小説の新刊、新作情報(作家別) PR

【2024年最新版】北村薫の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

北村薫の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】


■7月11日(金)0時から7月15日(月)23時59分までAmazonプライムデー先行セールが開催中。以下エントリーをお忘れなく。

最大15%ポイントアップキャンペーン

1989年『空飛ぶ馬』でデビューした北村薫さんは、「日常の謎」を扱う短編ミステリーの旗手として、その後も精力的に作品を発表しています。

そんな北村薫さんの単行本と文庫の新刊情報をまとめました!

それぞれ最新刊から最大5冊を紹介しています。

※新刊予定については新刊情報が入り次第、単行本と文庫の「1.」に記載します

北村薫の単行本新刊情報

1.『不思議な時計 本の小説』(2024/3/27発売)

最新刊、短編集

新潮社

<あらすじ>
記憶の森を探り行き、本との出会いを綴る。深まる謎を追い、魅惑の創作世界へ――

映画、詩歌、演劇、父との思い出。萩原朔太郎『猫町』とジャン・コクトー、江戸川乱歩「パノラマ島奇談」と美術館のパノラマ。

塚本邦雄生誕百年、シェークスピア劇での松たか子、大竹しのぶの慧眼……はるかな異界へ連れ出される9篇。

こちらが単行本の最新刊です。

2.『神様のお父さん』(2023/11/25発売)

エッセイ

本の雑誌社

<あらすじ>
古今の小説や随筆、評論に歌集、歌舞伎、落語、映画まで、本の達人・北村薫がふと気になった一節から自由に連想をひろげてゆく、驚きと楽しさが詰まった極上の読書エッセイ。

 

3.『水 本の小説』(2022/11/30発売)

短編集

新潮社

<あらすじ>
懐かしくて新しい物語の言葉が、映像や詩や短歌、歌のことばに結び合わされて光を放ち、豊かに輝き出す。

向田邦子、隆慶一郎、山川静夫、遠藤周作、小林信彦、橋本治、庄野潤三、岸田今日子、エラリー・クイーン、芥川龍之介……思いがけなく繋がっていく面白さ。

本の達人ならではの探索と発見が胸を打つ〈本の私小説〉。

 

4.『『中野のお父さんの快刀乱麻』』(2021/11/10発売)

短編集

新文藝春秋

<あらすじ>
父と娘の“名探偵コンビ” 好評シリーズ最新刊!

出版界で起きる「日常の謎」に挑むのは、体育会系文芸編集者の田川美希と、抜群の知的推理力を誇る高校教師の父親――。

実家の掘り炬燵で繰り広げられる父娘の会話から、大岡昇平、古今亭志ん生、小津安二郎、菊池寛ら各界のレジェンドをめぐる「謎」を解き明かす……人気シリーズ第3弾。

 

5.『雪月花: 謎解き私小説』(2020/8/27発売)

新潮社

<あらすじ>
乱歩に三島、芥川……本を読んではスパークする作家魂。

花野を歩く心地にてさらなる謎を探り行く――時空をめぐる、初の私小説。

文庫版が発売です(下記参照)。


単行本は以上です。続いて文庫の新刊を見ていきましょう!



北村薫の文庫本新刊情報

1.『遠い唇 北村薫自選 日常の謎作品集』(2023/9/22発売)

文庫最新刊

KADOKAWA

<あらすじ>
コーヒーの香りで思い出す学生時代。今は亡き、姉のように慕っていた先輩から届いた葉書には、謎めいたアルファベットの羅列があった。(「遠い唇」)

『吾輩は猫である』『走れメロス』……宇宙人カルロロンたちが、地球の名著と人間の不思議を解く?(「解釈」)

など、2019年に刊行した全7篇に、「遠い唇」の主人公・寺脇と、『飲めば都』にも登場する女性編集者・瀬戸口まりえが出会う場面を描いた「振り仰ぐ観音図」、そして二人が再会し、句を介して関係が始まっていく様子を描いた「わらいかわせみに話すなよ」の計2篇を加え、ここに完全版として刊行!

本書は、2019年11月に小社より刊行された文庫に「振り仰ぐ観音図」(新潮文庫『もう一杯、飲む?』2021年6月刊収録)、「わらいかわせみに話すなよ」(「小説 野性時代」2021年9月号収録)を加え、サブタイトルを付したものです。

 

2.『雪月花』(2023/1/30発売)

新潮社

<あらすじ>
〝謎〟を解決する手がかりを求め、本から本へ、物語は無限に広がっていく――。

言葉をめぐり本を旅する、この愛おしくも豊かな時間。名作にはこんなにも尽きせぬ謎があったとは!

ホームズの相棒ワトソンの〝知られざるミドルネーム〟、ある〝覆面作家〟のペンネー ムに隠された驚きの秘密、芥川龍之介が掌編小説「カルメン」で事実とは異なる光景を書いた理由……そして三島由紀夫から坂口安吾、山田風太郎へ。謎が謎を呼び、解決したかと思えば再び本の迷宮に。

ミステリーと本を愛する著者による、とっておきの「私小説」。

2020年刊行作品の文庫版です。

3.『ひとがた流し』(2022/9/7発売)

朝日新聞出版

<あらすじ>
「あなたがどこかで生きているということが、ずっと私の支えだった──」。

家族を超えた友情、3人の女性どうしの関係性を描ききった、深い共感を呼ぶ傑作長編。

おーなり由子さんのイラストをふんだんに掲載し、新たな装いで発売!

2006年刊行作品の文庫新装版です。

4.『中野のお父さんは謎を解くか』(2021/11/9発売)

文藝春秋

<あらすじ>
小説誌編集者・田川美希は本にまつわる謎にてんてこ舞いの日々だ。

知恵袋のお父さんが体調を崩すが、病床でも推理の冴えは衰えない。

2019年刊行作品の文庫版です。

5.『ミステリは万華鏡』(2021/9/13発売)

エッセイ

東京創元社

<あらすじ>
作家・北村薫の歩む今日には、学生時代の先輩、憧れの作家、デビューしてから知己を得た盟友――同じくミステリを愛するひとびととの得難い出会いがあった。

時にかれらは、著者も見過ごしていた原石の輝きを見付けだす〈名探偵〉に様変わりする。ひとつの真実へと向かう物語が、かくも多彩な輝きを放つ不思議。

ミステリへの愛が詰まったエッセイを、録り下ろしの座談会や画家・大野隆司氏による描き下ろしの版画など付録いっぱいでお贈りします。

1999年刊行作品の文庫版です。


文庫本の新刊情報は以上になります。



まとめ

それぞれおさらいします。

小説にエッセイに、精力的に新作を発表し続けている北村薫さん。新たな作品が楽しみですね。

それでは、良い読書体験を!

関連記事

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

「Kindle Unlimited」は、月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ふだんそのくらいの量の本を読んでいる方や、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

ABOUT ME
ノルン
現役小説家。エンタメ作品を中心に著作多数。他の作家さんの新刊情報をメインにお届けします。
こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。