新刊、新作情報

【2022年最新版】石田衣良の単行本・文庫の新刊・新作最新情報【新刊予定も】

石田衣良の単行本・文庫の新刊・新作最新情報【新刊予定も】

『池袋ウエストゲートパーク』シリーズで知られる石田衣良さん。ライトな語り口でありながら、重いテーマも見事にこなす直木賞作家。

そんな石田衣良さんの単行本と文庫の新刊情報をまとめました!

それぞれ最新刊から3冊を紹介しています。

※新刊予定については新刊情報が入り次第、単行本と文庫の「1.」に記載します

石田衣良の単行本新刊情報

1.『禁猟区 』(2022/6/24発売)

最新刊

集英社

<あらすじ>
結婚して初めての彼は、10歳下の舞台俳優でした――。

34歳、ライターの文美子。夫との関係は冷え切り、娘はかわいいが保育園で問題行動を起こしていた。ある日、文美子はママ友から、女性がお金を出して若い男性を「狩る」という「お茶会」に誘われる。

乗り気でなかった文美子だが、そこで劇団俳優の夏生と出会い、彼の誠実さに惹かれていく。夫の愛人の来訪、半グレからの脅迫、変貌していくママ友。

様々な出来事が降りかかる中、ふたりの関係は引き返せないところまで来てしまい……。

単行本はこちらが最新刊です。

2.『心心 東京の星、上海の月』(2022/3/24発売)

KADOKAWA

<あらすじ>
一生をかけて、かなえたい夢がある。

専門学校に入学した石森陽児は、上海からやってきた少女・心心と出会い、声優を目指して特訓の日々を送る。

そんな中、心心を見張る謎の男から、彼女の正体は中国の巨大メーカーの社長令嬢と明かされ……。

 

3.『炎上フェニックス 池袋ウエストゲートパークXVII』(2021/9/8発売)

文藝春秋

<あらすじ>
パパ活、ぶつかり男、デリバリーサービス、ネットリンチ……。

コロナ禍の池袋、社会の歪みが生んだ悪意にマコトとタカシが挑む。

池袋ウエストゲートパークシリーズ最新刊です。

関連記事>小説「池袋ウエストゲートパーク」シリーズ最新作と読む順番、あらすじまとめ

単行本は以上です。続いて文庫の新刊を見ていきましょう!



石田衣良の文庫本新刊情報

1.『不死鳥少年: アンディ・タケシの東京大空襲』(2022/1/31発売)

文庫最新刊

毎日新聞出版

<あらすじ>
〈アンダイング=不死身〉とあだ名をつけられた日系2世の少年、時田武14歳。

母・君代と家族を率いて、炎そのものとなった街を駆ける。いま読まれるべき、3.10東京大空襲の物語。

2018刊行の単行本の文庫版です。

2.『絶望スクール 池袋ウエストゲートパークXV』(2021/9/1発売)

短編集

文藝春秋

<あらすじ>
アジアからの留学生であふれる日本語学校。

バイトや住居も斡旋する学校は若者の夢を搾取するだけなのか?

悪徳スクールの闇を暴く!

2019刊行の単行本の文庫版です。

3.『うつくしい子ども』(2021/5/7発売)

文藝春秋

<あらすじ>
裏山で見つかった、9歳の少女の惨殺体。

”犯人”は、まだ13歳のぼくの弟だった。

絶望と痛みの先に、少年が辿りつく真実とは――。

1999年刊行の単行本の文庫新装版です。



まとめ

それぞれおさらいします。

コンスタントに作品を発表し続ける石田衣良さん。新作が待ち遠しいですね!

関連記事

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

「Kindle Unlimited」は、月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ふだんそのくらいの量の本を読んでいる方や、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です