小説

【2023年最新版】柚木麻子の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

柚木麻子の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

2008年 、「フォーゲットミー、ノットブルー」で第88回オール讀物新人賞を受賞してデビューした柚木麻子ん。何度も直木賞の候補に選ばれています。

そんな柚木麻子さんの新刊情報をまとめました!

それぞれ最新刊から最大5冊を紹介しています。

※新刊予定については新刊情報が入り次第、「1.」に記載します

それでは、簡単なあらすじを含めてそれぞれ見ていきましょう。

柚木麻子の単行本新刊情報

1.『とりあえずお湯わかせ』(2022/10/19発売)

最新刊、エッセイ

NHK出版

<あらすじ>
このエッセイもまた、公開の日記帳だ。前向きで後ろ向きで、頑張り屋で怠け者で、かしこく浅はか、独特な人物の日々の記録だ(前書きより)――

はじめての育児に奮闘し、新しい食べ物に出会い、友人を招いたり、出かけたり――。

そんな日々はコロナによって一転、自粛生活に。閉じこもる中で徐々に気が付く、世の中の理不尽や分断。それぞれの立場でNOを言っていくことの大切さ、声を上げることで確実に変わっていく、世の中の空気。食と料理を通して、2018年から2022年の4年間を記録した、人気作家・柚木麻子のエッセイ集。

各章終わりには書下ろしエッセイも収載。

こちらが単行本の最新刊になります。

2.『ついでにジェントルメン』(2022/4/8発売)

短編集

文藝春秋

<あらすじ>
編集者にダメ出しをされ続ける新人作家、女性専用車両に乗り込んでしまったびっくりするほど老けた四十五歳男性、男たちの意地悪にさらされたないために美容整形をしようとする十九歳女性……

などなど、なぜか微妙に社会と歯車の噛み合わない人々のもどかしさを、しなやかな筆致とユーモアで軽やかに飛び越えていく短編集です。

 

3.『らんたん』(2021/10/27発売)

小学館

<あらすじ>
大正最後の年。かの天璋院篤姫が名付け親だという一色乕児は、渡辺ゆりにプロポーズした。

彼女からの受諾の条件は、シスターフッドの契りを結ぶ河井道と3人で暮らす、という前代未聞のものだったーー。

 


単行本は以上です。続いて文庫の新刊を見ていきましょう!



柚木麻子の文庫本新刊情報

1.『マジカルグランマ』(2022/7/7発売)

文庫最新刊

朝日新聞出版

<あらすじ>
正子は75歳の元女優。CMで再デビューを果たし、順風満帆かと思いきや、ある出来事で事務所を解雇され、急きょ、お金が必要な状況に。

周りを巻き込み逆境を跳ね返す生き方はマジカルグランマ(理想のおばあちゃん)像をぶち壊す!

第161回直木賞候補作。

2019年の単行本の文庫版です。

2.『踊る彼女のシルエット』(2021/4/15発売)

短編集

双葉社

<あらすじ>
義母が営む喫茶店を手伝う佐知子と芸能事務所でマネージャーをする実花。

出会ってから十六年。趣味にも仕事にも情熱的な実花は、佐知子の自慢の親友だった。だが、実花が生み育てたアイドルグループが恋愛スキャンダルで解散に追い込まれたのをきっかけに、彼女は突然“婚活”を始める。

「私には時間がないの」と焦る実花に、佐知子は打ち明けられないことがあり……。幸せを願っているのに、すれ違ってしまう二人が選ぶあしたとは。

揺れうごく女の友情を描く長編小説、待望の文庫化。(単行本『デートクレンジング』より改題)

2018年の単行本『デートクレンジング』を改題した文庫版です。

3.『名作なんか、こわくない』(2021/1/9発売)

読書案内本、エッセイ

PHP研究所

<あらすじ>
人気作家・柚木麻子をつくりあげた57冊!

名作は堅苦しい、と感じている人も多いだろう。しかしページをめくれば、そこにいるのは、今の私たちと変わらない悩みを抱えた人々で、女の友情、野心、恋の駆け引き、男の本音といったテーマなどが、余すところなく描かれている。

つまり名作には、女子が今を生きるために必要な情報が山ほど詰まっているのである。

本書は、スタンダールの『赤と黒』、有吉佐和子の『悪女について』からメルヴィルの『白鯨』まで、57冊の読みどころとその本にまつわる著者の思い出を紹介。

読んだ人も、これから読む人も、読むつもりがない人も、「世界名作劇場」を観ているかのように楽しめる。

『ランチのアッコちゃん』『BUTTER』の著者による、初の刺激的な読書案内風エッセイ集。

2017年の単行本の文庫版です。



まとめ

それぞれおさらいします。

単行本新刊

  1. 『とりあえずお湯わかせ』(2022/10/19発売)
  2. 『ついでにジェントルメン』(2022/4/8発売)
  3. 『らんたん』(2021/10/27発売)

ややマイペースに作品を発表している柚木麻子さん。次作が楽しみですね。

それでは、良い読書体験を!

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

「Kindle Unlimited」は、月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ふだんそのくらいの量の本を読んでいる方や、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。