小説の新刊、新作情報(作家別) PR

【2024年最新版】金原ひとみの単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

金原ひとみの単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】


■7月11日(金)0時から7月15日(月)23時59分までAmazonプライムデー先行セールが開催中。以下エントリーをお忘れなく。

最大15%ポイントアップキャンペーン

2004年に「蛇にピアス」で芥川賞を受賞した金原ひとみ(かねはら・ひとみ)さん。

そんな金原ひとみさんの単行本と文庫の新刊情報をまとめました!

それぞれ最新刊から最大5冊を紹介しています。

※新刊予定については新刊情報が入り次第、単行本と文庫の「1.」に記載します

それでは、簡単なあらすじを含めてそれぞれ見ていきましょう。

金原ひとみの単行本新刊情報

1.『ハジケテマザレ』(2023/10/5発売)

最新刊

講談社

<あらすじ>
コロナで派遣切りにあった「私」は食い繋ぐためにイタリアンレストラン「フェスティヴィタ」に辿りつく。

ベテランのマナルイコンビ、超コミュニカティブでパーリ―ピーポーのヤクモ、大概の欠点ならチャラになるくらいかわいいメイちゃん、カレーとDJに目覚めたフランス人のブリュノ、ちょっとうさんくさい岡本くん……バイト仲間との愉快で切実な日々を描いた作品集。

「ウルトラノーマル」なわたしが「ハジケテマザル」、最高のバイト小説!

単行本はこちらが最新刊になります。

2.『腹を空かせた勇者ども』(2023/6/14発売)

河出書房新社

<あらすじ>
私ら人生で一番エネルギー要る時期なのに。

ハードモードな日常ちょっとえぐすぎん?ーー陽キャ中学生レナレナが、「公然不倫」中の母と共に未来をひらく、知恵と勇気の爽快青春長篇。

 

3.『デクリネゾン』(2022/8/26発売)

ホーム社

<あらすじ>
二度の離婚を経て、中学生の娘である理子と二人で暮らすシングルマザーの小説家、志絵。最近付き合い始めた大学生の蒼葉と一緒に暮らしたいと娘に告げるがーー。

恋愛する母たちの孤独と不安と欲望が、周囲の人々を巻き込んでいく。

 

4.『ミーツ・ザ・ワールド』(2022/1/4発売)

集英社

<あらすじ>
焼肉擬人化漫画をこよなく愛する腐女子の由嘉里。

人生二度目の合コン帰り、酔い潰れていた夜の新宿歌舞伎町で、美しいキャバ嬢・ライと出会う。「私はこの世界から消えなきゃいけない」と語るライ。

彼女と一緒に暮らすことになり、由嘉里の世界の新たな扉が開く――。

 

5.『アンソーシャル ディスタンス』(2021/5/26発売)

短編集

新潮社

<あらすじ>
コロナ禍の世界を逃れ心中の旅に出る若い男女を描く表題作や、臨界状態の魂が暴発する「ストロングゼロ」など、返り血を浴びる作品集

 


単行本は以上です。続いて文庫の新刊を見ていきましょう!



金原ひとみの文庫本新刊情報

1.『パリの砂漠、東京の蜃気楼』(2023/4/20発売)

文庫最新刊

集英社

<あらすじ>
一歳と四歳の娘と始めたパリでの母子生活。近づく死の影から逃れるための突然の帰国。夫との断絶の中、フェスと仕事に追われる東京の混迷する日々……。

生きることの孤独と苦悩を綴った著者初のエッセイ集。

2020年の単行本の文庫版です。

2.『fishy』(2023/1/10発売)

朝日新聞出版

<あらすじ>
生きづらさを抱えながらも“いま”を愉しむ女たち 不倫の代償、夫の裏切り、虚ろな生活―― あらゆる幻想を塗り替える女性をめぐる本当の関係 結婚したばかりの男に思いを寄せる作家志望の美玖。

編集者の弓子は不倫する夫を監視しながら自尊心を守ることに必死だ。インテリアデザイナーのユリは仕事も家庭も充実しているように見えるが、本当の生活が見通せない。女たちの新たなつながりを描く物語。

2020年の単行本の文庫版です。

3.『アタラクシア』( 2022/5/20発売)

集英社

<あらすじ>
望んで結婚したのに、どうしてこんなに苦しいのだろう――。

最も幸せな瞬間を、夫とは別の男と過ごしている翻訳者の由依。恋人の夫の存在を意識しながら、彼女と会い続けているシェフの瑛人。浮気で帰らない夫に、文句ばかりの母親に、反抗的な息子に、限界まで苛立っているパティシエの英美。

妻に強く惹かれながら、何をしたら彼女が幸せになるのかずっと分からない作家の桂……。

「私はモラルから引き起こされる愛情なんて欲しくない」
「男はじたばた浮気するけど、女は息するように浮気するだろ」
「誰かに猛烈に愛されたい。殺されるくらい愛されたい」

ままならない結婚生活に救いを求めてもがく男女を、圧倒的な熱量で描き切る。芥川賞から15年。金原ひとみの新たなる代表作、誕生。

2019年の単行本の文庫版です。

4.『クラウドガール』(2020/2/7発売)

朝日新聞出版

<あらすじ>
妹にしか分かりえない、濃密な共感と狂おしいほどの反感――。

刹那にリアルを感じる美しい妹・杏と、規律正しく行動する聡明で堅実な姉の理有。二人が「共有」する家族をめぐる「秘密」とは。

スピード感と才気あふれる筆致がもたらす衝撃のラスト!

2017年の単行本の文庫版です。


文庫本の新刊情報は以上になります。



まとめ

それぞれおさらいします。

文庫本新刊

  1. 『パリの砂漠、東京の蜃気楼』(2023/4/20発売)
  2. 『fishy』(2023/1/10発売)
  3. 『アタラクシア』( 2022/5/20発売)
  4. 『クラウドガール』(2020/2/7発売)

コンスタントに作品を発表している金原ひとみさん。次作が楽しみですね。

それでは、良い読書体験を!

関連記事

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

「Kindle Unlimited」は、月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ふだんそのくらいの量の本を読んでいる方や、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

ABOUT ME
ノルン
現役小説家。エンタメ作品を中心に著作多数。他の作家さんの新刊情報をメインにお届けします。
こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。