小説

【2021年最新版】宮城谷昌光の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

宮城谷昌光の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

1991年、『夏姫春秋』で第105回直木賞を受賞した宮城谷昌光さん。古代中国を舞台にした作品を得意とし、長年活躍されています。

そんな宮城谷昌光さんの単行本と文庫の新刊情報をまとめました!

それぞれ最新刊から3冊を紹介しています。

※新刊予定については新刊情報が入り次第、単行本と文庫の「1.」に記載します

それでは、簡単なあらすじを含めてそれぞれ見ていきましょう。

宮城谷昌光の単行本新刊情報

1.『孔丘』(2020/10/8発売)

最新刊

文藝春秋

<あらすじ>
「論語」に描かれる神格化された姿ではなく、不運や失意にも苛まれた男の波瀾万丈を書いた大河小説。

構想三十年にして最高傑作誕生!

単行本はこちらが最新刊になります。

2.『呉越春秋 湖底の城 第九巻』(2018/9/28発売)

講談社

<あらすじ>
呉越の最終決戦がついに始まる――。

それは呉の巨人・伍子胥と、越の天才・范蠡の知の対決でもあった。

10年に及ぶ連載が遂に完結。

3.『三国志名臣列伝 後漢篇』(2018/2/15発売)

文藝春秋

<あらすじ>
孝心(親孝行)を奨励した後漢末期、名臣が輩出した。

皇帝の外戚の何進、劉備の師となる盧植、曹操に重用された荀彧ら七人を描く。

すでに文庫版が発売されています(下記参照)。

単行本は以上です。続いて文庫の新刊を見ていきましょう!



宮城谷昌光の文庫本新刊情報

1.『新装版 奇貨居くべし(三)黄河(2020/12/23発売)

文庫最新刊

中央公論新社

<あらすじ>
孟嘗君亡きあと、謀略に落ちた慈光苑の人々を助け、新しい一歩を踏み出す呂不韋。

一商人から宰相にのぼりつめた政商の激動の生涯を描く大作、第三巻。

1999年刊行作品の文庫新装版です。

2.『三国志名臣列伝 後漢篇』(2020/12/8発売)

文藝春秋

<あらすじ>
後漢という時代は、ひとの美質のなかで、「孝心(親孝行)」を至上とした。能力よりも徳を重視し、頭脳よりも心を尊重する国家がつくられた。

184年に始まった「黄巾の乱」により、王朝の礎が揺らぐ中、後漢の理想を体現する名臣たちが輩出する。

大将軍の何進、劉備の師である盧植、曹操を支えた荀彧など7人を描く、宮城谷昌光の「三国志」シリーズ。

2018年刊行作品の文庫版です。

3.『新装版 奇貨居くべし(二)火雲篇』(2020/11/25発売)

中央公論新社

<あらすじ>
趙王が得た宝玉「和氏の璧」を、藺相如とともに、大国・秦の手から守り抜いた呂不韋。しかし、その後、病に倒れ、捕らわれて秦の輜重兵として各地を転戦することになったが……。

連衡が結ばれては破れゆく乱世に翻弄されながらも、荀子、孟嘗君ら英俊の薫陶を受けて、大きく成長してゆく青年・呂不韋を描く。

1998年刊行作品の文庫新装版です。



まとめ

それぞれおさらいします。

単行本新刊

  1. 『孔丘』(2020/10/8発売)
  2. 『呉越春秋 湖底の城 第九巻』(2018/9/28発売)
  3. 『三国志名臣列伝 後漢篇』(2018/2/15発売)

コンスタントに作品を発表している宮城谷昌光さん。新作が楽しみです。

それでは、良い読書体験を!

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

「Kindle Unlimited」は、月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ふだんそのくらいの量の本を読んでいる方や、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です