小説の新刊、新作情報(作家別) PR

【2024年最新版】伽古屋圭市の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】


■Amazonでは2024年6月21日(金)9時から6月24日(月)23時59分までファッション×夏先取りタイムセール祭りを開催。以下エントリーをお忘れなく。

最大10%ポイントアップキャンペーン

2009年、『パチプロ・コード』で第8回『このミステリーがすごい!』大賞の優秀賞を受賞してデビューした伽古屋圭市(かこや・けいいちん。

そんな伽古屋圭市さんの新刊情報をまとめました!

それぞれ最新刊から最大5冊を紹介しています。

※新刊予定については新刊情報が入り次第、「1.」に記載します
※単行本は過去5年以内を中心に掲載しています

それでは、簡単なあらすじを含めてそれぞれ見ていきましょう。

伽古屋圭市の単行本新刊情報

1.『散り行く花』(2017/8/23発売)

最新刊

講談社

<あらすじ>
止むに止まれぬ動機から女性たちが犯した犯罪。彼女たちの前に現れたのは、美人画で有名な人気絵師だった。

「その美を僕の手で永遠に残してみたい」とモデルを頼む一方、幾重にも隠したはずの罪にも巧みに迫っていく。思いもよらない一点から論理的に真相が導き出される鮮やかさ。

「このミステリーがすごい!」大賞優秀賞受賞作家がついに書きえた新たな傑作!

こちらが単行本の最新刊になります。

 


単行本は以上です。続いて文庫の新刊を見ていきましょう!



伽古屋圭市の文庫本新刊情報

1.『クロワッサン学習塾 謎解きはベーカリーで』(2024/5/8発売)

文庫最新刊

文藝春秋

<あらすじ>
毎週水曜日、パン屋「クロハ・ベーカリー」の定休日にあわせて、黒羽三吾がひらく小学生の無料塾。

母に連れられてやってきた頼人は、歴史の知識はずば抜けているが、ほかの教科には意欲をもてないという。

一方、学習障害が明らかになった隆之介親子は、話し合いの末に、ある決断に至る。三吾の息子の真吾は、親友の隆之介のために何かしたい、と普段は離れて暮らす母親に相談して……。

元教員の三吾と子ども達が、「学ぶこと」に向きあいながら成長する、あたたかな物語。

2024年春の中学入試にて、複数の有名国立・私立中の国語で出題された注目作の第2弾!

 

2.『猫目荘のまかないごはん』(2023/9/22発売)

KADOKAWA

<あらすじ>
古い建物だが、格安の家賃が魅力の下宿屋「猫目荘」。

再就職も婚活も上手くいかず焦る伊緒は、一番の新入りだ。食事は一緒、風呂も共同、住民は個性派揃いで戸惑うことばかり。だが、2人の男性大家が作るまかないは、クリームシチューや豚キムチ、温奴など、なじみの料理に旬の食材とアレンジを加え、目もお腹も幸せにしてくれる。

そんな中、伊緒に思わぬ転機が――自分らしく生きたいと願うすべての人に贈る、美味しくて心温まる物語!

 

3.『クロワッサン学習塾』(2023/6/7発売)

短編集

文藝春秋

<あらすじ>
教員をやめ、小学4年生の息子とふたり、東京から地元に戻った黒羽三吾は、父が営むパン屋で働きはじめる。

店で起きた万引き騒動をきっかけに、ある少女と話をした三吾は、彼女が学校の宿題で少し困っていることを知る。かつての教え子の姿が心に浮かぶ三吾。勉強を見てあげようか、と提案するのだが……。

さらに、息子の親友になった少年は、自分も気づいていない、ある困難を抱えていた。

教員時代の後悔を胸に、人生の岐路に立つ三吾と、学校や家で、ちょっと困ったことがあるのに、言葉にできない子どもたちが、「学ぶこと」の意味を探しながら成長する、あたたかな物語。

 

4.『かすがい食堂 夢のゆくさき』(2023/4/6発売)

短編集

小学館

<あらすじ>
この食堂のお節介は温かくておいしい!

映像業界を離れた春日井楓子が、祖母から駄菓子屋かすがいを引き継ぎ、その店の奥で子ども食堂を始めて約2年が経った。事情を抱える子どもを対象に、1回200円で週に2回。買い物も調理も一緒に行い、みんなで食卓を囲む一風変わった子ども食堂だ。

ある日、なじみの商店街の店員から、毎日家の料理を作っているという少女の話を聞いた。「感心な子」だと言う。ヤングケアラーを疑った楓子が本人に尋ねると、怪我を負った母親の世話と家の家事を一人でしていると答えた。楓子は子ども食堂に来ないかと誘うが、けんもほろろに断られてしまう。〈第一話 少女とつなぎとハンバーグ〉

料理系の人気ユーチューバー・ナツミが見せた本音とは。〈第二話 はじけるにんじんしりしり〉

かすがい食堂の食卓に安楽椅子探偵が現れる!?〈第三話 食卓推理「黄泉がえる母親」〉

自分を犠牲にして家事に専念する女子高生・三千香とその弟・璃久に、お節介気質の楓子の思いは届くのか。〈第四話 夢のゆくさき、絆のかたち〉

社会を繋ぐ下町の子ども食堂物語、人気シリーズ最新刊。

 

5.『かすがい食堂 あしたの色』(2021/11/5発売)

短編集

小学館

<あらすじ>
下町の子ども食堂が世界と繋がる第2弾!

祖母から駄菓子屋「かすがい」を引き継いだ春日井楓子が、店の奥で子ども食堂を始めて1年が経った。

親のネグレクトが原因でまともなご飯を食べていなかった翔琉は大人しく感情もほとんどあわらにしなかったが、通い続けるうちに少しずつ打ち解けるようになった。摂食障害を患っていた夏蓮は元気を取り戻し、積極的に買い物や調理を手伝ってくれている。

中一になった亜香音が友人・彩希を連れてやって来た。髪を染めたことで教師や親に叱られ、家出中だと言うが──(第一話 少女と嘘と白黒パンダ)。

日本語が流暢な黒い肌の少年、日本で働く母親と暮らすためベトナムからやってきた少女、新たなお客さまを迎え、差別や偏見など彼らの抱える問題に楓子は直面するが、かすがい食堂のみんなでごはんを作って食べながら、何が出来るかを考える。

幻のカレイ(?)のムニエル、自分でにぎるおにぎり、ライスペーパーの春巻き、お好みの具材をのせるビビンバなど、わくわくする献立も充実。下町の子ども食堂から世界を知る人気シリーズ第二弾。

 


文庫本の新刊情報は以上になります。



まとめ

それぞれおさらいします。

単行本新刊

  1. 『散り行く花』(2017/8/23発売)

以上になります。次作が楽しみですね。

それでは、良い読書体験を!

関連記事

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

「Kindle Unlimited」は、月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ふだんそのくらいの量の本を読んでいる方や、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

 

ABOUT ME
ノルン
現役小説家。エンタメ作品を中心に著作多数。他の作家さんの新刊情報をメインにお届けします。
こちらの記事もおすすめ