小説の新刊、新作情報(作家別) PR

【2024年最新版】堂場瞬一の単行本・文庫の新刊・新作最新情報【新刊予定も】

堂場瞬一の単行本・文庫の新刊・新作最新情報【新刊予定も】

『刑事・鳴沢了シリーズ』等、人気シリーズを多く発表し、非常に精力的に新作を世に生み出し続けている堂場瞬一(どうば・しゅんいち)さん。

そんな堂場瞬一さんの単行本と文庫の新刊情報をまとめました!

それぞれ最新刊から最大5冊を紹介しています。

※新刊予定については新刊情報が入り次第、単行本と文庫の「1.」に記載します

堂場瞬一の単行本新刊情報

1.『ルーマーズ 俗』(2024/5/28発売)

最新刊

河出書房新社

<あらすじ>
人気俳優の不可解な死。

マスコミのスクープ合戦、SNSに溢れる噂話(ルーマーズ)……

無法地帯のメディアを舞台に贈る最新長編!

単行本の最新刊になります。

2.『守護者の傷』(2024/2/26発売)

KADOKAWA

<あらすじ>
「違法捜査は本当にあったのか?」水沼加穂留(みずぬまかおる)は神奈川県警の巡査部長。捜査一課への配属希望は通らぬまま三十歳までキャリアを重ね、春の異動で「訟務課」へ。

警察が訴えられた民事裁判の対応をする部署だ。ほどなくして外部からも新人の新崎大也(しんざきだいや)がやって来る。淡々として同僚と関わらない彼だが、実は弁護士の資格を持つらしい。なぜ弁護士が警察職員に?

そんな折、強盗犯グループへの違法捜査を問う裁判が発生し、加穂留と新崎が担当することに。威圧的な取り調べはなかったという捜査一課の言葉を信じ、彼らを守ろうと公判にのぞむ加穂留。しかし法廷で、関与した警察官の「嘘」が暴露され――。

 

3.『ロング・ロード 探偵・須賀大河』(2023/9/20発売)

早川書房

<あらすじ>
190センチの高身長が目立つ、元弁護士の私立探偵・須賀大河の元に、ある日、学生時代の友人で現在は有名IT社長の春山から、社内に貼り出された会社を誹謗中傷する怪文書の調査依頼が舞い込む。

中傷はやがて大金を要求する脅迫に発展。大河は春山の秘書やハッカーの友人の協力で犯人に罠を仕掛けるが、行く手には思わぬ悲劇が……

著者のハードボイルドへの熱き想いが結実した正統派私立探偵小説登場!

 

4.『鷹の惑い』(2023/7/26発売)

講談社

<あらすじ>
世の中は変わる。変わる世の中に対応するのが、警察の仕事だ。

21世紀に湧く平成日本。海外逃亡していたはずの極左の最高幹部が突然仙台に現れ、公安に衝撃が走った。身柄の護送を担当した公安一課の海老沢は、警察官人生最大の痛恨の失敗を犯す。

一方、捜査一課の高峰は目黒の空き家で殺害された元代議士秘書の身辺を探る。被害者の経歴には6年間の不自然な空白があった。

新聞記者からの思わぬ情報。死の床にある元刑事の父の言葉。そして海老沢に下った極秘の特命捜査ーー事件の様相は一変する。

公安一課と捜査一課。父の系譜をたどる息子たち。警察小説の騎手による大河シリーズ「日本の警察」平成ミレニアム編!

 

5.『デモクラシー』(2023/6/5発売)

実業之日本社

<あらすじ>
「あなたは今日から議員です」

202×年、日本の政治システムは一変していた。憲法は改正され、20歳以上の国民から合計1000人の「国民議員」がランダムに選出され、総理大臣は直接選挙で選ばれる。国会は解散し、「国民議会」(二院制)を新たに結成。

議会は完全オンラインで行われ、議員の任期は4年、年間報酬500万円、基本再選はなし。専用のデバイスを支給され、議員としての活動は全てオープンに。さらに、国民は常にそれらを確認、監視できるようになっていた。

突然議員に選ばれた大学生の混乱、直接選挙で選ばれた新首相の苦悩、国民議員の不正を監視する機関「国民議員調査委員会」の危うさ、一気に権限が大きくなった官僚、現首相と旧政治体制に固執する現都知事らの政権争い……

有り得るかもしれない「未来」を描く実験的政治小説。堂場瞬一の新境地!

