新刊、新作情報

【2021年最新版】大沢在昌の単行本・文庫の新刊・新作最新情報【新刊予定も】

大沢在昌の単行本・文庫の新刊・新作最新情報【新刊予定も】

『新宿鮫』等のハードボイルドなミステリー、サスペンスの一級の担い手である大沢在昌さん。

そんな大沢在昌さんの単行本と文庫の新刊情報をまとめました!

それぞれ最新刊から3冊を紹介しています。

※新刊予定については新刊情報が入り次第、単行本と文庫の「1.」に記載します

大沢在昌の単行本新刊情報

1.『熱風団地』(2021/8/30発売)

最新刊

KADOKAWA

<あらすじ>
某国の王子の行方は?観光ガイドが受けた依頼の裏に大いなる陰謀の影が――

フリーの観光ガイドの佐抜克郎は、成田空港で外務省の関連団体を名乗る男たちに声を掛けられる。体格の良い二人組は佐抜に、行方不明になったベサール国の王子の行方を探してほしいという。

南シナ海に浮かぶ島国のベサールは独自の言語を持ち、その数少ない日本での話者が佐抜だったのだ。かつて王政を敷いていたベサール国だが、クーデターにより王族の一部が日本に亡命していた。

「佐抜さんしかいない」という男たちの言葉に押し切られ、アシスタントとして紹介された元女子プロレスラーのヒナとともに王子の行方を追うことになった佐抜。

彼はやがて国際関係を揺るがす大いなる陰謀に巻き込まれていく――。

単行本はこちらが最新刊です。

2.『悪魔には悪魔を』(2021/4/19発売)

毎日新聞出版

<あらすじ>
二度と後戻りできない 絶体絶命潜入捜査!

麻薬取締官の加納良が姿を消した。20年ぶりに故郷に戻った双子の弟・将は捜査協力を求められ、兄になりすまし、ひとり凶悪な密売組織に挑む。

男を待ち受ける〈悪〉の正体――驚愕、震撼、衝撃の結末!

息つく間もないエンターテインメント巨編。

3.『帰去来』(2021/1/7発売)

新書版

朝日新聞出版

<あらすじ>
「帰去来」の衝撃が、今も尾を引いている。自分の目指す小説の、ひとつ理想形を見た気がする。

警視庁捜査一課の“お荷物刑事”志麻由子は、連続殺人犯の捜査中に、何者かに首を絞められ気を失う。目覚めたのは異次元の「光和27年のアジア連邦・日本本共和国・東京市」だった……。

その世界に存在するもう一人の自分は、異例の出世をした“東京市警のエリート警視”だった。彼女は闇組織から命を狙われ、警察内部でも汚職警官の摘発など、非情な捜査方法が非難を浴び、孤立無援であることを知る。

戸惑いながらも志麻由子は、光和27年の東京市で“エリート警視”になりすます。やがて、由子が異次元へタイムスリップした理由がわかってくる。元の世界に戻るには事件を解決するしかなかった。

この世界の本当の彼女はどこへ消えたのか? 由子は元の世界へ戻ることができるのか?

大沢在昌、作家生活40周年記念の1冊として書かれたパラレルワールド警察小説。執筆10年に及ぶ大長編、ノベルズ版で刊行!

単行本は以上です。続いて文庫の新刊を見ていきましょう!



大沢在昌の文庫本新刊情報

1.『ザ・ジョーカー 新装版』(2021/9/15発売)

文庫最新刊

講談社

<あらすじ>
「殺しは仕事にしたことがない。殺しをしなかったとはいわないが」。

あらゆるトラブルを請け負う男、ジョーカー。着手金は百万円で唯一の連絡場所は六本木のバー。

噂を聞いた男と女が今宵も厄介事を持ち込んでくる。ジョーカーを動かすのはプライドだけ――。

著者の人気ハードボイルドシリーズ第1作 。

2002年刊行の単行本の文庫新装版です。

2.『爆身』(2021/9/8発売)

徳間書店

<あらすじ>
本名、年齢不詳。凄腕のボディガード・キリ。

依頼人との打ち合わせ場所に指定されたホテルに到着した途端、ホテルが爆発した! しかも爆死したのは依頼人のトマス・リー。ニュージーランド在住のフィッシングガイドだが、その正体は増本貢介という日本人だった。

リーにキリを紹介した大物フィクサー・睦月の話では、増本は生前「自分は呪われている」と話していたという。増本は呪い殺されたのか!?

キリは睦月から事件の調査を依頼される……。

3.『漂砂の塔』(2021/6/18発売)

集英社

<あらすじ>
2022年、雪と氷に閉ざされた北方領土の離島。

日中露合弁のレアアース生産会社「オロテック」で働く日本人技術者が、死体となって発見された。凍てつく海岸に横たわる死体。何者かに抉りとられていた両目。

捜査権がなく、武器も持てない土地に送り込まれたのは、ロシア系クォーターで中国語とロシア語が堪能な警視庁の石上(イシガミ)だった。元KGBの施設長、美貌の女医、国境警備隊の若き将校、ナイトクラブのボス……

敵か、味方か? 信じられるのは、いったい誰だ? 日中露三ヵ国の思惑が交錯し、人間たちの欲望が渦を巻く!

2018年刊行の単行本の文庫版です。



まとめ

それぞれおさらいします。

単行本新刊

  1. 『熱風団地』(2021/8/30発売)
  2. 『悪魔には悪魔を』(2021/4/19発売)
  3. 『帰去来』(2021/1/7発売)

文庫本新刊

  1. 『ザ・ジョーカー 新装版』(2021/9/15発売)
  2. 『爆身』(2021/9/8発売)
  3. 『漂砂の塔』(2021/6/18発売)

コンスタントに作品を発表し続ける大沢在昌さん。

新たな傑作をお待ちしています!

関連記事

関連リンク

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を!

「Kindle Unlimited」は、月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

Kindle Unlimitedを見てみる

1~2冊読めば元が取れますので、ふだんそのくらいの量の本を読んでいる方や、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です