小説

【2022年最新版】澤村伊智の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

澤村伊智の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

2015年、『ぼぎわん』で第22回日本ホラー小説大賞大賞を受賞してデビューした澤村伊智(さわむら・いち)ん。

そんな澤村伊智さんの新刊情報をまとめました!

それぞれ最新刊から3冊を紹介しています。

※新刊予定については新刊情報が入り次第、「1.」に記載します

それでは、簡単なあらすじを含めてそれぞれ見ていきましょう。

澤村伊智の単行本新刊情報

1.『怖ガラセ屋サン』(2021/10/27発売)

最新刊、短編集

幻冬舎

<あらすじ>
怪談は作りものだと笑う人、不安や恐怖に付け込む人、いじめを隠す子供、自分には恐ろしいことは起こらないと思い込んでいる人……。

こんなヤツらに、一瞬の恐怖なんて生ぬるい! 気づいたときは、あとの祭り。

“怖がらなかったこと”を、後悔させてあげる――。

一話ごとに「まさか! 」の戦慄が走る、連作短編集。

こちらが単行本の最新刊になります。

2.『邪教の子』(2021/8/24発売)

文藝春秋

<あらすじ>
この家はまともな場所ではない。ここは邪教の巣だ。

だから私たちは彼女を救い出す。

『ぼぎわんが、来る』の気鋭がニュータウンを舞台に描く、戦慄のホラーサスペンス。

3.『アウターQ 弱小Webマガジンの事件簿』(2020/10/14発売)

短編集

祥伝社

<あらすじ>
駆け出しの貧乏ライター湾沢陸男。この男の行くところに、奇っ怪な事件あり。

癖の強すぎるスタッフが集うウェブマガジン『アウターQ』。エンタメサイトのはずなのに引き寄せてしまう、ホンモノを…。

ホラー界の俊英が描く、あなたのヨミを必ず裏切る新感覚ミステリー!

単行本は以上です。続いて文庫の新刊を見ていきましょう!



澤村伊智の文庫本新刊情報

1.『ひとんち 澤村伊智短編集』(2022/2/15発売)

文庫最新刊、短編集

光文社

<あらすじ>
世界は本当の姿を隠したままで、決して正体を明かさない。闇はどこまでも絢爛で、現実は色褪せて退屈だ──。

恐怖と異形、人間心理の暗部にこだわりぬいて紡いだ全八編。

日常が少しずれてできた隙間から、圧倒的な混沌が迎えに来ます。

2019年の単行本の文庫版です。

2.『予言の島』(2021/6/15発売)

KADOKAWA

<あらすじ>
幼馴染たちと共に、霊能者・宇津木幽子が最期の予言を残した霧久井島を訪れた淳。

しかし旅館は「怨霊が下りてくる」という謎の理由でキャンセルされていた。

そして翌朝、幼馴染の一人が遺体で見つかり……。

2019年の単行本の文庫版です。

3.『ぜんしゅの跫』(2021/1/22発売)

短編集

KADOKAWA

<あらすじ>
真琴と野崎の結婚式。姉の比嘉琴子は祝いに駆け付けるが、誤って真琴に怪我をさせてしまう。猛省する琴子は、真琴に代わり、彼女が請け負っていた事件「見えない通り魔」の調査に乗り出す。

夜な夜な通行人を襲って引き摺り回し、建造物を破壊する巨大な化け物の正体とは……!?論理的にして大胆な霊媒師・比嘉姉妹が活躍する、書き下ろし表題作!

――「ぜんしゅの跫」



まとめ

それぞれおさらいします。

単行本新刊

  1. 『怖ガラセ屋サン』(2021/10/27発売)
  2. 『邪教の子』(2021/8/24発売)
  3. 『アウターQ 弱小Webマガジンの事件簿』(2020/10/14発売)

文庫本新刊

  1. 『ひとんち 澤村伊智短編集』(2022/2/15発売)
  2. 『予言の島』(2021/6/15発売)
  3. 『ぜんしゅの跫』(2021/1/22発売)

コンスタントに作品を発表している澤村伊智さん。次作が楽しみですね。

それでは、良い読書体験を!

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

「Kindle Unlimited」は、月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ふだんそのくらいの量の本を読んでいる方や、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です