殴られて家出中にSNSで出会った健太郎と結婚するが、すぐに家から逃げ出し、ネットカフェに泊まるように。名古屋へ行こうとする留希をあすみは祝い、三万円とバスのチケットを渡してくれる。

あすみを取り巻く女子たち5人それぞれの生き様を描く、大人気シリーズ初のスピンオフ!

 

3.『これは経費で落ちません! 10 ~経理部の森若さん~』(2022/12/20発売)

集英社

<あらすじ>
天天コーポレーションへの税務調査が始まった。

やってきた四人の調査官の対応は経理部の仕事のため、沙名子も気合いが入る。調査官たちは想像していたよりも穏健だが、抜け目のない印象。詳細の説明のために呼び出された社員が余計なことを喋りそうになるなど、想定外の事態もあるので緊張は解けない。社交性豊かな営業部員などは特に要注意だ。

大きな懸念は、吸収合併したトナカイ化粧品関連だ。合併前のものに関しては経理処理も修正納税も済んでいるはずだが、もしかしたら何か新事実が出てくるかもしれず…?

そして先日、沙名子が太陽に言われた「結婚しよう」という言葉。太陽も沙名子も、結婚というものをどう捉えるかに悩み、じれったいままに時間は過ぎていくが…?

 

4.『これは経費で落ちません! 9 ~経理部の森若さん~』(2022/3/18発売)

集英社

<あらすじ>
性別、年齢、派閥。社内は今日も面倒です。

トナカイ化粧品との合併以来、天天コーポレーション営業部は水面下での争いが絶えず、広報部は後進の育成で騒がしい。

経理部は新戦力の加入で、少しずつ人手不足が解消されつつある。そんな中、東北への出張申請をしに沙名子のもとへやって来たのは、山野内亜希、34歳。以前トナカイ化粧品営業部員だった亜希は、合併で天天営業部員になっても意欲旺盛で、成績トップを目指して精力的に仕事をこなし上司との交流にも積極的だ。

一方、沙名子は山崎から食事に誘われる。遠距離恋愛中の太陽とのことだと思い了承したけれど、山崎が切り出したのは社内の派閥のことで……?

30歳を目前にした沙名子は、性別、年齢、恋愛、派閥……さまざまなしがらみにどう向き合う?

 

5.『派遣社員あすみの家計簿 (3) 』(2022/2/4発売)

小学館

<あらすじ>
渋谷にある人気IT企業に派遣され、マーケティングセクションでSNSに記事を投稿することになったあすみ。

優秀な同僚に囲まれ、仕事のスピード感の速さに驚きながらも、持ち前の順応性で職場に馴染んでいく。3年勤めれば正社員に登用される可能性もあり、30歳を目前にして将来を考え始める。

そんな折、理空也からLINEが入る。「あすみちゃん 苦しいよ 助けて」――見捨てることができず、指定された古いマンションを訪れるあすみだが……!?

一方、ケンカ別れした豊加とは友人の結婚パーティで再会する。付き合っていた頃、無職だった豊加は小さな商社に正社員として就職したようだ。

フリーランスの仲間と事務所を立ち上げた仁子、結婚して専業主婦を目指す菜々花、愛人になって楽しく生きたいという優奈。アラサー女子たちがそれぞれの生き方を模索する中で、あすみが選ぶ人生とは。

働く女子のサバイバル小説、激動の第3弾!

 


文庫本の新刊情報は以上になります。



まとめ

それぞれおさらいします。

単行本新刊

  1. 『レンタルフレンド』(2021/5/26発売)

コンスタントに作品を発表している青木祐子さん。次作が楽しみですね。

それでは、良い読書体験を!

関連記事

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

「Kindle Unlimited」は、月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ふだんそのくらいの量の本を読んでいる方や、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

ABOUT ME
ノルン
現役小説家。エンタメ作品を中心に著作多数。他の作家さんの新刊情報をメインにお届けします。
こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。