小説の新刊、新作情報(作家別) PR

【2024年最新版】筒井康隆の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】


■Amazonでは2024年6月21日(金)9時から6月24日(月)23時59分までファッション×夏先取りタイムセール祭りを開催。以下エントリーをお忘れなく。

最大10%ポイントアップキャンペーン

[toc]

『時をかける少女』等、SFを中心とした大小説家・筒井康隆さん。

そんな筒井康隆さんの単行本と文庫の新刊情報をまとめました!

それぞれ最新刊から最大5冊を紹介しています。

※新刊予定については新刊情報が入り次第、単行本と文庫の「1.」に記載します

それでは、簡単なあらすじを含めてそれぞれ見ていきましょう。

筒井康隆の単行本新刊情報

1.『笑犬楼vs.偽伯爵』(2022/12/21発売)

最新刊、往復書簡集

新潮社

<あらすじ>
「宿命」の顔合せ、ついに実現!
同世代の巨人ふたりが胸襟を開いた豪奢極まる対話と往復書簡集、いよいよ刊行。

昭和9年生まれの作家と昭和11年生まれの批評家が遂に出会って交わした魅惑の対話、無類の相互批評、そして芳醇絶佳な往復書簡。話柄は大江健三郎の凄味、戦前の豊かさ、文学的な悪意から、嫌=民主主義や映画、猥歌、喫煙、そして一人息子の死まで。

蓮實重彦、書下ろし『時をかける少女』論収録! 抜群の不良老人コンビが深く共鳴し合った、令和日本に過ぎたる名著誕生。

単行本はこちらが最新刊になります。

蓮實重彦さんとの往復書簡集です。

2.『残像に口紅を 復刻版』(2022/7/20発売)

中央公論新社

<あらすじ>
SNSで取り上げられ、令和になってリバイバルヒットした伝説の作品を、刊行当時大きな話題を呼んだ「袋とじ」ごと復刻!

「あ」が使えなくなると、「愛」も「あなた」も消えてしまった。世界からひとつ、またひとつと、ことばが消えてゆく。愛するものを失うことは、とても哀しい……。

言葉が消滅するなかで、執筆し、飲食し、講演し、交情する小説家を描き、その後の著者自身の断筆状況を予感させる、究極の実験的長篇小説。

 

3.『活劇映画と家族』(2021/7/14発売)

新書

講談社

<あらすじ>
巨匠・筒井康隆が書き下ろす『活劇映画と家族』は文化と人間性を考察する意欲作である。

筒井氏が長い時間をかけて見続けてきた活劇映画には、ロマンと家族愛とアクションが織り込まれ、究極の娯楽であり、また人間模様が明確に打ち出されていると氏は断言する。

本書は新書の枠を超えて、混乱の第2次世界大戦前夜から復興の時を迎えた映画全盛期につくり出された活劇映画の魅力と溢れるヒューマニティを痛快に描きつくす氏の集大成となる作品である。

 


単行本は以上です。続いて文庫の新刊を見ていきましょう!



筒井康隆の文庫本新刊情報

1.『モナドの領域』(2022/12/23発売)

文庫最新刊

新潮社

<あらすじ>
河川敷で若い女性の腕が発見された。ほどなく近隣のベーカリーでアルバイトの美大生が精巧な腕形のバゲットを作り、店の常連の美大教授が新聞のコラムで取り上げ、評判を呼ぶ。次に教授は公園で人を集め、その全知全能を示し始める。

自らを神の上の「無限の存在である創造主」だという教授の真意とは。そして、バラバラ殺人の真相は?

天才筒井康隆がその叡智の限りを注ぎ込んだ歴史的傑作。

2015年刊行作品の文庫版です。

2.『馬の首風雲録』(2022/10/7発売)

徳間書店

<あらすじ>
地球を遠く離れた暗黒星雲で発見された犬似の知的生物──サチャ・ビ族。

人類の影響で急激な文明進歩を遂げた彼らは、人類の悪癖・戦争にも感化され、お互いに戦争を始めてしまった。兵隊相手の雑貨商「戦争婆さん」と四人の息子たちも、それぞれの思惑で戦乱に巻き込まれていく。

戦場の滑稽と悲惨を黒い笑いでまとめ上げた筒井文学最初期の重要作。

1977年刊行作品の文庫新装版です。

3.『誰にもわかるハイデガー』(2022/3/5発売)

河出書房新社

<あらすじ>
死を恐れつつも死について知りたい我々のために、あの唯野教授による世界一わかりやすい講義が一度かぎりよみがえる。

読まずに死ねない名著『存在と時間』超入門。これが教授の遺言だ!

2018年刊行作品の文庫版です。

 



まとめ

それぞれおさらいします。

単行本新刊

  1. 『笑犬楼vs.偽伯爵』(2022/12/21発売)
  2. 『残像に口紅を 復刻版』(2022/7/20発売)
  3. 『活劇映画と家族』(2021/7/14発売)

文庫本新刊

  1. 『モナドの領域』(2022/12/23発売)
  2. 『馬の首風雲録』(2022/10/7発売)
  3. 『誰にもわかるハイデガー』(2022/3/5発売)

齢85を超えても精力的に活動している筒井康隆さん。新作小説が楽しみですね。

それでは、良い読書体験を!

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

「Kindle Unlimited」は、月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ふだんそのくらいの量の本を読んでいる方や、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

ABOUT ME
ノルン
現役小説家。エンタメ作品を中心に著作多数。他の作家さんの新刊情報をメインにお届けします。
こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。