新刊、新作情報

【2020年最新版】堂場瞬一の単行本・文庫の新刊・新作最新情報【新刊予定も】

堂場瞬一の単行本・文庫の新刊・新作最新情報【新刊予定も】

『刑事・鳴沢了シリーズ』等、人気シリーズを多く発表し、非常に精力的に新作を世に生み出し続けている堂場瞬一(どうば・しゅんいち)さん。

そんな堂場瞬一さんの単行本と文庫の新刊情報をまとめました!

それぞれ最新刊から3冊を紹介しています。

※新刊予定については新刊情報が入り次第、単行本と文庫の「1.」に記載します

堂場瞬一の単行本新刊情報

1.『コーチ』(2020/10/30発売)

最新刊

東京創元社

<あらすじ>
期待されながら、行き詰まっている若手刑事たちにコーチ役として派遣される人事課所属の向井。

捜査中のミスに悩む女性刑事、有名な俳優の取り調べに苦戦する刑事、尾行に失敗する刑事。彼らに適切な助言を与える向井はなぜ刑事課ではなく人事課にいるのか?

三人は向井との関わりを語り合い、彼の過去の謎を探る。そんな向井の過去と、三人の刑事が取り組むことになったある事件に関連が……?

堂場瞬一が描く刑事たちの人生。

単行本の最新刊になります。

2.『ホーム』(2020/6/26発売)

集英社

<あらすじ>
堂場瞬一のデビュー作にしてスポーツ小説の金字塔『8年』から19年、満を持して続編刊行。東京オリンピック。野球アメリカ代表監督の大役は、元大リーガーの日本人に任された!

20年前、大リーグのニューヨーク・フリーバーズでプレーをしていた藤原雄大。52歳となった今は、マイナーリーグの巡回コーチをしている。

ある日藤原は、現役時代のライバルで、大リーグ機構上級副社長であるヘルナンデスの訪問を受けた。東京オリンピックのアメリカ代表監督が亡くなったため、代わりに監督をやってくれないかと打診されたのだ。

悩んだ末にその依頼を引き受けた藤原は、戦力補強のため、アメリカと日本の二重国籍を持つ大学生天才スラッガー、芦田をスカウトする。

しかし、そこには二つの故郷の狭間で苦しむ若者の姿があった――。

オリンピック関連のスポーツ小説を4社からリレー刊行する「DOBA2020プロジェクト」第4弾!

3.『ダブル・トライ』(2020/5/27発売)

講談社

<あらすじ>
2018年、陸上日本選手権。ある選手の活躍が、観客を魅了する。

7人制ラグビーの日本代表・神崎が円盤投の決勝に出場、日本記録に迫る成績を残したのだ。もし円盤投で東京オリンピックへの出場を手にすれば、1964年の東京五輪以来の奇跡――。

前代未聞の「二刀流」アスリートの登場に世間は熱狂、神崎は瞬く間にスターダムを駆け上がっていく。

一方、新興スポーツ用品メーカー「ゴールドゾーン」の岩谷は神崎の才能に着目、彼のスポンサードに向けて動き出す。

長年取材し続けた著者だからこそ到達した、スポーツの「本質」がここにある。

単行本は以上です。続いて文庫の新刊を見ていきましょう!



堂場瞬一の文庫本新刊情報

1.『時効の果て 警視庁追跡捜査係』(2021/1/15発売)

文庫最新刊

角川春樹事務所

「警視庁追跡調査係シリーズ」最新刊です。

こちらのシリーズは以下の記事にまとめています。

関連記事>堂場瞬一「警視庁追跡調査係シリーズ」の最新刊と読む順番、あらすじまとめ

2.『共謀捜査』(2020/12/18発売)

文庫最新刊

集英社

<あらすじ>
リヨンで永井が誘拐され同僚の保井刑事が捜査を開始。

一方、東京で神谷刑事たちに密命が下り……。

特命捜査チームが暴く驚愕の真相!

「検証捜査シリーズ」最新刊です。

こちらのシリーズは以下の記事にまとめています。

関連記事>堂場瞬一「検証捜査シリーズ」の最新作と読む順番、あらすじまとめ

3.『新装版 七つの証言 刑事・鳴沢了外伝』(2020/11/25発売)

短編集

中央公論新社

<あらすじ>
警察を辞め私立探偵となった小野寺冴。閑古鳥が鳴く事務所に鳴沢了から、俳優の息子・勇樹のボディガードをしてほしいという依頼がくる。破格の報酬につられ引き受けるが……(「不変」より)。

藤田、海、今、そして高城――仲間たちが見た「刑事と生まれた男」の真実とは?

2012年刊行作品の文庫版です。

『刑事・鳴沢了シリーズ』の外伝(本編全10作+外伝1作)です。

「刑事・鳴沢了シリーズ」は以下の記事にまとめています。

関連記事>堂場瞬一「刑事・鳴沢了シリーズ」の最新刊と読む順番、あらすじまとめ

4.『ネタ元』(2020/11/13発売)

短編集

講談社

<あらすじ>
事件記者とそのネタ元。騙し合い、ときに共闘するその特別な関係が、日本の歴史を作り続けた。

時代をえぐる著者渾身の短編集!

2017年刊行作品の文庫版です。

ペースが早いので、4作を紹介いたしました。



まとめ

それぞれおさらいします。

単行本新刊

  1. 『コーチ』(2020/10/30発売)
  2. 『ホーム』(2020/6/26発売)
  3. 『ダブル・トライ』(2020/5/27発売)

かなりハイペースで出版されていますね。それでも新作が楽しみです。

それでは、良い読書体験を!

関連記事

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

「Kindle Unlimited」は、月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ふだんそのくらいの量の本を読んでいる方や、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です