小説

若竹七海「御子柴くんシリーズ」の最新刊と読む順番、あらすじまとめ

若竹七海「御子柴くんシリーズ」の最新刊と読む順番、あらすじまとめ

若竹七海さんの「御子柴くんシリーズ」は長野県警から警視庁へ出向中の御子柴刑事が奮闘する人気シリーズ。

そんな若竹七海さんの「御子柴くんシリーズ」の読む順番を紹介いたします!

若竹七海「御子柴くんシリーズ」の読む順番

現在2作が中央公論新社から刊行されています。

一覧は以下になります。

それでは、あらすじも含めて順番に見ていきましょう。

1.『御子柴くんの甘味と捜査』(2014年)

短編集

<あらすじ>
長野県警から警視庁捜査共助課へ出向した御子柴刑事。甘党の上司や同僚からなにかしらスイーツを要求されるが、日々起こる事件は、ビターなものばかり。

上田市の山中で不審死体が発見されると身元を探り(「哀愁のくるみ餅事件」)、軽井沢の教会で逃亡犯を待ち受ける(「不審なプリン事件」)。

『プレゼント』に登場した御子柴くんが主役の、文庫オリジナル短篇集。

こちらが第1作目。

スイーツとからめた捜査は独自の雰囲気ばっちり。甘い物とライトミステリーがお好きな方にぜひ。

2.『御子柴くんと遠距離バディ』(2017年)

短編集

<あらすじ>
長野県警から警視庁へ出向中の御子柴刑事。すっかり東京のペースにも慣れ、刑事としても中堅どころになり、わりあい平穏な日々を送っていた。

だが、その油断がたたったのか、年末押し迫ってから行く先々で事件にぶちあたり、さらには凶刃に倒れてしまう!

相棒の竹花刑事は御子柴の死を覚悟するが……。シリーズ第二弾は波瀾の幕開け。

2作目。

今作はちょっとビターな展開。前作とはまた違ったテイストのストーリーが楽しめます。

 



まとめ

それではおさらいします。

若竹七海「御子柴くんシリーズ」の読む順番は以上のようになります。

そろそろ新作を期待したいですね。

それでは、良い読書体験を!

関連記事

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

Kindle Unlimitedは月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です