小説

【2021年最新版】門井慶喜の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

門井慶喜の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

2018年、『銀河鉄道の父』で第158回直木賞を受賞した門井慶喜(かどい・よしのぶ)さん。

そんな門井慶喜さんの新刊情報をまとめました!

それぞれ最新刊から3冊を紹介しています。

※新刊予定については新刊情報が入り次第、「1.」に記載します

それでは、簡単なあらすじを含めてそれぞれ見ていきましょう。

門井慶喜の単行本新刊情報

1.『ロミオとジュリエットと三人の魔女』(2021/11/26発売)

最新刊

講談社

<あらすじ>
ロミオとジュリエットとフォルスタッフとイアーゴーとヴァイオラとシャイロック……さらにはシェイクスピアまでが一堂に会して、どたばたを繰り広げる。

あの世界的名作群の誕生秘話が、今明かされる!?

こちらが単行本の最新刊になります。

2.『東京の謎(ミステリー) この街をつくった先駆者たち』(2021/9/17発売)

新書

文藝春秋

<あらすじ>
『家康、江戸を建てる』『東京、はじまる』など、江戸・東京に深い造詣をみせる筆者が、東京の21の地域について過去と現在とを結び、東京の「謎」を解き明かす。

回ごとに東京と町を築き上げてきた巨人たちとの交差が描き出されます。

小説ではありません。

3.『地中の星』(2021/8/26発売)

新潮社

<あらすじ>
東京に地下鉄を作りたい――。

資金も経験もゼロから渋沢栄一を口説き、東洋初の地下鉄を誕生させた早川徳次と技術者たちの熱き物語。

単行本は以上です。続いて文庫の新刊を見ていきましょう!



門井慶喜の文庫本新刊情報

1.『新選組の料理人』(2021/2/9発売)

文庫最新刊

光文社

<あらすじ>
戦に焼けた京の町で炊き出しをすることになった新選組、料理ができる者がいない。

滅法まずいその粥に文句をつけた菅沼鉢四郎は、原田左之助の命により剣を握らぬ「賄方」として新選組に入隊することに。

菅沼は数々の難題に直面しながら、隊士の暮らしや愛憎、組織の矛盾を間近で目にしていく。

「まかない専門」隊士が炊事場から見た、新選組の暮らし、嫉妬、家族愛とは。
食べ、生き、戦い、やがて歴史の波間に消える新選組を新視点から描く。

2018年の単行本の文庫版です。

2.『銀河鉄道の父』(2020/4/15発売)

講談社

<あらすじ>
政次郎の長男・賢治は、適当な理由をつけては金の無心をするような困った息子。

政次郎は厳格な父親であろうと努めるも、賢治のためなら、とつい甘やかしてしまう。やがて妹の病気を機に、賢治は筆を執るも――。

天才・宮沢賢治の生涯を父の視線を通して活写する、究極の親子愛を描いた傑作。

2017年の単行本の文庫版です。

第一五八回直木賞受賞作品です。

3.『ゆけ、おりょう』(2019/8/6発売)

文藝春秋

<あらすじ>
坂本龍馬と祝言を挙げるも、大酒を呑んで勝海舟に毒舌を吐く「妻らしからぬ」おりょう。

龍馬の周囲からは離縁を迫られるが、寺田屋事件で活躍して名を上げる。夫婦は仲睦まじく薩摩へ、軍艦に乗って長崎へ。

龍馬亡きあと、おりょうが選びとった意外な後半生とは―激動の世に自立した魂が輝く!爽快長編小説。

2016年の単行本の文庫版です。



まとめ

それぞれおさらいします。

文庫本新刊

  1. 『新選組の料理人』(2021/2/9発売)
  2. 『銀河鉄道の父』(2020/4/15発売)
  3. 『ゆけ、おりょう』(2019/8/6発売)

コンスタントに作品を発表している門井慶喜さん。次作が楽しみですね。

それでは、良い読書体験を!

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

「Kindle Unlimited」は、月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ふだんそのくらいの量の本を読んでいる方や、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です