小説

【2020年最新版】長岡弘樹の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

長岡弘樹の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

『教場』で新しい形の警察小説を確立した長岡弘樹さん。

そんな長岡弘樹さんの単行本と文庫の新刊情報をまとめました!

それぞれ最新刊から3冊を紹介しています。

※新刊予定については新刊情報が入り次第、単行本と文庫の「1.」に記載します

長岡弘樹の単行本新刊情報

1.『つながりません スクリプター事件File』(2020/6/15発売)

最新刊、短編集

角川春樹事務所

<あらすじ>
スクリプターとは―映画の制作現場において、撮影シーンの様子や内容、物語の繋ぎなどを管理する役目である。

記録とも呼ばれる。「つながりません」その一言が、事件を解決に導いていく―。

『教場』の著者・長岡弘樹が贈る珠玉の連作短編。映画業界騒然! スクリプター事件簿の登場!

単行本はこちらが最新刊になります。

2.『緋色の残響』(2020/3/18発売)

短編集

双葉社

<あらすじ>
刑事であった夫が殉職後、強行犯係の刑事として、また一人娘の母親として日々を過ごす羽角啓子。中学生の娘・菜月の将来の夢は、新聞記者になることだ。

菜月もかつて通っていたピアノ教室で、生徒がレッスンの休憩中に急死した。死因は食物アレルギー。不慮の事故と思われたが、犯人の存在が浮上する。

菜月のある行動が導いた真実だった―。

表題作「緋色の残響」、『推理小説年鑑ザ・ベストミステリーズ2019』に選出!

3.『風間教場』(2019/12/18発売)

小学館

<あらすじ>
必要な人材を育てる前に、不要な人材をはじき出すための篩。それが、警察学校だ。

警察学校第百二期短期課程の教官を務める風間公親は、警官の資質なしと見なした生徒には、容赦なく退校を命じる鬼として知られていた。

その風間に校長の久光が命じたのは、「退校者ゼロ」の模範教場を作ることだった。妊娠する女生徒も現れるなか、風間はミッションをクリアできるのか!?

人気の「教場」シリーズ最新作です。

関連記事>長岡弘樹「教場シリーズ」の最新刊と読む順番、あらすじまとめ【鬼教官】

単行本は以上です。続いて文庫の新刊を見ていきましょう!



長岡弘樹の文庫本新刊情報

1.『教場0 刑事指導官・風間公親』(2019/11/6発売)

文庫最新刊、短編集

小学館

<あらすじ>
T県警では、各署に所属するキャリア三か月の刑事の中から一名が選ばれ、定期的に本部に送られる。「風間道場」と呼ばれる刑事育成システムだ。

待ちうけるのは指導官・風間公親によるマンツーマン指導。殺人事件の現場を風間とともに捜査しながら、三か月間みっちり指導を受ける。卒業生はエース級の刑事として活躍しているが、

見込みがなければ交番勤務に戻されると噂される。後のない新米刑事たちは、背水の陣で事件に臨む!

2017年刊行作品の文庫版です。

関連記事>長岡弘樹「教場シリーズ」の最新刊と読む順番、あらすじまとめ【鬼教官】

2.『時が見下ろす町(2019/10/11発売)

短編集

祥伝社

<あらすじ>
ドラッグストアでアルバイトをする新井智久は、斜向かいの喫茶店で働く七波杏子と交際中。

仕事終わりにその喫茶店に寄ると、先ほど自分の店で買い物した男が、レジから四千円を盗んで逃走。なぜか杏子はその後、智久に自分の苗字を名乗ってほしいと頼み…。(「撫子の予言」より)

『時世堂百貨店』の周りで起こる少し不思議な事件。巧妙に張られた伏線がもたらす、驚きのラストとは?

変わりゆく町を舞台にした、心温まるミステリー集。

2016年刊行作品の文庫版です。

3.『血縁』(2019/9/20発売)

短編集

集英社

<あらすじ>
コンビニの店員が男にナイフを突きつけられるなか、電話の音が響いた。『でていいか』店長が差し出したメモを見ても、男はなぜか何も答えなかった―(「文字盤」)。

自首という言葉を聞くと、あの出来事が芹沢の頭をよぎる。刑務官が押さなければならない3つのボタン―(「ラストストロー」)。など全7編。

家族とは、いったい何か?短編ミステリーの名手が放つ、情感豊かな犯罪小説集。

2017年刊行の単行本の文庫版です。



まとめ

それぞれおさらいします。

単行本新刊

  1. 『つながりません スクリプター事件File』(2020/6/15発売)
  2. 『緋色の残響』(2020/3/18発売)
  3. 『風間教場』(2019/12/18発売)

文庫本新刊

  1. 『教場0 刑事指導官・風間公親』(2019/11/6発売)
  2. 『時が見下ろす町』(2019/10/11発売)
  3. 『血縁』(2019/9/20発売)

コンスタントに単行本を発表している長岡弘樹さん。今後の作品も楽しみです。

それでは、良い読書体験を!

関連記事

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

「Kindle Unlimited」は、月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ふだんそのくらいの量の本を読んでいる方や、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です