小説

【2022年最新版】白井智之の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

2014年、第34回横溝正史ミステリ大賞の最終候補作となった『人間の顔は食べづらい』で有栖川有栖さん、道尾秀介さんの推薦を受けてデビューした白井智之(しらい・ともゆき)ん。

そんな白井智之さんの新刊情報をまとめました!

それぞれ最新刊から3冊を紹介しています。

※新刊予定については新刊情報が入り次第、「1.」に記載します

それでは、簡単なあらすじを含めてそれぞれ見ていきましょう。

白井智之の単行本新刊情報

1.『名探偵のいけにえ』(2022/9/15発売)

最新刊

新潮社

<あらすじ>
病気も怪我も存在せず、失われた四肢さえ蘇る、奇蹟の楽園ジョーデンタウン。

調査に赴いたまま戻らない助手を心配して教団の本拠地に乗り込んだ探偵・大塒は、次々と不審な死に遭遇する。

奇蹟を信じる人々に、現実世界のロジックは通用するのか?

こちらが単行本の最新刊になります。

2.『死体の汁を啜れ』(2021/8/30発売)

実業之日本社

<あらすじ>
この街では、なぜか人がよく殺される。

小さな港町、牟黒市。殺人事件の発生率は、南アフリカのケープタウンと同じくらい。豚の頭をかぶった死体。頭と手足を切断された死体。胃袋が破裂した死体。死体の腹の中の死体……。

事件の謎を追うのは、推理作家、悪徳刑事、女子高生、そして深夜ラジオ好きのやくざ。

前代未聞の死体から始まる、新時代の本格ミステリ!

 

3.『ミステリー・オーバードーズ』(2021/5/25発売)

光文社

<あらすじ>
召し上がれ、致死量の謎。鬼才が腕を振るう、5つの“美味しい”本格ミステリー。

嫌悪か、恐怖か、悦楽か――脳を揺さぶる白井智之ワールド!

 


単行本は以上です。続いて文庫の新刊を見ていきましょう!



白井智之の文庫本新刊情報

1.『お前の彼女は二階で茹で死に』(2022/8/5発売)

文庫最新刊

実業之日本社

<あらすじ>
自殺した妹・リチウム(ミミズ人間)の仇を討つために、刑事になったヒコボシ。事件を追いながら、リチウムを自殺に追い込んだ連中の尻尾を摑み、破滅させてやろうとたくらむ。

事件の謎を解くのは、天才的な推理力を持つ女子高生探偵・マホマホ。しかし、彼女はヒコボシに監禁されていて……。

文庫化に際し大幅改稿、著者渾身の本格ミステリ大作!

2018年の刊行作品の文庫版です。

2.『そして誰も死ななかった』(2022/1/21発売)

KADOKAWA

<あらすじ>
五人全員が死んだとき――本当の「事件」が始まる。

覆面作家・天城菖蒲から、絶海の孤島に建つ天城館に招待された五人の推理作家。やがて作家たちは次々と奇怪を死を遂げ、そして誰もいなくなったとき、本当の「事件」の幕が開く。

特殊設定ミステリの真骨頂!

2019年の刊行作品の文庫版です。

3.『少女を殺す100の方法』(2020/12/9発売)

光文社

<あらすじ>
「死んでる? 誰が」「?みんなです」とある女子中学校で二年A組の生徒全員が殺された。教頭のクサカベは警察より先に犯人を見つけ出そうとするが……。(「少女教室」)

ミロが夏休みを過ごすことになったウラ地区では、年に一度、空から少女が降ってくるという……。(「少女が町に降ってくる」)

グロテスクなのに、ロジカル。本格ミステリ界の鬼才が贈る「少女の大量死」全八編!

 



まとめ

それぞれおさらいします。

以上になります。次作が楽しみですね。

それでは、良い読書体験を!

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

「Kindle Unlimited」は、月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ふだんそのくらいの量の本を読んでいる方や、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。