MENU
新刊、新作情報

【2021年最新版】石田衣良の単行本・文庫の新刊・新作最新情報【新刊予定も】

石田衣良の単行本・文庫の新刊・新作最新情報【新刊予定も】

『池袋ウエストゲートパーク』シリーズで知られる石田衣良さん。ライトな語り口でありながら、重いテーマも見事にこなす直木賞作家。

そんな石田衣良さんの単行本と文庫の新刊情報をまとめました!

それぞれ最新刊から3冊を紹介しています。

※新刊予定については新刊情報が入り次第、単行本と文庫の「1.」に記載します

石田衣良の単行本新刊情報

1.『炎上フェニックス 池袋ウエストゲートパークXVII』(2021/9/8発売)

最新刊

文藝春秋

<あらすじ>
パパ活、ぶつかり男、デリバリーサービス、ネットリンチ……。

コロナ禍の池袋、社会の歪みが生んだ悪意にマコトとタカシが挑む。

単行本はこちらが最新刊です。

池袋ウエストゲートパークシリーズ最新刊です。

関連記事>小説「池袋ウエストゲートパーク」シリーズ最新作と読む順番、あらすじまとめ

2.『獣たちのコロシアム 池袋ウエストゲートパークXVI』(2020/9/3発売)

文藝春秋

<あらすじ>
人知れずネットの深奥で共有される陰惨な動画。

子どもたちを地獄から救うためマコトとタカシは、獣たちに怒りの鉄槌をくだす。

3.『清く貧しく美しく』(2019/12/18発売)

新潮社

<あらすじ>
この冷たい世界に怯みそうになっても、二人でいれば大丈夫。だけど、荒れ狂う嵐の夜は、ある日突然にやってくる。

30歳・ネット通販大手の倉庫で働く非正規のぼくと、スーパーでパートをする28歳の彼女。自分がいかにダメな人間か、いつも思い知らされている。

それでもぼくたち二人は、お互いをちゃんとほめあい、守り合って生きていこうと決めた。そんな日々がずっと続くと信じていた――。

恋愛小説の名手が描く、現代の切実な恋の行方。

 

単行本は以上です。続いて文庫の新刊を見ていきましょう!



石田衣良の文庫本新刊情報

1.『絶望スクール 池袋ウエストゲートパークXV』(2021/9/1発売)

文庫最新刊、短編集

文藝春秋

<あらすじ>
アジアからの留学生であふれる日本語学校。

バイトや住居も斡旋する学校は若者の夢を搾取するだけなのか?

悪徳スクールの闇を暴く!

2019刊行の単行本の文庫版です。

2.『うつくしい子ども』(2021/5/7発売)

文藝春秋

<あらすじ>
裏山で見つかった、9歳の少女の惨殺体。

”犯人”は、まだ13歳のぼくの弟だった。

絶望と痛みの先に、少年が辿りつく真実とは――。

1999年刊行の単行本の文庫新装版です。

3.『初めて彼を買った日』(2021/1/15発売)

短編集

講談社

<あらすじ>
大ヒットした『娼年』シリーズにつながる表題作ほか、フェチズムや倒錯、近親、童貞などなど、セックスにまつわる悩みや戸惑い、エクスタシーなど愉悦の世界を美しく楽しむ魅惑の短編集!

 



まとめ

それぞれおさらいします。

コンスタントに作品を発表し続ける石田衣良さん。新作が待ち遠しいですね!

関連記事

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

「Kindle Unlimited」は、月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ふだんそのくらいの量の本を読んでいる方や、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です