シリーズ作品の読む順番

五十嵐貴久「吉祥寺探偵シリーズ」の最新刊と読む順番、あらすじまとめ

五十嵐貴久「吉祥寺探偵シリーズ」の最新刊と読む順番、あらすじまとめ

五十嵐貴久さんの「吉祥寺探偵シリーズ」は、吉祥寺の街で起こる事件を主人公が奔走して解決していくという人気シリーズ。

そんな五十嵐貴久さんの「吉祥寺探偵シリーズ」の読む順番を紹介いたします!

五十嵐貴久「吉祥寺探偵シリーズ」読む順番

現在5作が双葉社から刊行されています。

おすすめの読む順番としても刊行順が一番良いので、順番に紹介していきます。

現在刊行中の作品は以下になります。

それでは、あらすじも含めて順番に見ていきましょう。

1.『消えた少女 吉祥寺探偵物語』(2014年)

<あらすじ>
おれ、川庄、38歳、バツイチ、息子あり。コンビニのバイトと家事を終え、夜な夜なバーに出かける日々。

ある日、オカマバーのママ、京子ちゃんからある女性を紹介された。1年前、この吉祥寺で小学1年生の少女がいなくなってちょっとした騒ぎになったが、その母親だった。

母親から娘を捜してくれと頼まれるおれ。美人に弱いおれはつい引き受けてしまうが、いったいどうすればよいのか…。

著者初の文庫書き下ろしは、東京・吉祥寺を舞台に探偵が活躍するミステリー。

こちらが第1作目。

コミカルっぽさもありながら、重い展開へと進んでいきます。

2.『最後の嘘 吉祥寺探偵物語』(2014年)

<あらすじ>
探偵・川庄が活躍する「吉祥寺探偵物語」シリーズ第2弾。

ある日、いつものようにコンビニで働く川庄のもとに男が訪れ、半ば拉致されるようにホテルに連れていかれる。

そこで、高名な政治家からある秘密を打ち明けられ、一人の少女を捜してほしいと依頼を受ける。

少女を見つけるべく、なれないクラブに繰り出す川庄は、そこで顔見知りのヤクザ・佐久間と会う。佐久間は、ある噂を語りだす……。

2作目は政治家からの少女捜索依頼。どんな結末を迎えるのか。

3.『六つの希望 吉祥寺探偵物語』(2014年)

<あらすじ>
探偵・川庄が活躍する「吉祥寺探偵物語」シリーズ第3弾。

川庄はいつものようにコンビニで働いていた。そこにフルフェイスのヘルメットをかぶった6人が入ってくる。

尋常ならざる雰囲気だが、案の定、彼らはコンビニにいた客らを人質に店を占拠した。警察に出した彼らの要求とは……。

3作目は強盗に店を占拠されるという大事件。意外な結末を迎えます。

4.『盗まれた視線 吉祥寺探偵物語』(2015年)

<あらすじ>
探偵・川庄が活躍する「吉祥寺探偵物語」シリーズ第4弾。

川庄の元に、警視庁の刑事・工藤が訪ねてくる。そして、有無を言わせないかたちで川庄に姪っ子の警護を命じてくる。

聞けば、ストーカーに遭っているようなのだ。仕方なく仕事を受ける川庄。やがて、犯人らしき男を見つけるが……。

4作目はストーカー事件を追いますが、その犯人らしき男とは……。

5.『いつかの少年 吉祥寺探偵物語』(2015年)

<あらすじ>
探偵・川庄が活躍する「吉祥寺探偵物語」シリーズ第5弾は、川庄の小学6年の息子・健人の恋物語から始まる。

聞けば年上だという。なかなかやるもんだと感心する川庄に、シリーズ3作目『六つの希望』でコンビニを占拠した宮田から、吉祥寺一帯で振り込め詐欺の被害が広がっている話を聞かされる。

事情を探る川庄は、あることに気づくが……。

5作目は振り込め詐欺の真相を探っていきます。



まとめ

それではおさらいします。

五十嵐貴久「吉祥寺探偵物語」の読む順番は以上のようになります。

一応5作で終わりっぽいですが、私も昔吉祥寺に住んでいたこともあり、再開してほしいですね~。

それでは、良い読書体験を!

関連記事

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

Kindle Unlimitedは月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です