小説の新刊、新作情報(作家別) PR

【2024年最新版】乾緑郎の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

2010年、『忍び外伝』で第2回朝日時代小説大賞、『完全なる首長竜の日』で第9回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞して小説家デビューした乾緑郎(いぬい・ろくろうん。

そんな乾緑郎さんの新刊情報をまとめました!

それぞれ最新刊から最大5冊を紹介しています。

※新刊予定については新刊情報が入り次第、「1.」に記載します

それでは、簡単なあらすじを含めてそれぞれ見ていきましょう。

乾緑郎の単行本新刊情報

1.『戯場國の怪人』(2023/7/20発売)

最新刊

新潮社

<あらすじ>
桟敷席を予約し続ける謎の人物の噂が立つ江戸市村座。

女形瀬川菊之丞、戯作者平賀源内、二代目市川團十郎、講釈師深井志道軒、広島藩士稲生武太夫、大奥御年寄江島、さる公卿とその妹らを巻き込み、芝居小屋の地下で蠢く時を超えた怨讐、恋着、役者の業火等々、虚実のあわいを壮大に描き切る伝奇エンタメの極地!

こちらが単行本の最新刊になります。

2.『愚か者の島』(2021/1/7発売)

祥伝社

<あらすじ>
何でこの島が〈フリムン島〉と呼ばれているのか知っているかい独自の自然主義に染まった元医師・土岐周一郎と不倫相手の北郷咲良は家族も仕事も擲って、沖縄の遥か南に位置する無人の〈フリムン島〉にやって来た。新たな人生の幕開けに高揚する二人はしかし、そこに先住者が潜むことを知らなかった。

――恋人を殺し逃亡の果て、島に辿り着いた苅部公則。警察沙汰を恐れる公則は、理想に囚われた無知な二人が来て早々いがみ合いを始めるのを見て、仕方なく助けの手を差し伸べた。

正体を偽る公則と二人の奇妙な共棲はうまく運ぶかに見えた……。だが、土岐に感化された親子、島ごとVIP向け宿泊施設にする野望の女社長らが、相次いで上陸。

やがて島は、人間のエゴと憎しみがぶつかり合う “愚か者の島” と化していく――。

 

3.『ドライドックNo.8 乾船渠八號』(2020/5/15発売)

羽鳥書店

<あらすじ>
新たなSF伝奇小説を開拓する乾緑郎、初の戯曲集。

ヴェルヌの『月世界旅行』に着想を得た架空都市「横濱」の冒険活劇「ドライドックNo.8乾船渠八號」(劇団・水族館劇場のための書下ろし新作)に、劇作家協会新人戯曲賞最終候補作「ソリテュード」併録。

 

4.『ねなしぐさ 平賀源内の殺人』(2020/2/10発売)

宝島社

<あらすじ>
安永八(一七七九)年、十一月二十一日早朝――。

神田橋本町の自宅で源内が目を覚ますと、続きの間の向こうに、男の亡骸があった。知らせを受けて駆けつけた杉田玄白の目には、脇差を手に持ち、茫然自失とする源内の姿が。

何があったのかを源内に問い詰めるが、記憶がないと首を振るばかり。稀代の天才に、いったい何があったのか。殺人の容疑で牢屋敷に入れられてしまった源内は、やがて獄中死してしまうが――。

身分は侍。本業は本草学者。医学、蘭学や鉱物の知識にも明るく、戯作者、発明家といったよろずの才を持つ者として、現代にも名を残す江戸の天才・平賀源内の、非業の死の謎に迫る!

文庫版が発売です(下記参照)。

5.『ツキノネ』(2019/7/11発売)

祥伝社

<あらすじ>
フリーライターの大塚文乃は注目の画家、荒木一夫のルポを書くため、個展を訪ねた。

ダムに沈んだ荒木の故郷、小楷町を再現した絵の前に立ったとき、いるはずのない少女が絵の中に現れ、文乃は気を失ってしまう。

後日、小楷町の歴史を調べるうちに、「ツキノネ」と呼ばれる土着宗教の神の存在を知るが、その名はある老夫婦の惨殺現場で発見された少女と同じものだった…………。

『彼女をそこから出してはいけない』に改題した文庫版が発売です(下記参照)。


単行本は以上です。続いて文庫の新刊を見ていきましょう!



