新刊、新作情報

【2020年最新版】海堂尊の単行本・文庫の新刊・新作最新情報【新刊予定も】

海堂尊の単行本・文庫の新刊・新作最新情報【新刊予定も】

デビュー作『チーム・バチスタの栄光』が大ベストセラーとなった海堂尊さんは、その後も医師として医療小説を多く刊行しています。

そんな海堂尊さんの単行本と文庫の新刊情報をまとめました!

それぞれ最新刊から3冊を紹介しています。

※新刊予定については新刊情報が入り次第、単行本と文庫の「1.」に記載します

海堂尊の単行本新刊情報

1.『フィデル出陣 ポーラースター』(2020/7/29発売)

最新刊

文藝春秋

<あらすじ>
青年ケネディやダレスCIA長官が暗躍する米国と対峙し、革命への礎を築いた、若きフィデル・カストロの真の姿が浮かび上がる。

単行本はこちらが最新刊です。

2.『コロナ黙示録』(2020/7/10発売)

宝島社

<あらすじ>
作家・医学博士の海堂尊が、「新型コロナウイルスと人類の闘い」を描いた小説を緊急出版! 2019年11月。

北海道、雪見救命救急センターに入院していた患者の容態が急変し、死亡してしまう。病状の経過におかしなものを感じた速水センター長は、北海道知事となった元・極北市市長の益村知事と、緊密な連絡を取り始める。

一人の患者の不可解な死は、日本を襲う恐るべき災厄の始まりにすぎなかった。新型コロナウイルスの襲来により、日本は大混乱に陥る。

そんな中、北海道と桜宮市では、懸命な社会防衛が医療主体に行われようとしていた――。

3.『氷獄』(2019/7/31発売)

短編集

KADOKAWA

<あらすじ>
「私が絞首台に吊されるその時、日本の正義は亡びるのです」。

新人弁護士・日高正義が初めて担当する事件は、2年前、手術室での連続殺人として世を震撼させた「バチスタ・スキャンダル」だった。被疑者の黙秘に苦戦し、死刑に追い込めない検察。弁護をも拒み続ける被疑者に日高正義は、ある提案を持ち掛けた。こうして2人は、被疑者の死刑と引き換えに、それぞれの戦いを開始する―。(「氷獄」)

『チーム・バチスタの栄光』のその後を描いた表題作を含む、全4篇。

待望のシリーズ最新作。田口・白鳥も登場!

チーム・バチスタのその後……を描いた短編集です。

関連記事>海堂尊「チーム・バチスタシリーズ」の最新作と読む順番、あらすじまとめ



海堂尊の文庫本新刊情報

1.『玉村警部補の巡礼』(2020/11/6発売)

最新刊、短編集

宝島社

<あらすじ>
累計1000万部突破『チーム・バチスタの栄光』シリーズに登場する“加納&玉村”コンビが、お遍路道中で難事件を解決!

休暇を利用して八十八ヵ所を巡拝する四国遍路に出た玉村警部補。しかし、なぜか同行してきた警察庁の加納警視正と、行く先々で出くわす不可解な事件に振り回され……。

珠玉のミステリー4編を収録。待望の文庫化!

2018年の単行本の文庫化作品です。

人気の「チーム・バチスタシリーズ」のスピンオフ的な作品です。

関連記事>海堂尊「チーム・バチスタシリーズ」の最新作と読む順番、あらすじまとめ

2.『医学のたまご』(2020/4/24発売)

KADOKAWA

<あらすじ>
曾根崎薫、14歳。

桜宮中学に通う、ごくフツーの中学生の彼が、ひょんなことから「日本一の天才少年」となり、東城大学の医学部で医学の研究をすることに!?

冷や汗と緊張の連続の中、思いもよらぬ大発見をしてしまい、教授も研究室も大騒ぎ。
学級委員の美智子、ガリ勉メガネの三田村、ガキ大将のヘラ沼と「チーム曾根崎」を結して事態を乗り切ろうとするが、医学研究の矛盾に直面して……。

お調子者のカオルの決意が、あなたの胸に勇気と希望の火を灯す。

賑やかで爽やかな医学ミステリ!

2008年の単行本の文庫化作品です。

3.『黄金地球儀2013』(2019/5/15発売)

講談社

<あらすじ>
八年ぶりに現れた悪友は言った–。「一億円、欲しくないか?」

桜宮市で実家の鉄工所に勤める平沼平介のもとに旧友の久光穣治が現れ、バブル期に桜宮水族館に設置された「黄金地球儀」を強奪しようという。

ちょうどそのころ、市の管財課は黄金地球儀の警備システムの一部を平沼鉄工所に委託しようとしていたが、そこにはある企みがあった。

市役所VS. 町工場、痛快コンゲーム!

初出は2007年に『夢見る黄金地球儀』として刊行された単行本の文庫化作品です。



まとめ

それぞれおさらいします。

単行本新刊

  1. 『フィデル出陣 ポーラースター』(2020/7/29発売)
  2. 『コロナ黙示録』(2020/7/10発売)
  3. 『氷獄』(2019/7/31発売)

文庫本新刊

  1. 『玉村警部補の巡礼』(2020/11/6発売)
  2. 『医学のたまご』(2020/4/24発売)
  3. 『黄金地球儀2013』(2019/5/15発売)

単行本は年に一冊ペース。2020年も期待が膨らみますね!

海堂尊さんの公式サイトも合わせてご確認くださいね。

関連記事

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

「Kindle Unlimited」は、月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

Kindle Unlimitedを見てみる

1~2冊読めば元が取れますので、ふだんそのくらいの量の本を読んでいる方や、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です