小説

【2021年最新版】澤田瞳子の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

澤田瞳子の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

2010年、『孤鷹の天』でデビューした澤田瞳子(さわだ・とうこ)ん。何度も直木賞の候補に挙がり、2021年に『星落ちて、なお』で第165回直木賞を受賞しました。

そんな澤田瞳子さんの新刊情報をまとめました!

それぞれ最新刊から3冊を紹介しています。

※新刊予定については新刊情報が入り次第、「1.」に記載します

それでは、簡単なあらすじを含めてそれぞれ見ていきましょう。

澤田瞳子の単行本新刊情報

1.『輝山』(2021/9/30発売)

最新刊

徳間書店

<あらすじ>
代官・岩田鍬三郎の身辺を探るため、江戸から石見国大森銀山にやって来た金吾。代官所で中間として働き始めるが、そこで待っていたのは銀山を支えるため懸命に生きる人々との出会い。

命の危険にさらされながら間歩の中で鉱石を採掘する掘子、重い荷を運び母と妹を養う少年、世を憎み、酒浸りの日々を送る僧侶。そして彼らを慈悲深く見守る岩田鍬三郎……。

さまざまな思いに触れ、金吾はいつしか彼らに魅せられていく。

こちらが単行本の最新刊になります。

2.『星落ちて、なお』(2021/5/12発売)

文藝春秋

<あらすじ>
不世出の絵師、河鍋暁斎が死んだ。残された娘のとよ(暁翠)に対し、腹違いの兄・周三郎は事あるごとに難癖をつけてくる。早くから養子に出されたことを逆恨みしているのかもしれない。

暁斎の死によって、これまで河鍋家の中で辛うじて保たれていた均衡が崩れた。兄はもとより、弟の記六は根無し草のような生活にどっぷりつかり頼りなく、妹のきくは病弱で長くは生きられそうもない。

河鍋一門の行末はとよの双肩にかかっっているのだった――。

第165回直木賞受賞作です。

3.『駆け入りの寺』(2020/4/27発売)

短編集

文藝春秋

<あらすじ>
比叡山のふもとに建つ豪奢な比丘尼御所。二人の皇女を中心に公家文化が息づくこの寺に、それぞれの苦しみを抱えて逃げてくる者たちがいた。

古い友人から借金をして逃げた老女。非の打ちどころのない縁談から逃げる若者。妻子を捨てて出奔した武士。幼子を寺の前に捨てる老夫婦。

「僧尼とは古来、いたいたしい者を助け、手を差し伸べるが勤め」

心があたたかくほどける連作短編集。

単行本は以上です。続いて文庫の新刊を見ていきましょう!



澤田瞳子の文庫本新刊情報

1.『龍華記』(2021/9/18発売)

文庫最新刊

KADOKAWA

<あらすじ>
高貴な出自ながら、悪僧(僧兵)として南都興福寺に身を置く範長は、都からやってくるという国検非違使別当らに危惧を抱いていた。

検非違使を阻止せんと、範長は般若坂に向かうが──。

著者渾身の歴史長篇。

2018年の単行本の文庫化作品です。

2.『火定』(2020/11/6発売)

PHP研究所

<あらすじ>
藤原氏が設立した施薬院の仕事に、嫌気が差していた若き官人・蜂田名代だったが、高熱が続いた後、突如熱が下がる不思議な病が次々と発生。

それこそが、都を阿鼻叫喚の事態へと陥らせる“疫神(天然痘)”の前兆であった。我が身を顧みず、治療に当たる医師たち。しかし混乱に乗じて、お札を民に売りつける者も現われて…。

第一五八回直木賞にもノミネートされた、「天平のパンデミック」を舞台に人間の業を描き切った傑作長編。直木賞&吉川英治文学新人賞ダブルノミネート作品。

2017年の単行本の文庫化作品です。

第158回直木賞候補作です。

3.『腐れ梅』(2020/10/21発売)

集英社

<あらすじ>
平安京。美貌の綾児は、色を売る似非巫女。突然、同業の阿鳥から、四十年以上前に左遷先で死んだ菅原道真の霊を祀る社を作ろうと誘われる。

都の怪異を菅公の怨霊の祟りと恐れる公卿達から、寄進を得ようというのだ。半信半疑の綾児が、道真の憑座を務め始めると、孫を名乗る貴族が現れて…。

世の中への怒りと漲る愛欲を活力として邁進する女と、都人の覇権の行方を描く圧巻のピカレスク歴史小説。

2017年の単行本の文庫化作品です。



まとめ

それぞれおさらいします。

単行本新刊

  1. 『輝山』(2021/9/30発売)
  2. 『星落ちて、なお』(2021/5/12発売)
  3. 『駆け入りの寺』(2020/4/27発売)

文庫本新刊

  1. 『龍華記』(2021/9/18発売)
  2. 『火定』(2020/11/6発売)
  3. 『腐れ梅』(2020/10/21発売)

コンスタントに作品を発表している澤田瞳子さん。次作が楽しみですね。

それでは、良い読書体験を!

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

「Kindle Unlimited」は、月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ふだんそのくらいの量の本を読んでいる方や、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です