乾緑郎の文庫本新刊情報

1.『彼女をそこから出してはいけない』(2022/7/13発売)

文庫最新刊

祥伝社

<あらすじ>
フリーライターの大塚文乃は注目の画家、荒木一夫のルポを書くため、個展を訪ねた。

ダムに沈んだ荒木の故郷、小楷町を再現した絵の前に立ったとき、いるはずのない少女が絵の中に現れ、文乃は気を失ってしまう。

後日、小楷町の歴史を調べるうちに、「ツキノネ」と呼ばれる土着宗教の神の存在を知るが、その名はある老夫婦の惨殺現場で発見された少女と同じものだった…………。

2019年の単行本『ツキノネ』を改題した文庫版です。

2.『ねなしぐさ 平賀源内の殺人』(2022/6/7発売)

宝島社

<あらすじ>
身分は侍、本業は本草学者。医学や蘭学、鉱物の知識にも明るく、戯作者、発明家といったよろずの才を持つ平賀源内。

ある朝、彼が自宅で目を覚ますと、部屋には男の亡骸が転がっていた。知らせを受けて駆けつけた杉田玄白の前には、脇差を手に持ち、茫然自失とする源内の姿があり、記憶がないとただ首を振るばかり……。

稀代の天才の身にいったい何があったのか。

2019年の単行本の文庫版です。

3.『仇討検校』(2021/8/30発売)

新潮社

<あらすじ>
鍼灸道を確立し、五代将軍綱吉の御殿医にまで登りつめた鍼聖・杉山検校。じつは、贋者だった!?

一度でも人を斬り殺したものは、血塗られた仇討の連鎖からは逃れられないのか。怨念の呪縛に囚われ、自らを偽り、仕込み杖を携え盲目を装い、因果の大渦から逃げ続けた恩讐の彼方に、果たしてその目が見たものは――。

目眩くほど壮絶な八十五年の生涯を描いた、一気読み必至の時代サスペンス。

2018年の単行本『見返り検校』を改題した文庫版です。

4.『ライプツィヒの犬』(2020/5/15発売)

祥伝社

<あらすじ>
世界的劇作家の幻の新作。リハーサル中にすり替えられた小道具。そして、台本もろとも失踪した老作家――――遥かドイツの地で、若き日本人劇作家がその足取りを追う

反体制劇で著名な劇作家・ギジと知遇を得た新鋭・内藤岳は渡独し、教えを乞う。岳が補佐することになった三十年ぶりの新作翻案劇『R/J』は台本未着のまま、公開稽古が始まった。その舞台上、何者かにすり替えられた小道具で女優が腹部に刺傷を負う事件が発生、ギジ本人は失踪した――。

演劇研究者の桐山と足取りを辿ると、ギジの車から台本の一部が発見され……。

2017年の単行本の文庫版です。

5.『機巧のイヴ 帝都浪漫篇』(2020/1/27発売)

新潮社

<あらすじ>
浪漫とモダニズムの花咲く1918年。美しき機巧人形・伊武は、女学校の友人・ナオミとともに訪れた猫地蔵坂ホテルで、ある男と運命の出会いを果たす。

恋の始まりを予感したそのとき、幸せな日常を引き裂く大震災が襲う。時代の波に翻弄され、廻り出す運命の歯車。そして物語は、大陸の新国家・如洲へ――。

心を持たない人形が問いかける、愛とは、そして魂とは。日本SF小説史に残る圧倒的傑作。

 


文庫本の新刊情報は以上になります。



まとめ

それぞれおさらいします。

単行本新刊

  1. 『戯場國の怪人』(2023/7/20発売)
  2. 『愚か者の島』(2021/1/7発売)
  3. 『ドライドックNo.8 乾船渠八號』(2020/5/15発売)
  4. 『ねなしぐさ 平賀源内の殺人』(2020/2/10発売)
  5. 『ツキノネ』(2019/7/11発売)

以上になります。次作が楽しみですね。

それでは、良い読書体験を!

関連記事

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

「Kindle Unlimited」は、月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ふだんそのくらいの量の本を読んでいる方や、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

 

ABOUT ME
ノルン
現役小説家。エンタメ作品を中心に著作多数。他の作家さんの新刊情報をメインにお届けします。
こちらの記事もおすすめ