シリーズ作品の読む順番

堂場瞬一「ラストライン」シリーズの最新刊と読む順番、あらすじまとめ

堂場瞬一「ラストライン」シリーズの最新刊と読む順番、あらすじまとめ

堂場瞬一さんの「ラストライン」シリーズは、ベテラン刑事の岩倉剛が、自身の持つ超記憶能力を活かして事件を捜査していくという作品。

そんな堂場瞬一さんの「ラストライン」シリーズの読む順番を紹介いたします!

堂場瞬一「ラストライン」シリーズ読む順番

現在3作が文藝春秋から刊行されています。

おすすめの読む順番としても刊行順が一番良いので、順番に紹介していきます。

1.『ラストライン』(2018年)

<あらすじ>
定年まであと十年のベテラン刑事岩倉剛。五十歳の誕生日の目前、捜査一課より南大田署に配属となった直後に管内で独居老人が殺される。

異動の先々で事件を呼ぶと言われる岩倉は、元交番勤務の後輩・伊東彩香と捜査に加わるが、さらに新聞記者の自殺が発覚。二つの出来事に関連はあるのか―。

待望の新たな警察小説が誕生!

こちらが第一作。定年まであと10年というベテラン刑事の岩倉が、女性刑事とタッグを組んでどのように事件を解決していくのか。

堂場さんのさすがの筆致で一気に読ませます。

2.『割れた誇り ラストライン2』(2019年)

<あらすじ>
前作で捜査一課から南大田署に異動し、管内で起きた殺人事件を解決した〝事件を呼ぶ”ベテラン刑事・岩倉剛。

今回は、前年に発生した女子大生殺人事件の容疑者・田岡勇太が、逮捕後の地裁での裁判で無罪となったことから起きる騒動に巻き込まれていく。

自宅に戻った田岡だが、殺された女子大生の恋人だった光山翔也が押しかけてくるなど、近所は不穏な空気に。

そんな中、さらに次々と連続して事件が起こる――。

こちらが二作目です。

無罪判決の出た容疑者に起こる事件を、岩倉はどう解決していくのでしょうか。

3.『迷路の始まり ラストライン3』(2020年)

最新刊

<あらすじ>
都内の南大田署管内で深夜、殺人事件が発生。捜査は難航するも、やがて被害男性が、同時期に都内の別の場所で殺された女性の被害者と接点があったことが判明。

だが精密機械メーカー勤務の男と、一方でテレビでも活躍する女性経済評論家はどこでつながっていたのか。

意見の相違から本部内で浮いてしまい、捜査より外された岩倉は一人でこつこつと捜査を進めて行く。徐々に真相が明らかになる中で、やがて彼の前には得体の知れない犯罪組織が姿を現すのだった――。

こちらが最新作です。

捜査を外れた岩倉はどんな行動を……?



まとめ

それではおさらいします。

堂場瞬一「ラストライン」シリーズの読む順番は以上のようになります。

魅力的な岩倉刑事の活躍する本シリーズはまだまだ3作。すぐに追いつけますので、未読の方はぜひ読んでみてくださいね。

それでは、良い読書体験を!

関連記事

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

Kindle Unlimitedは月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です