小説

【2021年最新版】佐藤究の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

佐藤究の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

2016年に『QJKJQ』で第62回江戸川乱歩賞を受賞してデビューした佐藤究(さとう・きわむ)ん。2021年、『テスカトリポカ』で第165回直木賞を受賞しました。

そんな佐藤究さんの新刊情報をまとめました!

それぞれ最新刊から3冊を紹介しています。

※新刊予定については新刊情報が入り次第、「1.」に記載します

それでは、簡単なあらすじを含めてそれぞれ見ていきましょう。

佐藤究の単行本新刊情報

1.『テスカトリポカ』(2021/2/19発売)

最新刊

KADOKAWA

<あらすじ>
メキシコのカルテルに君臨した麻薬密売人のバルミロ・カサソラは、対立組織との抗争の果てにメキシコから逃走し、潜伏先のジャカルタで日本人の臓器ブローカーと出会った。

二人は新たな臓器ビジネスを実現させるため日本へと向かう。川崎に生まれ育った天涯孤独の少年・土方コシモはバルミロと出会い、その才能を見出され、知らぬ間に彼らの犯罪に巻きこまれていく――。

海を越えて交錯する運命の背後に、滅亡した王国〈アステカ〉の恐るべき神の影がちらつく。人間は暴力から逃れられるのか。心臓密売人の恐怖がやってくる。

誰も見たことのない、圧倒的な悪夢と祝祭が、幕を開ける。第34回山本周五郎賞受賞。

こちらが単行本の最新刊になります。

第165回直木賞受賞作です。

2.『Ank: a mirroring ape』(2017/8/23発売)

KADOKAWA

<あらすじ>
2026年、多数の死者を出した京都暴動(キョート・ライオット)。ウィルス、病原菌、化学物質、テロ攻撃の可能性もない。

人類が初めてまみえる災厄はなぜ起こったのか。発端はたった一頭の類人猿、東アフリカからきた「アンク(鏡)」という名のチンパンジーだった。

一人の霊長類研究者が壮大すぎる謎に立ち向かう。

乱歩賞『QJKJQ』で衝撃の”デビュー”を果たした著者による、世界レベルの超絶エンターテインメント!

すでに文庫版が発売されています(下記参照)。

3.『QJKJQ』(2016/8/9発売)

講談社

<あらすじ>
猟奇殺人鬼一家の長女として育った、17歳の亜李亜。

一家は秘密を共有しながらひっそりと暮らしていたが、ある日、兄の惨殺死体を発見してしまう。直後に母も姿を消し、亜李亜は父と取り残される。

何が起こったのか探るうちに、亜李亜は自身の周りに違和感を覚え始め―。

第62回江戸川乱歩賞受賞作。

すでに文庫版が発売されています(下記参照)。

単行本は以上です。続いて文庫の新刊を見ていきましょう!



佐藤究の文庫本新刊情報

1.『サージウスの死神』(2020/4/15発売)

文庫最新刊

講談社

<あらすじ>
ビルの屋上に立つ影と目が合った。その日から俺は地下カジノの常連になった。ルーレットに溺れ、賭に負けて破滅しかけた夜、突然謎めいた蒼白い焔がゆらめき、破裂して…。

頭のなかに数字を飼う男が、恐るべきカネとギャンブルの暗黒を疾走する!

『QJKJQ』『Ank』につながる黙示録にして幻のデビュー作。

2005年に別名義でデビューした際の単行本の文庫版です。

2.『Ank : a mirroring ape』(2019/12/24発売)

講談社

<あらすじ>
2026年、京都で大暴動が起きる。「京都暴動=キョート・ライオット」だ。

人々は自分の目の前にいる人間を殺し合い、未曽有の大惨劇が繰り広げられた。事件の発端になったのは、「鏡=アンク」という名のたった1頭のチンパンジーだった。

霊長類研究施設に勤める研究者・鈴木望は、世界に広がらんとする災厄にたった1人で立ち向かった……。

2017年の単行本の文庫版です。

3.『QJKJQ』(2018/9/14発売)

講談社

<あらすじ>
女子高生の市野亜李亜は、猟奇殺人鬼の一家で生まれ育った。父は血を抜いて人を殺し、母は撲殺、兄は噛みついて失血させ、亜李亜はスタッグナイフで刺し殺す。

それでも、猟奇殺人の秘密をお互いに共有しながら、郊外の家でひっそりと暮らしていた。ところがある日、兄が部屋で殺されているのを亜李亜は発見する。もちろん警察は呼べない。そして翌日には母がいなくなった。

亜李亜は残った父親に疑いの目を向けるが……。



まとめ

それぞれおさらいします。

単行本新刊

  1. 『テスカトリポカ』(2021/2/19発売)
  2. 『Ank: a mirroring ape』(2017/8/23発売)
  3. 『QJKJQ』(2016/8/9発売)

文庫本新刊

  1. 『サージウスの死神』(2020/4/15発売)
  2. 『Ank : a mirroring ape』(2019/12/24発売)
  3. 『QJKJQ』(2018/9/14発売)

定期的に作品を発表している佐藤究さん。次作が楽しみですね。

それでは、良い読書体験を!

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

「Kindle Unlimited」は、月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ふだんそのくらいの量の本を読んでいる方や、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です