小説

【2020年最新版】朝井リョウの単行本・文庫の新刊・新作最新情報【新刊予定も】

朝井リョウの単行本・文庫の新刊・新作最新情報【新刊予定も】

『桐島、部活やめるってよ』で鮮烈なデビューを遂げた朝井リョウさん。

戦後最年少直木賞作家として、悩める青少年や少女たちの心情をつづる青春小説を数多く発表しています。

そこで朝井リョウさんの新刊情報をまとめました!

それぞれ最新刊から3冊を紹介しています。

※新刊予定については新刊情報が入り次第、単行本と文庫の「1.」に記載します

朝井リョウの単行本新刊情報

1.『発注いただきました!』(2020/3/5発売)

最新刊

エッセイ

<あらすじ>
『桐島、部活やめるってよ』でのデビューから十年。

森永製菓、ディオール、JT、JRA、アサヒビール、サッポロビール、資生堂、JA共済など、様々な企業からの原稿依頼があった。原稿枚数や登場人物、物語のシチュエーションなど、小説誌ではあまり例を見ないような制約、お題が与えられるなか、著者はどのように応えてきたのか!?

「キャラメルが登場する小説」「人生の相棒をテーマにする短編」「ウイスキーにまつわる小説」「20を題材にした小説」など、短編小説十四本、エッセイ六本。

普段は明かされることのない原稿依頼内容と、書き終えての自作解説も収録された一冊。十周年に合わせて依頼された新作小説も収録。

単行本はこちらが最新刊です。

2.『どうしても生きてる』(2019/10/10発売

短編集

<あらすじ>
死んでしまいたい、と思うとき、そこに明確な理由はない。心は答え合わせなどできない。(『健やかな論理』)。

家庭、仕事、夢、過去、現在、未来。どこに向かって立てば、生きることに対して後ろめたくなくいられるのだろう。(『流転』)。

あなたが見下してバカにしているものが、私の命を引き延ばしている。(『七分二十四秒めへ』)。

社会は変わるべきだけど、今の生活は変えられない。だから考えることをやめました。(『風が吹いたとて』)。

尊敬する上司のSM動画が流出した。本当の痛みの在り処が映されているような気がした。(『そんなの痛いに決まってる』)。

性別、容姿、家庭環境。生まれたときに引かされる籤は、どんな枝にも結べない。(『籤』)。

現代の声なき声を掬いとり、ほのかな光を灯す至高の傑作。

3.『死にがいを求めて生きているの』(2019/3/7発売)

<あらすじ>
植物状態のまま病院で眠る智也と、献身的に見守る雄介。

二人の間に横たわる“歪な真実”とは?毎日の繰り返しに倦んだ看護師、クラスで浮かないよう立ち回る転校生、注目を浴びようともがく大学生、時代に取り残された中年ディレクター。

交わるはずのない点と点が、智也と雄介をなぞる線になるとき、目隠しをされた“平成”という時代の闇が露わになる―“平成”を生きる若者たちが背負う自滅と祈りの物語。

単行本は以上です。続いて文庫の新刊を見ていきましょう!



朝井リョウの文庫本新刊情報

1.『風と共にゆとりぬ』(2020/5/8発売)

最新刊

エッセイ

<あらすじ>
読んで得るもの特にナシ!

500枚超の楽しいことだけ詰まった大ボリュームエッセイ集。

多くの読者に愛された、戦後最年少直木賞作家のユーモアあふれるエッセイ集が待望の文庫化。

初出は2017年の単行本の文庫版です。

2.『何様』(2019/6/26発売)

短編集

<あらすじ>
生きるとは、何者かになったつもりの自分に裏切られ続けることだ。

直木賞受賞作『何者』に潜む謎がいま明かされる―。光太郎の初恋の相手とは誰なのか。理香と隆良の出会いは。社会人になったサワ先輩。烏丸ギンジの現在。瑞月の父親に起こった出来事。拓人とともにネット通販会社の面接を受けた学生のその後。

就活の先にある人生の発見と考察を描く6編!

初出は2016年の単行本の文庫版です。

3.『ままならないから私とあなた』(2019/4/10発売)

中編集

<あらすじ>
天才少女と呼ばれ、成長に従い無駄なことを切り捨てていく薫と、無駄なものにこそ人のあたたかみが宿ると考える雪子。

すれ違う友情と人生の行方を描く表題作。男が先輩の結婚式で出会った美女は、人間関係を「レンタル」で成立させる業者だった―「レンタル世界」。

既存の価値観を心地よく揺さぶる二篇を収録。

初出は2016年の単行本の文庫版です。



まとめ

それぞれおさらいします。

単行本新刊

  1. 『発注いただきました!』(2020/3/5発売)
  2. 『どうしても生きてる』(2019/10/10発売)
  3. 『死にがいを求めて生きているの』(2019/3/7発売)

文庫本新刊

  1. 『風と共にゆとりぬ』(2020/5/8発売)
  2. 『何様』(2019/6/26発売)
  3. 『ままならないから私とあなた』(2019/4/10発売)

エッセイも含めてコンスタントに発表し続ける朝井リョウさん。

引き続き新刊情報を追っていきます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です