小説

【2022年最新版】似鳥鶏の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

似鳥鶏の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

2006年に『理由(わけ)あって冬に出る』で第16回鮎川哲也賞の佳作を受賞した似鳥鶏(にたどり・けい)さん。戦力外探偵シリーズ等、人気作品を多く発表しています。

そんな似鳥鶏さんの単行本と文庫の新刊情報をまとめました!

それぞれ最新刊から3冊を紹介しています。

※新刊予定については新刊情報が入り次第、単行本と文庫の「1.」に記載します

似鳥鶏の単行本新刊情報

1.『小説の小説』(2022/9/2発売)

最新刊、短編集

KADOKAWA

<あらすじ>
本格ミステリ界にその名を轟かせる似鳥鶏の新境地は、“メタ・フィクション”!

私たちの知る「小説」は、様々な「決まりごと」の上に成り立っている。無意識下の常識を逆手に取った、ルール無用の超次元小説!

▼各話紹介▼
「立体的な藪」……いつものように殺人に出くわしてしまった名探偵。華麗な活躍で事件が解決したはずだったそのとき、思わぬ“伏兵”が推理を始め――!?

「文化が違う」……異世界転生し、チート能力で無双する。誰もが夢見るシチュエーションで、最大の敵は、言葉の“イメージ”だった!!

「無小説」……「小説」とは何か、「書く」とは何か。創作の限界に挑む、禁断の×××小説!

「曰本最後の小説」……新法が成立し、検閲が合法化された「曰本」。表現の自由が脅かされる中、小説家の渦良は、あらゆる手を尽くして作品を書き続ける。

単行本はこちらが最新刊になります。

2.『夏休みの空欄探し』(2022/6/22発売)

ポプラ社

<あらすじ>
会員が2名しかいないクイズ研究会会長の高校2年生・成田頼伸(ライ)は、クラス内で「じゃない方」と呼ばれている。

ライと同じ姓で、ダンス同好会に所属する人気者・成田清春(キヨ)がいるからだ。クラスで「成田君」といえば、キヨのこと。「役立たたない」ことが好きなライと、大学受験に向けて効率重視で「役立つこと」が好きなキヨ。

性格も対照的で、クラスでは決して交わることのなかった二人だが、夏休みの間、ひょんなことから、謎解きに挑む姉妹を手伝うことになる。謎解きの先で待つものとは――。

すべての謎が明かされた時、切なさと温かさが胸を満たす、青春恋愛ミステリー。

 

3.『推理大戦』(2021/8/25発売)

講談社

<あらすじ>
とある富豪が発見したという「聖遺物」。

世界的にも貴重なこの「聖遺物」をかけ、世界中のカトリックそして正教会から集まった神父たちが、北海道のとある場所で、非公式の「ゲーム」を行うという。

そして世界各国から各国の教会が威信をかけて異能の神父たちー名探偵ーが選ばれた。
アメリカ、ウクライナ、ブラジル、そして日本ーー。

一同が集い、いよいよ聖遺物をかけたゲームが始まらんとしたその矢先、今回のゲームの主催者から、ゲームの進行などを任されていた弁護士の死体が発見される。

自殺なのか、他殺なのか、そして聖遺物はどうなるのか? 世界各国からの名探偵たちの推理合戦が始まる!

 


単行本は以上です。続いて文庫の新刊を見ていきましょう!



似鳥鶏の文庫本新刊情報

1.『育休刑事』(2022/8/24発売)

文庫最新刊

KADOKAWA

<あらすじ>
捜査一課の巡査部長、事件に遭遇しましたが育休中であります!

男性刑事として初めての1年間の育児休暇中、生後3ヶ月の息子を連れているのに、トラブル体質の姉のせいで今日も事件に巻き込まれ―!?

2019年刊行の単行本の文庫化作品です。

2.『コミュ障探偵の地味すぎる事件簿』(2021/12/21発売)

KADOKAWA

<あらすじ>
名探偵は、人見知りで口下手!? 大学生たちの愛すべき青春日常ミステリ!

藤村京はいわゆるコミュ障。大学入学早々、友達作りに出遅れ落ち込んでいると教室に傘の忘れ物を見つける。

だが、人と話すのが苦手な藤村は忘れ物をした状況を独力で推理して持ち主を突き止めようするが!?

 

3.『名探偵誕生』(2021/12/3発売)

実業之日本社

<あらすじ>
僕は、名探偵になる。世界一大切な人のために――切なくて、愛おしい青春本格ミステリ!

小学4年だった僕は、となり町の幽霊団地へささやかな冒険に出た。その冒険に不穏な影が差したとき助けてくれたのが、近所に住む名探偵の「お姉ちゃん」だった。

彼女のとなりで成長していく日々のなかで、日本中を騒がせることになるあの事件が起きる――。

ミステリとしての精緻さと、青春小説としての瑞々しさが高純度で美しく結晶した傑作。

2018年刊行の単行本の文庫化作品です。

 



まとめ

それぞれおさらいします。

単行本新刊

  1. 『小説の小説』(2022/9/2発売)
  2. 『夏休みの空欄探し』(2022/6/22発売)
  3. 『推理大戦』(2021/8/25発売)

文庫本新刊

  1. 『育休刑事』(2022/8/24発売)
  2. 『コミュ障探偵の地味すぎる事件簿』(2021/12/21発売)
  3. 『名探偵誕生』(2021/12/3発売)

順調なペースで作品を発表している似鳥鶏さん。新作が楽しみですね。

それでは、良い読書体験を!

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

「Kindle Unlimited」は、月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ふだんそのくらいの量の本を読んでいる方や、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。