小説

【2022年最新版】佐藤青南の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

佐藤青南の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

2010年、『ある少女にまつわる殺人の告白』で 第9回『このミステリーがすごい!』大賞の優秀賞を受賞してデビューした佐藤青南(さとう・せいなん)ん。

そんな佐藤青南さんの新刊情報をまとめました!

それぞれ最新刊から3冊を紹介しています。

※新刊予定については新刊情報が入り次第、「1.」に記載します

それでは、簡単なあらすじを含めてそれぞれ見ていきましょう。

佐藤青南の単行本新刊情報

1.『犬を盗む』(2022/9/8発売)

最新刊

実業之日本社

<あらすじ>
高級住宅地で一人暮らしの老女が殺害された。部屋には、かつて犬を飼っていた痕跡があり、刑事たちは周辺の捜査を開始する。

一方、雑誌記者の鶴崎は、あるスクープをモノにするためコンビニでアルバイトを始める。同じコンビニで働く松本の過去を知る鶴崎は、松本が突然犬を飼い始めたことに驚愕するが――。

深まる謎、犬との絆に感涙&一気読み必至!

こちらが単行本の最新刊になります。

2.『市立ノアの方舟』(2016/4/12発売)

祥伝社

<あらすじ>
野亜市役所職員の磯貝健吾は、突然の人事異動で廃園が噂される市立動物園の園長を命じられた。

着任早々、飼育員たちから“腰掛けの素人園長”の烙印を押されて挫けそうになった彼を立ち直らせてくれたのは、一人娘が描いたゾウの絵だった。そこに描かれていたのは、健吾が子供の頃に見たゾウそのものだったのだ。

それを見た磯貝は、存続に向けて園を立て直す決意を固め、まず動物園のことを知る努力を始める。やがて見えてきたのは動物たちが抱える様々な問題と、くせ者揃いの飼育員たちの熱く、一途な想いだった…。

文庫版が発売されています。

3.『灰と話す男 消防女子!! 高柳蘭の奮闘』(2013/10/9発売)

宝島社

<あらすじ>
『このミステリーがすごい! 』大賞出身作家が描く、消防ミステリー&アクション小説です!

横浜市消防局湊消防署に勤める任官2年目の女性消防士、高柳蘭。区内では、2ヵ月間で42件もの火災が発生していた。そのうちの16件は半径1.5キロ圏内に集中し、火災原因も明らかになっていないことから、警察は事件性を疑う。

火災原因調査員の木場は、根拠の薄いことから「事件」との見方に慎重になるが、ある人物の存在に気づき……。

一方、民家の消火に当たった浜方隊は、殉職者を出してしまう。それを機に蘭に異変が起こって……。

 


単行本は以上です。続いて文庫の新刊を見ていきましょう!



佐藤青南の文庫本新刊情報

1.『人格者』(2022/7/21発売)

文庫最新刊

中央公論新社

<あらすじ>
都内で殺人放火事件が発生した。被害者は著名な男性ヴァイオリニスト。

捜査一課の音喜多弦は、音楽隊志望の変わり者刑事・鳴海桜子と、再びペアを組んで捜査を開始する。怨恨が犯行動機と睨んだ捜査本部だが、関係者は皆、被害者への敬愛追慕を語るのみだった。

誰からも愛された彼は、なぜ殺されたのか?そして、犯人の正体とは!?

2.『噓つきは殺人鬼の始まり SNS採用調査員の事件ファイル』(2022/4/6発売)

宝島社

<あらすじ>
累計75万部突破「行動心理捜査官・楯岡絵麻」シリーズの著者が描く新作は、就職活動! ?

SNSの裏アカウント特定を生業とする塩崎真人は採用面接中の学生のSNSの調査をする。アナウンサー志望の灰原茉百合は裏アカウントを持ち、そこでデリヘル嬢をしていたことが発覚し、不採用となった。

茉百合に存在をつきとめられ責められた塩崎は、なんやかんやでバディを組むことに。塩崎たちは、あるSNSアカウント主が殺人犯ではないかと疑うも警察は証拠がないと動けないと言われ、ふたりは証拠集めに乗り出すことに。

しかしその矢先、塩崎の裏アカ調査に利用していた本アカウントの人物が何者かに殺害される。責任感の強い茉百合に感化された塩崎は、絶対絶命の危機に陥りながらも、驚天動地の真相にたどり着く!

3.『ストラングラー 死刑囚の告白』(2022/2/15発売)

角川春樹事務所

<あらすじ>
死刑囚にして元刑事の明石陽一郎と秘密裏に組むことで、捜査一課の簑島朗は〈ストラングラー〉模倣事件を解決した。

しかし十四年前の連続殺人事件そのものに迫ろうとした時、証拠捏造をした警部補の伊武が射殺される。それは警察内部に再審請求を望まぬ者がいることを示していた。

簑島は困惑しながらも、拘置所内の明石と協力し、新たなる少女失踪事件解決と大量殺人計画阻止に動く。さらに捜査協力の代償として、冤罪を証明する証拠を集め始めるのだが……。待望の続編登場!



まとめ

それぞれおさらいします。

単行本新刊

  1. 『犬を盗む』(2022/9/8発売)
  2. 『市立ノアの方舟』(2016/4/12発売)
  3. 『灰と話す男 消防女子!! 高柳蘭の奮闘』(2013/10/9発売)

文庫を中心にコンスタントに作品を発表している佐藤青南さん。次作が楽しみですね。

それでは、良い読書体験を!

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

「Kindle Unlimited」は、月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ふだんそのくらいの量の本を読んでいる方や、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。