小説

アンソニー・ホロヴィッツ「ホーソーン&ホロヴィッツ シリーズ」の最新作と読む順番、あらすじまとめ

アンソニー・ホロヴィッツ「ホーソーン&ホロヴィッツ シリーズ」の最新作と読む順番、あらすじまとめ

アンソニー・ホロヴィッツ「ホーソーン&ホロヴィッツ シリーズ」は刑事ホーソーンと作家・ホロヴィッツが難事件に挑む、イギリスの人気シリーズ。

そんなアンソニー・ホロヴィッツ「ホーソーン&ホロヴィッツ シリーズ」の読む順番を紹介いたします!

「ホーソーン&ホロヴィッツ シリーズ」の読む順番

現在2作が東京創元社から刊行されています。

おすすめの読む順番としても刊行順が一番良いので、順番に紹介していきます。

一覧は以下になります。

それでは、あらすじも含めて順番に見ていきましょう。

1.『メインテーマは殺人』(2019年)

<あらすじ>
自らの葬儀の手配をした当日、資産家の婦人が絞殺される。彼女は殺されることを知っていたのか?

作家のわたし、アンソニー・ホロヴィッツは、テレビ・ドラマの脚本執筆で知り合った元刑事のホーソーンから連絡を受ける。この奇妙な事件を捜査する自分を描かないかというのだ……。

かくしてわたしは、きわめて有能だが偏屈な男と行動をともにすることに……。

7冠制覇『カササギ殺人事件』に続く、ミステリの面白さ全開の傑作登場!

こちらが第1作目。

主人公のホロヴィッツも変わり者ですが、刑事のホーソーンはそれに輪をかけた変わり者。しかし事件に対する眼光は鋭く、事件を解決に導いていきます。

・第1位『このミステリーがすごい! 2020年版』海外編
・第1位〈週刊文春〉2019ミステリーベスト10 海外部門
・第1位『2020本格ミステリ・ベスト10』海外篇
・第1位〈ハヤカワ・ミステリマガジン〉ミステリが読みたい! 海外篇

をそれぞれ獲得しています。

2.『その裁きは死』(2020年)

<あらすじ>
実直さが評判の離婚専門の弁護士が殺害された。現場の壁にはペンキで乱暴に描かれた数字“182″。被害者が殺される直前に残した謎の言葉。

脚本を手がけた『刑事フォイル』の撮影に立ち会っていたわたし、ホロヴィッツは、元刑事の探偵ホーソーンから、再び奇妙な事件の捜査に引きずりこまれて――。

年末ミステリランキングを完全制覇した『メインテーマは殺人』に並ぶ、シリーズ第二弾! 驚嘆確実、完全無比の犯人当てミステリ。

2作目。

こちらが最新刊。ホロヴィッツはまたもやホーソーンの捜査に巻き込まれて、殺人事件の解明に関わっていきます。



まとめ

それではおさらいします。

アンソニー・ホロヴィッツ「ホーソーン&ホロヴィッツ シリーズ」の読む順番は以上のようになります。

まだまだ2作。海外作品ですが最近の翻訳は読みやすいですので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

それでは、良い読書体験を!

関連記事

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

Kindle Unlimitedは月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です