新刊、新作情報

【2022年最新版】堂場瞬一の単行本・文庫の新刊・新作最新情報【新刊予定も】

堂場瞬一の単行本・文庫の新刊・新作最新情報【新刊予定も】

『刑事・鳴沢了シリーズ』等、人気シリーズを多く発表し、非常に精力的に新作を世に生み出し続けている堂場瞬一(どうば・しゅんいち)さん。

そんな堂場瞬一さんの単行本と文庫の新刊情報をまとめました!

それぞれ最新刊から3冊を紹介しています。

※新刊予定については新刊情報が入り次第、単行本と文庫の「1.」に記載します

堂場瞬一の単行本新刊情報

1.『オリンピックを殺す日』(2022/9/9発売)

最新刊

文藝春秋

<あらすじ>
メディアを排除し、ザ・ゲームを開催せよ!

コロナ禍にもかかわらず、強引に開催された東京五輪の最中、大学教授が、「五輪は集金・分配システムに変化し、意義を失った」という言葉を残して、日本を去った。

数年後、新聞記者がある情報を手にする。世界的企業が、新たなスポーツ大会「ザ・ゲーム」を企画している、と。

記者は、この大会を仕掛ける、謎の組織の正体を暴けるのか。

単行本の最新刊になります。

2.『小さき王たち 第二部:泥流』(2022/7/20発売)

早川書房

<あらすじ>
バブル崩壊、未曾有の震災とテロを経て、時代が激しく揺れ動いていた1996年12月。

父親と同じ新聞の世界に飛び込んだ新潟支局の新米記者・高樹和希のもとに、謎の男から不正選挙資金疑惑の密告が。初めてのスクープの予感に和希は沸き立ち、和希の父で今は社会部長の治郎も部下を動かして共に取材を進める。

だが、その背後には、25年前に贈収賄事件で治郎と敵対し、以来マスコミの支配を目論む政治家・田岡総司とその秘書で息子の稔の影が……大河政治マスコミ小説三部作第2弾登場!

 

3.『鷹の系譜』(2022/6/22発売)

講談社

<あらすじ>
「公安は常に同じ相手の仕事だ。だが捜査一課の仕事は毎回、違う相手なんだ」

「捜査一課は目先の事件を追う。公安は、未来を見据えて仕事をしている」

捜査一課と公安一課。同じ警察でありながら相容れない二つの組織に身を置き、昭和を駆け抜けた二人の刑事。その息子たちは、父と同じ道を歩んでいる。

昭和天皇が崩御し、60年余にわたる昭和の時代が終わりを告げた日に起きた殺人事件。高級マンションに住みポルシェを乗り回す被害者に見え隠れする、極左の過去。

バブル景気の拝金主義に浮かれる世で、思想活動は衰退の一途をたどる。その交錯点で起きた事件を、二人の刑事が追う。

刑事は地べたを這いずる仕事だ。だが、空から全体を見る鷹の目を持て。父の道を継ぎ鷹となった息子たちの物語が、いま幕を開ける!

 


単行本は以上です。続いて文庫の新刊を見ていきましょう!



堂場瞬一の文庫本新刊情報

1.『誤ちの絆 警視庁総合支援課』(2022/8/10発売)

文庫最新刊

講談社

<あらすじ>
被害者とその家族だけでなく、加害者家族も支援対象に。

新たな任務に取り組むべく、名を改め発足した「総合支援課」。新生支援課に捜査一課から異動してきた柿谷晶には、秘密があった。

それは、彼女自身が加害者家族であるということ――。警察小説の最前線、新ヒロインによるシーズン2開幕!

 

2.『弾丸メシ』(2022/6/17発売)

エッセイ

集英社

<あらすじ>
どんなに忙しくても、食べたいメシがある――。食と旅の魅力が詰まった、作家・堂場瞬一、初のエッセイ集! 美味い物を食べに、弾丸で旅に出る!!

<弾丸メシ 3つの掟>
◎必ず日帰り
◎食事は一時間以内に済ませる
◎絶対に残さない

2019年刊行作品の文庫版です。

3.『沃野の刑事』(2022/6/15発売)

講談社

<あらすじ>
富む日本、惑う警察。この国は、守る価値があるのか――。

1970年。大阪万博を控え、高度経済成長で沸き立つ日本。捜査一課と公安一課を対立させたある事件以降、袂を分かった刑事の高峰と公安の海老沢は、それぞれ理事官に出世し、国と市民を守ってきた。

だが、かつてふたりの親友だった週刊誌編集長の息子の自殺をきっかけに、再び互いの線が交わっていく。単なる自殺と思われたが、独自に調べを進めるうち、日本全土を揺るがすスキャンダルの存在が、徐々に明るみに出る。

尊重すべきは国家なのか、それとも名もなき個人なのか。「警察の正義」を巡り、苦悩してきた高峰と海老沢の答えは――。

戦後警察の光と闇を炙り出す一大叙事詩、待望の第三幕!

2019年刊行作品の文庫版です。



まとめ

それぞれおさらいします。

単行本新刊

  1. 『オリンピックを殺す日』(2022/9/9発売)
  2. 『小さき王たち 第二部:泥流』(2022/7/20発売)
  3. 『鷹の系譜』(2022/6/22発売)

文庫本新刊

  1. 『誤ちの絆 警視庁総合支援課』(2022/8/10発売)
  2. 『弾丸メシ』(2022/6/17発売)
  3. 『沃野の刑事』(2022/6/15発売)

かなりハイペースで出版されていますね。それでも新作が楽しみです。

それでは、良い読書体験を!

※堂場瞬一さんの売れ筋作品は堂場瞬一の売れ筋ランキング(Amazon)をチェック!

関連記事

関連リンク

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

「Kindle Unlimited」は、月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ふだんそのくらいの量の本を読んでいる方や、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。