小説

【2021年最新版】平野啓一郎の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

平野啓一郎の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

1999年に『日蝕』で第116回芥川賞を受賞した平野啓一郎さん。

そんな平野啓一郎さんの単行本と文庫の新刊情報をまとめました!

それぞれ最新刊から3冊を紹介しています。

※新刊予定については新刊情報が入り次第、単行本と文庫の「1.」に記載します

それでは、簡単なあらすじを含めてそれぞれ見ていきましょう。

平野啓一郎の単行本新刊情報

1.『本心』(2021/5/26発売)

最新刊

文藝春秋

<あらすじ>
舞台は、「安楽死(本作では〝自由死〟)」が合法化された近未来の日本。最新技術を使い、生前そっくりの母を再生させた息子は、「安楽(自由)死」を望んだ母の、<本心>を探ろうとする。

母の友人だった女性、かつて交際関係のあった老作家…。それらの人たちから語られる、まったく知らなかった母のもう一つの顔。さらには、母が自分に隠していた衝撃の事実を知る――。

ミステリー的な手法を使いながらも、「死の自己決定」「貧困」「社会の分断」といった、現代人がこれから直面する課題を浮き彫りにし、愛と幸福の真実を問いかける平野文学の到達点。

読書の醍醐味を味合わせてくれる本格派小説です。

単行本はこちらが最新刊になります。

2.「 三島由紀夫『金閣寺』 2021年5月(2021/4/23発売)

ムック

NHK出版

<あらすじ>
彼が焼いたのは、何か。

若き学僧は、破滅を夢見て金閣に火をつけた――。実際に起きた事件を材に取り、三島が自身の戦中体験を重ねあわせて書き上げた『金閣寺』は、まぎれもなく日本近代文学の最高峰。

なぜ金閣でなければならないのか。美を破壊する行為が意味するものとは。

作家・平野啓一郎が、三島ならではの文学表現を味わいながら、大胆かつ精緻に作品の深層へと迫る。

3.『「カッコいい」とは何か』(2019/7/17発売)

新書

講談社

<あらすじ>
「カッコいい」を考えることは、いかに生きるべきかを考えることだ!

「カッコいい」は、民主主義と資本主義とが組み合わされた世界で、動員と消費に巨大な力を発揮してきた。

「カッコいい」とは何かがわからなければ、20世紀後半の文化現象を理解することは出来ない。

それは、人間にポジティヴな活動を促す大きな力!

小説ではありません。

単行本は以上です。続いて文庫の新刊を見ていきましょう!



平野啓一郎の文庫本新刊情報

1.『ある男』(2021/9/1発売)

文庫最新刊

文藝春秋

<あらすじ>
弁護士の城戸は、かつての依頼者である里枝から、「ある男」についての奇妙な相談を受ける。

宮崎に住んでいる里枝には、2歳の次男を脳腫瘍で失って、夫と別れた過去があった。長男を引き取って14年ぶりに故郷に戻ったあと、「大祐」と再婚して、新しく生まれた女の子と4人で幸せな家庭を築いていた。

ところがある日突然、「大祐」は、事故で命を落とす。悲しみにうちひしがれた一家に、「大祐」が全くの別人だという衝撃の事実がもたらされる……。

愛にとって過去とは何か? 幼少期に深い傷を負っても、人は愛にたどりつけるのか? 「ある男」を探るうちに、過去を変えて生きる男たちの姿が浮かびあがる。

2018年刊行作品の文庫版です。

2.『マチネの終わりに』(2019/6/6発売)

文藝春秋

<あらすじ>
天才クラシックギタリスト・蒔野聡史と、国際ジャーナリスト・小峰洋子。

四十代という“人生の暗い森”を前に出会った二人の切なすぎる恋の行方を軸に、芸術と生活、父と娘、グローバリズム、生と死などのテーマが重層的に描かれる。

いつまでも作品世界に浸っていたいと思わずにはいられないロングセラー恋愛小説を文庫化!

3.『本の読み方』(2019/6/4発売)

エッセイ

PHP研究所

<あらすじ>
情報が氾濫している現代社会だからこそ、著者は「スロー・リーディング」を提唱する。

「量」より「質」を重視した読書経験は、5年後、10年後にも役立つ教養を授け、人生を豊かにしてくれるだろう。

夏目漱石、森鴎外、フランツ・カフカ、川端康成、三島由紀夫など不朽の名作から自作の『葬送』まで、深く理解することが可能になる、知的で実践的な読み方を紹介する。



まとめ

それぞれおさらいします。

単行本新刊

  1. 『本心』(2021/5/26発売)
  2. 「 三島由紀夫『金閣寺』 2021年5月」(2021/4/23発売)
  3. 『「カッコいい」とは何か』(2019/7/17発売)

文庫本新刊

  1. 『ある男』(2021/9/1発売)
  2. 『マチネの終わりに』(2019/6/6発売)
  3. 『本の読み方』(2019/6/4発売)

小説以外にもマイペースに作品を発表している平野啓一郎さん。次作が楽しみですね。

それでは、良い読書体験を!

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

「Kindle Unlimited」は、月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ふだんそのくらいの量の本を読んでいる方や、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です