小説

【2022年最新版】朝井リョウの単行本・文庫の新刊・新作最新情報【新刊予定も】

朝井リョウの単行本・文庫の新刊・新作最新情報【新刊予定も】

『桐島、部活やめるってよ』で鮮烈なデビューを遂げた朝井リョウさん。

戦後最年少直木賞作家として、悩める青少年や少女たちの心情をつづる青春小説を数多く発表しています。

そこで朝井リョウさんの新刊情報をまとめました!

それぞれ最新刊から3冊を紹介しています。

※新刊予定については新刊情報が入り次第、単行本と文庫の「1.」に記載します

朝井リョウの単行本新刊情報

1.『そして誰もゆとらなくなった』(2022/8/8発売)

最新刊、エッセイ

文藝春秋

<あらすじ>
修羅!腹痛との戦い
戦慄!催眠術体験
迷惑!十年ぶりのダンスレッスン
他力本願!引っ越しあれこれ
生活習慣病!スイーツ狂の日々
帰れ!北米&南米への旅etc……

一生懸命生きていたら生まれてしまったエピソード全20編を収録。楽しいだけの読書をしたいあなたに贈る一冊です。

単行本はこちらが最新刊です。

2.『正欲』(2021/3/26発売)

新潮社

<あらすじ>
生き延びるために手を組みませんか――

いびつで孤独な魂が奇跡のように巡り遭う。

あなたの想像力の外側を行く、気迫の書下ろし長篇。

 

3.『スター』(2020/10/7発売)

朝日新聞出版

<あらすじ>
「どっちが先に有名監督になるか、勝負だな」

新人の登竜門となる映画祭でグランプリを受賞した立原尚吾と大土井紘。ふたりは大学卒業後、名監督への弟子入りとYouTubeでの発信という真逆の道を選ぶ。

受賞歴、再生回数、完成度、利益、受け手の反応――

作品の質や価値は何をもって測られるのか。私たちはこの世界に、どの物差しを添えるのか。

朝日新聞連載、デビュー10年にして放つ新世代の長編小説。

 


単行本は以上です。続いて文庫の新刊を見ていきましょう!



朝井リョウの文庫本新刊情報

1.『死にがいを求めて生きているの』(2022/10/21発売)

文庫最新刊

中央公論新社

<あらすじ>
植物状態のまま病院で眠る智也と、献身的に見守る雄介。二人の間に横たわる〝歪な真実〟とは?

毎日の繰り返しに倦んだ看護士、クラスで浮かないよう立ち回る転校生、注目を浴びようともがく大学生、時代に取り残された中年ディレクター。

交わるはずのない点と点が、智也と雄介をなぞる線になるとき、目隠しをされた〝平成〟という時代の闇が露わになる。

今を生きる人すべてが向き合わざるを得ない、自滅と祈りの物語。

2019年の単行本の文庫版です。

2.『発注いただきました!』(2022/6/17発売)

集英社

<あらすじ>
『桐島、部活やめるってよ』でのデビューから十年。

森永製菓、ディオール、JT、JRA、アサヒビール、サッポロビール、資生堂、JA共済など、様々な企業からの原稿依頼があった。

原稿枚数や登場人物、物語のシチュエーションなど、小説誌ではあまり例を見ないような制約、お題が与えられるなか、著者はどのように応えてきたのか!?

「キャラメルが登場する小説」「人生の相棒をテーマにする短編」「ウイスキーにまつわる小説」「20を題材にした小説」など。

2019年の単行本の文庫版です。

3.『どうしても生きてる』(2021/12/9発売)

短編集

幻冬舎

<あらすじ>
死んでしまいたい、と思うとき、そこに明確な理由はない。心は答え合わせなどできない。『健やかな論理』

家庭、仕事、夢、過去、現在、未来。どこに向かって立てば、生きることに対して後ろめたくなくいられるのだろう。『流転』

あなたが見下してバカにしているものが、私の命を引き延ばしている。『七分二十四秒目へ』

社会は変わるべきだけど、今の生活は変えられない。だから考えることをやめました。『風が吹いたとて』

尊敬する上司のSM動画が流出した。本当の痛みの在り処が映されているような気がした。『そんなの痛いに決まってる』

性別、容姿、家庭環境。生まれたときに引かされる籤は、どんな枝にも結べない。『籤』

2019年の単行本の文庫版です。



まとめ

それぞれおさらいします。

単行本新刊

  1. 『そして誰もゆとらなくなった』(2022/8/8発売)
  2. 『正欲』(2021/3/26発売)
  3. 『スター』(2020/10/7発売)

文庫本新刊

  1. 『死にがいを求めて生きているの』(2022/10/21発売)
  2. 『発注いただきました!』(2022/6/17発売)
  3. 『どうしても生きてる』(2021/12/9発売)

エッセイも含めてコンスタントに発表し続ける朝井リョウさん。

引き続き新刊情報を追っていきます!

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

「Kindle Unlimited」は、月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ふだんそのくらいの量の本を読んでいる方や、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。