おすすめ小説ランキング

綾辻行人「館シリーズ」の最新刊、読む順番とおすすめランキング5選

綾辻行人「館シリーズ」の読む順番とおすすめランキング5選

1987年に刊行された『十角館の殺人』は新本格ブームを起こし、綾辻行人さんの代表作として揺るぎない作品となりました。

以降も「館シリーズ」として数々の作品が発表されましたが、どの順番で読めばいいのかわからないという方もいるはず。

そこで、「館シリーズ」の読む順番を、刊行順とおすすめ順にわけて紹介いたします!

まずは刊行順からいきましょう。

綾辻行人「館シリーズ」刊行順(読む順番)

読む順番としては刊行順で問題ありませんので、順番に紹介していきますね。

1.『十角館の殺人』(1987年)

<あらすじ>
十角形の奇妙な館が建つ孤島・角島を大学ミステリ研の七人が訪れた。

館を建てた建築家・中村青司は、半年前に炎上した青屋敷で焼死したという。やがて学生たちを襲う連続殺人。

ミステリ史上最大級の、驚愕の結末が読者を待ち受ける!’

87年の刊行以来、多くの読者に衝撃を与え続けた名作が新装改訂版で登場。

まさに金字塔的な作品。

ここからすべてが始まります。

2.『水車館の殺人』(1988年)

<あらすじ>
仮面の当主と孤独な美少女が住まう異形の館、水車館。

一年前の嵐の夜を悪夢に変えた不可解な惨劇が、今年も繰り返されるのか? 密室から消失した男の謎、そして幻想画家・藤沼一成の遺作「幻影群像」を巡る恐るべき秘密とは…!?

本格ミステリの復権を高らかに謳った「館」シリーズ第二弾、全面改訂の決定版。

3.『迷路館の殺人』(1988年)

<あらすじ>
奇妙奇天烈な地下の館、迷路館。

招かれた四人の作家たちは莫大な“賞金”をかけて、この館を舞台にした推理小説の競作を始めるが、それは恐るべき連続殺人劇の開幕でもあった。

周到な企みと徹底的な遊び心でミステリファンを驚喜させたシリーズ第三作、待望の新装改訂版。

初期「新本格」を象徴する傑作。

4.『人形館の殺人』(1989年)

<あらすじ>
父が飛龍想一に遺した京都の屋敷―顔のないマネキン人形が邸内各所に佇む「人形館」。

街では残忍な通り魔殺人が続発し、想一自身にも姿なき脅迫者の影が迫る。彼は旧友・島田潔に助けを求めるが、破局への秒読みはすでに始まっていた!?

シリーズ中、ひときわ異彩を放つ第四の「館」、新装改訂版でここに。

5.『時計館の殺人』(1991年)

<あらすじ>
鎌倉の外れに建つ謎の館、時計館。

角島・十角館の惨劇を知る江南孝明は、オカルト雑誌の“取材班”の一員としてこの館を訪れる。館に棲むという少女の亡霊と接触した交霊会の夜、忽然と姿を消す美貌の霊能者。

閉ざされた館内ではそして、恐るべき殺人劇の幕が上がる!

第45回日本推理作家協会賞に輝く不朽の名作、満を持しての新装改訂版。

第45回日本推理作家協会賞受賞作です。

6.『黒猫館の殺人』(1992年)

<あらすじ>
大いなる謎を秘めた館、黒猫館。

火災で重傷を負い、記憶を失った老人・鮎田冬馬の奇妙な依頼を受け、推理作家・鹿谷門実と江南孝明は、東京から札幌、そして阿寒へと向かう。

深い森の中に建つその館で待ち受ける、“世界”が揺らぐような真実とは!?

シリーズ屈指の大仕掛けを、読者は見破ることができるか?

7.『暗黒館の殺人』(2004年)

<あらすじ>
蒼白い霧に峠を越えると、湖上の小島に建つ漆黒の館に辿り着く。忌まわしき影に包まれた浦登家の人々が住まう「暗黒館」。

当主の息子・玄児に招かれた大学生・中也は、数々の謎めいた出来事に遭遇する。

十角塔からの墜落者、座敷牢、美しい異形の双子、そして奇怪な宴…。著者畢生の巨編、ここに開幕。

全四巻という大ボリュームで、ラストの驚きも四倍です。

8.『びっくり館の殺人』(2006年)

<あらすじ>
あやしい噂が囁かれるお屋敷町の洋館、その名もびっくり館。

館に住む少年と友だちになった三知也たちは、少年の祖父が演じる異様な腹話術劇におののくが…クリスマスの夜、ついに勃発する密室の惨劇!

悪夢の果てに待ち受ける戦慄の真相とは!?ミステリーランド発、「館」シリーズ第八弾、待望の文庫化。

9.『奇面館の殺人』(2012年)

<あらすじ>
奇面館主人・影山逸史が主催する奇妙な集い。

招待された客人たちは全員、館に伝わる“鍵の掛かる仮面”で顔を隠さねばならないのだ。季節外れの大雪で館が孤立する中、“奇面の間”で勃発する血みどろの惨劇。

発見された死体からは何故か、頭部と両手の指が消えていた!

大人気「館」シリーズ、待望の最新作。

続いておすすめ順です。



綾辻行人「館シリーズ」おすすめ順5選

1.『十角館の殺人』(1987年)

『十角館の殺人』は、おすすめ順でも最初に読むべき作品でしょう。

2.『時計館の殺人』(1991年)

第45回日本推理作家協会賞受賞作のこちらが2位。とにかくキレキレです。

3.『迷路館の殺人』(1988年)

仕掛けを楽しんで欲しい一作ということで3位に。

4.『人形館の殺人』(1989年)

ちょっと変化球的な作品ですが、4位に推しました。

5.『暗黒館の殺人』(2004年)

ボリュームもすごいですが、ラストまで到達した充実感と驚愕の度合いはたまりません。

以上、おすすめ5選でした。

残りの4作は、個人の好みで選んでいただいて構いません。猫が好きなので「黒猫館」……とか。

どれも佳作ぞろいなので、楽しめるでしょう!

おすすめ作品を紹介してきましたが、一番良いのは「刊行順」に読むことかなと思います。余裕があれば、ぜひ順番に読んでみてください。



まとめ

それでは、それぞれおさらいします。

■「館シリーズ」刊行順

  1. 『十角館の殺人』(1987年)
  2. 『水車館の殺人』(1988年)
  3. 『迷路館の殺人』(1988年)
  4. 『人形館の殺人』(1989年)
  5. 『時計館の殺人』(1991年)
  6. 『黒猫館の殺人』(1992年)
  7. 『暗黒館の殺人』(2004年)
  8. 『びっくり館の殺人』(2006年)
  9. 『奇面館の殺人』(2012年)

■「館シリーズ」おすすめ順5選

  1. 『十角館の殺人』(1987年)
  2. 『時計館の殺人』(1991年)
  3. 『迷路館の殺人』(1988年)
  4. 『人形館の殺人』(1989年)
  5. 『暗黒館の殺人』(2004年)

館シリーズは2012年を最後に刊行されていません。

記念すべき10作目はいつ発表されるのでしょうか。楽しみに待っています!

関連記事

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です