 


単行本は以上です。続いて文庫の新刊を見ていきましょう!



堂場瞬一の文庫本新刊情報

1.『ブラッドマーク』(2024/5/15発売)

文庫最新刊

講談社

<あらすじ>
弟子も独立し、探偵ジョーは引退を考え始めていた。

そんな中、メジャー球団から依頼が舞い込む。獲得を目指す有望選手が抱えるトラブルを、調査してほしいという。尾行中、ジョーの目の前で誘拐が発生。

さらに、スポーツ賭博の疑惑が浮上し……。「大人の男」の美学が詰まったハードボイルド!

 

2.『沈黙の終わり』(2024/4/15発売)

角川春樹事務所

<あらすじ>
千葉県野田市の江戸川沿いで、七歳の女児の遺体が発見された。

そのニュースを知った東日新聞埼玉支局の古山は、埼玉でも四年前に八歳の女児の行方不明事件があったことを思い出す。

調べてみると、その現場は今回の事件と江戸川を挟んですぐ近くだった……。三十年以上隠されてきた連続幼女誘拐殺人。縄張りに拘る県警の無駄なプライド。

利権を死守したい政権による圧力。すべてを乗り越え、真相を追え! 記者の魂を描いた傑作ミステリー。

2021年刊行作品の文庫版です。

3.『内通者 新装版』(2024/4/5発売)

朝日新聞出版

<あらすじ>
千葉県警捜査二課の結城は、贈収賄事件の内偵中に、最愛の妻を病気で失ってしまう。

彼は悲しみを忘れるため捜査に没頭するが、ある告発をきっかけに自らの立場が揺らぎ始める。

そんな中、一人娘から助けを求める連絡が入り……。

2014年刊行作品の文庫新装版です。

4.『罪の年輪 ラストライン 6』(2024/3/6発売)

文藝春秋

<あらすじ>
87歳の元小学校教師が殺された。

自首してきた同い年の男性は60年前からの知り合いだというが、なぜか動機だけは頑なに語らない。

 

5.『刑事の枷』(2024/2/22発売)

KADOKAWA

<あらすじ>
「忠告だ。影山には近づくな」。

川崎中央署の若手刑事・村上翼は、管内で起きた人質事件をきっかけに傍若無人なベテラン刑事・影山康平に目をつけられ、強引に連れ回されるようになる。

署内の誰もが”裏切り者”と敬遠する影山が、実は10年前に起きた未解決の殺人事件を独自に捜査し続けていると知り、村上も事件解明へと乗り出すが、その矢先、新たな殺人事件が発生。

被害者の身元もわからず捜査は難航するかと思われたが、村上は2つの事件のつながりに気づき……。圧巻の王道警察小説!

2021年刊行作品の文庫版です。


文庫本の新刊情報は以上になります。



まとめ

それぞれおさらいします。

単行本新刊

  1. 『ルーマーズ 俗』(2024/5/28発売)
  2. 『守護者の傷』(2024/2/26発売)
  3. 『ロング・ロード 探偵・須賀大河』(2023/9/20発売)
  4. 『鷹の惑い』(2023/7/26発売)
  5. 『デモクラシー』(2023/6/5発売)

文庫本新刊

  1. 『ブラッドマーク』(2024/5/15発売)
  2. 『沈黙の終わり』(2024/4/15発売)
  3. 『内通者 新装版』(2024/4/5発売)
  4. 『罪の年輪 ラストライン 6』(2024/3/6発売)
  5. 『刑事の枷』(2024/2/22発売)

かなりハイペースで出版されていますね。それでも新作が楽しみです。

それでは、良い読書体験を!

※堂場瞬一さんの売れ筋作品は堂場瞬一の売れ筋ランキング(Amazon)をチェック!

関連記事

関連リンク

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

「Kindle Unlimited」は、月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ふだんそのくらいの量の本を読んでいる方や、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

ABOUT ME
ノルン
現役小説家。エンタメ作品を中心に著作多数。他の作家さんの新刊情報をメインにお届けします。
こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。