小説の新刊、新作情報(作家別) PR

【2024年最新版】夢枕獏の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

1989年に第10回日本SF大賞を『上弦の月を喰べる獅子』で受賞した夢枕獏(ゆめまくら・ばく)さん。『陰陽師』シリーズがヒットし、今も根強い人気を保っています。

そんな夢枕獏さんの単行本と文庫の新刊情報をまとめました!

それぞれ最新刊から最大5冊を紹介しています。

※新刊予定については新刊情報が入り次第、単行本と文庫の「1.」に記載します

それでは、簡単なあらすじを含めてそれぞれ見ていきましょう。

夢枕獏の単行本新刊情報

1.『陰陽師 烏天狗ノ巻』(2023/10/6発売)

最新刊、短編集

文藝春秋

<あらすじ>
「もしも、おれが先に死んだら、いったいこの世のたれが、ここに座っておまえの酒の相手をするというのだ」――。

シリーズ第18巻となる最新作には、衝撃的な展開でファンを沸かせた「梅道人」を収録。晴明と博雅の移りゆく気持ちと、変わらない絆とは……。

さらに構想10年・蘆屋道満を主人公に据えた「殺生石」や、動く不動明王にまつわる謎を解く「ちび不動」など、傑作ぞろいの8編を集めました。

単行本はこちらが最新刊になります。

2.『仰天・俳句噺』(2022/6/27発売)

エッセイ

文藝春秋

<あらすじ>
ガンの病床で作ったのも、俳句でした。

俳句の話から、縄文、仏教、懐かしのプロレス話にあの人との逸話まで――縦横無尽に綴った仰天エッセイ!

リンパがんのステージIIIと診断され、ほとんどの連載もお休みに。そんな中で綴ったのは、長年秘かに続けていた俳句について。

「俳句の季語は縄文である」と語る夢枕獏が、ずっと考えてきたこと、今書いておきたいことを詰め込んだ“夢枕節”炸裂の闘病×俳句(⁉)エッセイ。

 

3.『陰陽師 水龍ノ巻』(2021/8/4発売)

短編集

文藝春秋

<あらすじ>
源博雅の無垢さが鬼をもうろたえさせる「読人しらず」のほか、若き日の蝉丸の恋と、ある秘儀を描いた原稿用紙120枚の中篇「蘇莫者(そまくしゃ)」、そして、碧い眼の陰陽師が登場する「秘帖・陰陽師 赤死病の仮面」など、全8編を収録。

安倍晴明ブームの原点、祝・35周年!

 

4.『JAGAE 織田信長伝奇行』(2021/6/11発売)

祥伝社

<あらすじ>
『魔獣狩り』『神々の山嶺』『陰陽師』の創造主が描く、神になろうとした男!

“蛇替え――つまり、蛇を捕らえるために、池の水を汲み出すことである。”

UMA(未確認動物)の探索者であり、合理主義者だった信長。対するは、あやかしの人、飛び加藤こと加藤段蔵。

「これで、おもしろいものにならなかったら、物語作家失格である。」――著者あとがきで断言!

 


単行本は以上です。続いて文庫の新刊を見ていきましょう!



夢枕獏の文庫本新刊情報

1.『新・餓狼伝 巻ノ五 魔拳降臨編』(2023/9/13発売)

文庫最新刊

双葉社

<あらすじ>
誰にも負けたことがない少年、立脇如水。大関・大破山を父に持ち、生まれながら強かった。

立脇はなぜ北辰館の門を叩くいたのか? なぜ父を殺した葵文吾と闘うのか? カイザー武藤、マンモス平田、姫川勉、京野京介――万博コロセウムで繰り広げられる死闘の果てに、漢たちの真実が見えてくる。

「闘人市場」を主催する道田薫は、松尾象山と巽真に「翁九心と闘りたくないかね」と話を持ちかけていた。

そんな中、次の試合で丹波文七と闘う予定だった梅川丈次の前に、翁九心が現れた。いったい、何のために――?

2020年の作品の文庫版です。

2.『牙の紋章』(2023/9/8発売)

徳間書店

<あらすじ>
片山草平は路地裏でやくざ者に土下座する陣内雅美の姿を見た。

かつてムエタイのチャンピオン・ソータンクンに完敗した過去を持つ、空手家・片山。そしてソータンクンの八百長で思わぬ勝利を手にし、やる気を失ったキックボクサー・陣内。

あの時過ごした濃密な時間の中にもう一度身を投じようとする格闘家二人。不器用な彼らを通し男の藻掻き生きる姿を描く、格闘ビルドゥングス・ロマン。

1991年の作品の文庫新装版です。

3.『陰陽師 水龍ノ巻』(2023/6/7発売)

文藝春秋

<あらすじ>
青疱瘡の謎「野僮游光」、赤舞瘡の恐怖「秘帖・陰陽師 赤死病の仮面」、蟬丸の悲恋「蘇莫者」など傑作満載、シリーズ第17巻。

2021年の作品の文庫版です。

4.『黄金宮2 仏呪編・暴竜編』(2023/5/12発売)

徳間書店

<あらすじ>
黄金の勃起仏と一枚の地図――それは、アフリカ奥地の巨大黄金郷に繋がる鍵であった。

しかし、それを持ち帰った探検隊のメンバーは、呪術師の妖しい業で、次々と倒されてしまう。巻き込まれるかたちとなった主人公・地虫平八郎は、得意とする中国拳法で巨大な謎と正体不明の敵に立ち向かっていく。そして舞台は、アフリカへ――。

冒険SF大活劇小説、圧倒的な佳境に!

1993年の作品の文庫新装版です。

5.『大江戸火龍改』(2023/4/14発売)

短編集

講談社

<あらすじ>
満開の桜の下で茶会を催していた一行から悲鳴が上がった。見れば大店のお女将の髪が逆立って、身体ごと持ち上がっていき、すっかり桜の花に隠れてしまった。

見上げる者たちの顔に点々と血が振りかかり、ぞぶ、ぞぶ、ごり、という音のあと、どさり、と毛氈の上に女の首が落ちてきた――。

遊斎は、飴売りの土平、平賀源内らとともに、この怪奇な事件の謎を追う(「桜怪談」)。短篇「遊斎の語」「手鬼眼童」「首無し幽霊」も併録。

2020年の作品の文庫版です。


文庫本の新刊情報は以上になります。



まとめ

それぞれおさらいします。

単行本新刊

  1. 『陰陽師 烏天狗ノ巻』(2023/10/6発売)
  2. 『仰天・俳句噺』(2022/6/27発売)
  3. 『陰陽師 水龍ノ巻』(2021/8/4発売)
  4. 『JAGAE 織田信長伝奇行』(2021/6/11発売)

小説のみならず漫画原作やエッセイ、対談等、幅広い活躍を続けている夢枕獏さん。次作が楽しみですね。

それでは、良い読書体験を!

※夢枕獏さんの売れ筋作品は夢枕獏の売れ筋ランキング(Amazon)でチェック

関連記事

関連リンク

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

「Kindle Unlimited」は、月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ふだんそのくらいの量の本を読んでいる方や、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

ABOUT ME
ノルン
現役小説家。エンタメ作品を中心に著作多数。他の作家さんの新刊情報をメインにお届けします。
こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。