小説

森見登美彦「有頂天家族シリーズ(たぬきシリーズ)」の最新刊と読む順番、あらすじまとめ

森見登美彦「有頂天家族シリーズ(たぬきシリーズ)」の最新刊と読む順番、あらすじまとめ

森見登美彦さんの「有頂天家族シリーズ」は、狸の名門・下鴨家の三男の矢三郎が京都の街で活躍する人気シリーズ

そんな森見登美彦さんの「有頂天家族シリーズ」の読む順番を紹介いたします!

森見登美彦「有頂天家族シリーズ」の読む順番

現在2作が幻冬舎から刊行されています。

おすすめの読む順番としても刊行順が一番良いので、順番に紹介していきます。

一覧は以下になります。

それでは、あらすじも含めて順番に見ていきましょう。

1.『有頂天家族』(2007年)

<あらすじ>
「面白きことは良きことなり!」が口癖の矢三郎は、狸の名門・下鴨家の三男。

宿敵・夷川家が幅を利かせる京都の街を、一族の誇りをかけて、兄弟たちと駆け廻る。が、家族はみんなへなちょこで、ライバル狸は底意地悪く、矢三郎が慕う天狗は落ちぶれて人間の美女にうつつをぬかす。

世紀の大騒動を、ふわふわの愛で包む、傑作・毛玉ファンタジー。

こちらが第1作目。

森見さんが得意とする京都の街を舞台に、狸一族が駆け回るファンタジー。森見節全開のストーリーは今作でもいかんなく発揮されています。

2.『有頂天家族 二代目の帰朝』(2015年)

<あらすじ>
狸の名門・下鴨家の矢三郎は、親譲りの無鉄砲で子狸の頃から顰蹙ばかり買っている。皆が恐れる天狗や人間にもちょっかいばかり。

そんなある日、老いぼれ天狗・赤玉先生の跡継ぎ“二代目”が英国より帰朝し、狸界は大困惑。

人間の悪食集団「金曜倶楽部」は、恒例の狸鍋の具を探しているし、平和な日々はどこへやら…。矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!

2作目。

天狗の二代目が登場し、狸の世界にも影響を与えていきます。矢三郎たちに平和は訪れるのでしょうか…?



まとめ

それではおさらいします。

森見登美彦「有頂天家族シリーズ」の読む順番は以上のようになります。

現在2作ですのでぜひ読んでみてくださいね。

それでは、良い読書体験を!

関連記事

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

Kindle Unlimitedは月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です