小説

【2020年最新版】道尾秀介の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

道尾秀介の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

2011年に『月と蟹』で第124回直木賞を受賞した道尾秀介さん。

そんな山本文緒さんの単行本と文庫の新刊情報をまとめました!

それぞれ最新刊から3冊を紹介しています。

※新刊予定については新刊情報が入り次第、単行本と文庫の「1.」に記載します

まずは一覧で紹介します。

単行本新刊

  1. 『カエルの小指 a murder of crows』(2019/10/25発売)
  2. 『いけない』(2019/7/10発売)
  3. 『スケルトン・キー』(2018/7/27発売)

文庫本新刊

  1. 『風神の手』(2021/1/7発売)
  2. 『満月の泥枕』(2020/8/6発売)
  3. 『スタフ staph』(2019/9/3発売)

それでは、簡単なあらすじを含めてそれぞれ見ていきましょう。

道尾秀介の単行本新刊情報

1.『カエルの小指 a murder of crows』(2019/10/25発売)

最新刊

講談社

<あらすじ>
詐欺師から足を洗い、口の上手さを武器に実演販売士として真っ当に生きる道を選んだ武沢竹夫。

しかし謎めいた中学生・キョウが「とんでもない依頼」とともに現れたことで彼の生活は一変する。シビアな現実に生きるキョウを目の当たりにした武沢は、ふたたびペテンの世界に戻ることを決意。

そしてかつての仲間―まひろ、やひろ、貫太郎らと再集結し、キョウを救うために「超人気テレビ番組」を巻き込んだド派手な大仕掛けを計画するが…。

単行本はこちらが最新刊になります。

2.『いけない』(2019/7/10発売)

短編集

文藝春秋

<あらすじ>
どの章にも、最後の1ページを捲ると物語ががらりと変貌するトリックが……!

ラストページの後に再読すると物語に隠された〝本当の真相〟が浮かび上がる超絶技巧。さらに終章「街の平和を信じてはいけない」を読み終えると、これまでの物語すべてがが絡み合い、さらなる〝真実〟に辿り着く大仕掛けが待ち受ける。

「ここ分かった!?」と読み終えたら感想戦したくなること必至の、体験型ミステリー小説。

3.『スケルトン・キー』(2018/7/27発売)

KADOKAWA

<あらすじ>
週刊誌記者のスクープ獲得の手伝いをしている僕、坂木錠也。この仕事を選んだのは、スリルのある環境に身を置いて心拍数を上げることで、自分の狂気を抑え込むことができるからだ。

最近は、まともな状態を保てている。でもある日、児童養護施設でともに育った仲間から電話がかかってきて、日常が変わりはじめた。

これまで必死に守ってきた平穏が、壊れてしまう―僕に近づいてはいけない。殺してしまうから。あなたは死んでしまうから。

単行本は以上です。続いて文庫の新刊を見ていきましょう!



道尾秀介の文庫本新刊情報

1.『風神の手』(2021/1/7発売)

文庫最新刊

朝日新聞出版

<あらすじ>
彼/彼女らの人生は重なり、つながる。隠された“因果律”の鍵を握るのは、一体誰なのか―章を追うごとに出来事の“意味”が反転しながら結ばれていく。

数十年にわたる歳月をミステリーに結晶化した長編小説。

2018年刊行作品の文庫版です。

2.『満月の泥枕』(2020/8/6発売)

光文社

<あらすじ>
姪の汐子と下町で暮らす凸貝二美男は、泥酔した公園で奇妙な光景を目撃する。白髪の老人、叫び声、水音、歩き去る男。

後日訪ねてきた謎の少年は、二美男が見たのは「自分の伯父が祖父を殺した」現場だと言う。遺体の捜索を依頼された二美男は、汐子や貧乏アパートの仲間と共にとんでもない事態に巻き込まれていく―。

人生に悩み迷う時、背中を押してくれる傑作長編。

2017年刊行作品の文庫版です。

3.『スタフ staph』(2019/9/3発売)

文藝春秋

<あらすじ>
移動デリを経営するバツイチでアラサーの夏都。借金を返しながら、海外赴任中の姉の息子・智弥を預かる生活はぎりぎりであった。

ある日突然、中学生アイドル・カグヤのファンたちに車ごとさらわれた夏都は、芸能界の闇に巻き込まれていく。

カグヤとファンの暴走に思われた事件は、思いもよらぬ結末を迎える。

2016年刊行作品の文庫版です。



まとめ

それぞれおさらいします。

単行本新刊

  1. 『カエルの小指 a murder of crows』(2019/10/25発売)
  2. 『いけない』(2019/7/10発売)
  3. 『スケルトン・キー』(2018/7/27発売)

文庫本新刊

  1. 『風神の手』(2021/1/7発売)
  2. 『満月の泥枕』(2020/8/6発売)
  3. 『スタフ staph』(2019/9/3発売)

比較的コンスタントに作品を発表している道尾秀介さん。新作が楽しみです。

それでは、良い読書体験を!

関連記事

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

「Kindle Unlimited」は、月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ふだんそのくらいの量の本を読んでいる方や、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です